2020年08月12日

用心棒 市ヶ谷飯田橋

用心棒 市ヶ谷飯田橋


月1の用事でお出掛け。そこでどこかで昼食を。この気候なので熱いラーメンは避けて、冷たい麺を食べたいところ。なおかつ今の時期はお盆休みの店も多い。そこでその条件下で移動経路上の店を検索。すると「用心棒 市ヶ谷飯田橋」がHITしたので行ってみることに。店のTwitterを確認すると、お盆も通常営業のようだし。

市ヶ谷駅


JR市ヶ谷駅の出口からは、お濠沿いの道を歩いて10分弱で到着。

外観営業時間


店頭にはお目当ての「冷やしまぜそば」の幟が。

幟


こちらのお店は「用心棒」としては都合4軒目で、神保町本号(本郷)恭(早稲田)に次いで昨年7月にオープンしたそうだ(ただし恭は4年前に閉店したもよう)。

では店内へ。券売機は入って左側に。メニューは基本的に「ラーメン」、「まぜそば」、「冷しまぜそば」の3種類。冷しまぜそばにするのはもちろんだが、麺量を300gにするか200gにするかでちょっと迷う。そして結局200gの「少なめ」に。

券売機


先客は5〜6名くらいで、空席があったのですぐに着席。客席は厨房に面した直線のカウンターに10席。なお、テーブル席もあるようだが、この日は片づけられていた。

カウンターには両側に感染対策の仕切板が。そこには無料トッピングの案内などが貼られている。それによると、食券に自分で赤ペンで記入するシステムらしい。

仕切板1仕切板2


そこで麺を減らした分、ヤサイは「少増」に。アブラは背脂、辛脂、黒脂から辛脂をチョイス。そしてガリマヨも。なお、ニンニク、ショウガ、辛揚げは、出来上がってからのコールとな。

食券


店員は共に無地の赤いTシャツ姿の男性2名。BGMはJ-WAVE。卓上には、ラーメンだれ、ブラックペッパー、一味唐辛子、カレースパイス、割り箸、トッピング記入用の赤ペン。水は給水器からセルフで。なお、給水器のそばには、レンゲ、お酢、ボックステッッシュも置かれていた。

卓上


先に辛脂が別皿で登場。

辛脂


そしてしばらくすると「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「ニンニクショウガ辛揚げ」とコール。すると店員は「全部〜」と復唱。

冷しまぜそば少め

冷やしまぜそば少なめ(830円) 野菜少増 辛脂 ガリマヨ ニンニク ショウガ 辛揚げ


横から


具沢山で麺にたどり着けないので、まずは野菜類から食べ始める。具材は、もやし、紫玉ねぎ、青ネギ、鰹節、卵黄、細かくカットされたブタなど。そしてオプションのニンニク、生姜、ガーリックマヨネーズ、辛揚げ。8年前に神保町で冷やしまぜそばを食べた時とは、微妙に具材が違う。ちなみにオープン当初には、鶏チャーシューや水菜、プチトマトなどが載っていたらしい。

ブタ


ある程度野菜類を食べ進めたところで、ようやく麺に到達。水で締められた麺は、硬めの食感。用心棒は麺が太いイメージがあったが、思ってたよりもやや細めだった。

麺


辛脂は前半は麺をつけて食べて、後半は丼に投入。これはさほどの辛さではなかった。

辛脂


結果的に麺少なめにして、個人的に程よいボリュームであった。

看板


帰りはJR飯田橋駅へ。徒歩7分ほどで、先月使用開始されたばかりの西口新駅舎に到着した。地下鉄だと市ヶ谷からのほうが近いみたいだが、JRだと飯田橋のほうが近かった。まぁ、信号待ちの時間などによっても違ってくるだろうが。

飯田橋駅
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)二郎風(23区)

2020年07月16日

眞久中

提灯


コロナ禍がまだまだ収まらない中、用事で都心部へ。ついでにどこかで昼食を。ラーメンを食べるには暑い季節になったので、今日はつけ麺にしたいところ。そこで夏場の避難所候補として、経路上にあった御茶ノ水の「眞久中」という店に行ってみることに。

そういえば昔は23区内でつけ麺をやっている二郎は、歌舞伎町、小滝橋、池袋、馬場、荻窪、上野毛などがあったが、現在はたぶん歌舞伎町だけだよな? もちろんこの御時勢、歌舞伎町に行くという選択肢は無い。

余談だが、御茶ノ水駅の聖橋口がいつの間にか50mほど新宿寄りに移転していた。調べてみたら以前の改札口は今年3月29日に閉鎖されたらしい。ここは過去に何千回と通った場所なので感慨深い。

御茶ノ水駅旧聖橋口


さて、御茶ノ水駅からは、これもまた何千回も歩いたことのある明大通りを南下。そして徒歩5分ほどで眞久中に到着。この店は2015年に早稲田の地でオープン。そして今年3月にこちらへ移転してきたそうである。

眞久中


では、店内へ。券売機は入って右側に。うわっ、個人的に苦手なタッチパネル式だ。このタイプはメニューの全体像を把握出来ないのがアレなんだよなぁ。

券売機1


まずは「ラーメン」、「つけ麺」、「マゼソバ」の中から「つけ麺」をチョイス。すると今度は「あつもり」か「ひやもり」かの選択肢が。あつもりのほうに「おすすめ!」と書かれていたが、ここはひやもりをチョイス。

券売機2


今度は麺量などの選択肢が出て来たので「中」を。麺は極太と中太があるようだが、後者には売り切れ表示が。

券売機3


そして最後にこたわり設定や有料トッピングの画面が出て来たので、麺固さは「普通」、野菜は「そのまま」、あぶらは「なし」、にんにくは「マシ」をチョイスする。ちなみに野菜マシやあぶらマシは有料なんだな(にんにくは「マシマシ」だと有料)。

券売機4


なお、ラーメンや豚の持ち帰りもやっているようだ。

持ち帰り


先客は3名ほどと思ってたよりもすいていたので、幸い「密」は回避。他の客から離れた一番奥の席に着席。そして店員に食券を提出すると、つけ麺は「ひやもり」よりも「あつもり」のほうがお勧めとのサジェスチョンが。そこであつもりにするくらいなら、いっそのことラーメンにしたほうがいいと思って変えてもらう。初志を翻してしまった形だが、クーラーが肌寒いほどにギンギンに効いていたこともあったし。すると差額の30円が返金された。ということはラーメンの「中」は890円か。結構いいお値段だな。

差額


店員は男性2名。BGMはハードコア。客席は厨房を囲む形のカウンターに15席。卓上には、唐辛子、ブラックペッパー、醤油ダレ、割り箸、ティッシュ。水はカウンター背後にある給水器からセルフで。また、レンゲは給水器の下に。紙エプロンも給水器のところに。

卓上1卓上2


さて、出来上がった。ニンニクの有無などは食券購入時に選択しているので、コールをすることなく登場。

ラーメン 中

ラーメン 中 麺極太(890円) 麺固さ普通 野菜そのまま あぶらなし にんにくマシ


横から


まずは麺を。こちらの店は二郎というよりは蓮爾インスパイアらしく、噛み応えのあるかなりの極太麺。そういえば蓮爾には、もう8年も行ってないな。どうしても土曜以外は夜のみの営業というのがネックだ。

麺


ブタはロールタイプが2枚入り。というか、1枚半といったほうがいいような形状。小ぶりで薄切りで、存在感は低め。

ブタ


スープはマイルドな乳化タイプ。麺量は「中」で250gとのことなので、楽に食べ切る。そこで最後にレンゲで2〜3口スープも飲んだ。都心部の立地ということもあって蓮爾よりも割高感があるのは、やむをえないところか。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)二郎風(23区)

2020年06月18日

ラーメン二郎 池袋東口店

緊急事態宣言の影響でずっと滞ってた用事を、ようやくこなせるようになったので池袋へ。そこでついでに二郎へも寄ってみる。店で二郎を食べるのは約3ヶ月ぶりだ。

ラーメン二郎 池袋東口店貼り紙


到着時には待ち客は無し。行列してたら回避することも考えていたので幸いであった。

店頭


店内に入り券売機へ。

券売機


メニューを見ると、前回訪問時には無かった「チーズ」と「ニラ」が登場。ただしチーズには売切ランプが点っていた。そして後でこの画像を見て気づいたが、「ほぐし豚」がいつの間にか「トウガラシバージョン」に変わったらしい。あと、「生とじ玉子」がメニュー落ち。

ラーメンを食べるにはちょっと暑かったので、今回は「まぜそば」をチョイス。そして「ニラ」も試しに買ってみる。そういえば今年はまぜそばが有るので、つけ麺はやらないのかな?

空席があったのですぐに着席。カウンターには隣の客との間に、ブックエンドやガムテープを使った手作り感のある仕切りが出来ていた。なお、席数は特に減らしてないもよう。

仕切り1仕切り2


そして調味料や割り箸は一段高い場所に。あれ? 唐辛子は無くなったのか?

調味料類


店員は若い男性2名。BGMはラジオ。先にニラがお椀で登場。

ニラ


ほどなくトッピングを訊かれたので、「ニンニクからしマヨネーズ」とコール。店員は「ニンニクカラマヨ」と復唱していた。

まぜそば


前回食べた時にはからしマヨネーズは丼の縁に添えられていたが、今回は野菜の上にトッピング。

まぜそば+ニラ

まぜそば(850円)+ニラ(50円) ニンニクからしマヨネーズ


では、さっそく麺を引きずり出す。やっぱ昔のパスタみたいなヤツとは違って、こっちの麺のほうがいいね。

麺


ブタは小ぶりなものが2切れ。これは昔から変わらないなぁ… からしマヨネーズは主にブタに付けて食べる。

ブタ


中盤でニラを投入。この手のラーメンにニラのトッピングというと、今は無き代々木の「諭吉」を思い出した。

ニラ投入


ニラのトッピングは個人的にはビミョウな感じ。もしかしたらまぜそばよりもラーメンのほうが、ある程度熱が通って食感が良くなるかもしれない。

前回まぜそばを食べた時は結構腹一杯になったが、今回は余裕をもって食べ切った。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2020年05月19日

ラーメン二郎 仙川店

緊急事態宣言の続く中、定例の用事のためにやむなく仙川へ。

ラーメン二郎 仙川店


そこで現在テイクアウトをやってるという仙川二郎へも寄ってみることに。

持ち帰りのみ販売中


ちょうど開店時刻に到着すると、店頭に15名ほどの並びが。そこで適度な間隔をとって並ぶ。

店頭1店頭2


列は進み店内へ。ここで女性の店員から何人前か訊かれたので「2人前」と応える。支払いは券売機で。なお、券売機のメニュー表示はテイクアウト仕様に変更されていた(画像は店のTwitterから引用)。

券売機


買った食券は手渡しではなくて、カウンターに置かれたトレーに入れるように指示される。そしてすぐにレジ袋に入れられた商品を受け取る。Twitterによると、この日はわずか1時間ほどで売り切れたらしい。

レジ袋


レジ袋の中身。

中身


これで1人前。

1人前


生麺とブタ入りスープが、それぞれビニール袋に入れられていた。

麺スープ


自宅に戻りスープを鍋へ。画像は2人前分。

2人前スープ


これは生麺の1人前分。麺の重さを量ってみたらところ、それぞれ400.5gと401.0gで殆んど誤差は無かった。これはきっちり計量しているのかもしれない。一方スープのほうは、それぞれ464.0gと406.5gと個体差があった。

生麺


とりあえず1人前だけ茹でる。茹で時間はちょっと長めに5分半ほどにしてみた。

麺茹で


キャベツ、もやし、ニンニク、自家製味玉を載せて出来上がり。4月以降外食を控えているので、約2ヶ月ぶりの二郎だ!

ラーメン


せっかく自宅なので本麒麟を添えて。

本麒麟


麺は長めに茹でたので、店で食べるよりもモチモチとした食感。個人的に二郎の麺は軟らかめのほうがいいね。なお、1人前を2杯に分けたので、麺量は200gほど。それでも一般的なラーメンの大盛り相当だろう。

麺


ブタは大ぶりなものが2切れ入り。ブラックペッパーを掛けていただく。

ブタ


ちなみに事前にスープだけを単体で飲んでみたらショッパかったけど、麺や野菜を入れたら、むしろやや薄味に感じた。

自家製味玉は、ほどよい半熟に仕上がった。

味玉



さて、翌日。残しておいたスープと、もう1人前分の麺を使ってつけ麺を作ってみた。

つけ麺


つけダレには青ネギとニンニクを投入。

つけダレ


そして麺の丼には、野菜と自家製味玉を載せる。今回も2杯作ったので、これで麺量は1人前の半分である。

麺の丼


ラーメンのスープのままだとつけダレにはちょっと薄味なので、店の推奨に従ってポン酢やラー油を味を確かめつつ適宜投入。

麺とつけダレ


ポン酢は常備してある「旭ポンズ」を使用。「凛」のポン酢ラーメンでも使われているこの商品。一度使ったら、他のポン酢には戻れなくなってしまった。

旭ポンズ
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2020年03月23日

ラーメン二郎 桜台駅前店

用事で池袋へ。ついでに二郎に行こうかと思ったが、考えてみれば月曜は定休日だ。そこでちょっと足を伸ばして桜台へ。2ヶ月ぶりという、私としてはわりと短いスパンでの訪問となった。

ラーメン二郎 桜台駅前店


到着時には待ち客は無く、すぐに店内へ。

券売機


今回は「油そば」と、2ヶ月前には無かった「辛ミソ」の食券を購入。メルマガを確認してみたら、3月2日から始めたようだ。

食券


丁度満席だったので一旦外へ。店頭には千葉店のポスターが。

ラーメン二郎 千葉店


2〜3分ほどで席が空いたので着席。

卓上


店員は前回と同じメガネの男性のみ。BGMはJ-WAVE。店員は「大」を頼んだ客には、「二郎の大は食べたことはありますか? 普通のラーメンの4倍あります」と言っていた。それを聞いて「小」に変更する客も。

先に「辛ミソ」が登場。

辛ミソ


ほどなく油そばが出来上がった。

油そば


油そば+辛ミソ

油そば(650円)+辛ミソ(50円)


さっそく麺をかき混ぜる。そして適宜生ニンニクとフライドガーリックを投入。ここの油そばを食べるのももう4回目だから、あまり書くことが無くなった。油そばだと麺をダイレクトに味わえるのがいいとか過去に何度も書いてるし。

麺


中盤、辛味噌を全投入。そういえば油そばの味噌がけって、以前西台で食べたことがあったっけ。

辛味噌投入


そのまま麺に絡めるとちょっと味が濃く感じたので、元のタレとよく混ぜ合わせる。そのせいかあまり辛さは感じられず。辛味噌は単調になりがちな油そばのいい味変になった。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎