2018年11月15日

ラーメン二郎 西台駅前店

ラーメン二郎 西台


今月11日に再移転した西台二郎の「真・店舗」を初訪問。

メトロード西台1メトロード西台2


高架下の「メトロード西台」で既に営業を始めてるのは二郎だけで、他の店舗はまだどこもオープンしていなかった。

店舗1店舗2


到着時には店外に16人待ち。さらに店内にも5人ほど並んでいるもよう。

営


並び方の案内と注意事項。店の前に3人並んだあとは、店の脇にジグザグに並ぶ方式のようだ。

並び方注意事項


以下の画像は食べ終わった後に撮ったもの。

並び場所


こちらには旧店舗や仮店舗時代と同様に監視カメラが。

監視カメラ


この日は12時半前には女性の店員が出て来て、最後尾の客にこれ以上並ばせないようにとお願いしていた。移転直後の今の時期は、店頭に貼られた閉店時刻の1時間以上前には店に着いておいたほうがいいだろう。

営業時間


入口近くには、仮店舗時代と同様に券売機の画像と、店内での並び方の案内が。メニューから麺量のグラム表示が無くなったんだな。

店頭


店外の先頭になったところで、しばらくすると店主から声が掛かり店内へ。券売機は入って左側に。券売機は旧店舗時代や仮店舗時代のものとは違って、最近多くの二郎で使われるようになった縦長のもの。これはあまり場所を取らないのが重宝されているのだろうか。ボタンには空きがあるので、油そばやつけ麺などの限定メニューにも対応可能であろう。

券売機


前回に続いて今回も「ミニ」にしておく。仮店舗時代は紙の食券だったが、今度の店ではプラスティックの食券に戻っていた。

食券


店内で待ってると店主から注文を確認されたので「ミニ」と告げる。ちなみに他の客の注文を聞いてると、ほとんどが少なめ、半分、ミニなどで、小を頼んでるのはロットに1人いるかどうかであった。

結局並んでから50分ちょっとで着席。店員は店主と女性助手との2名体制。BGMは低い音量で女性ボーカルものとかが流れていた。

客席はL字型のカウンターに奥6席+手前5席の計11席。卓上調味料は基本的に変化は無し。ただし前回来た時には置いてあった赤酢は消滅。

卓上


前回同様「ミニ」なのでブタの脂身が多いのか少ないのかを店主に訊かれた。前回は多いのにしたので今回は少ないのにしてみる。

しばらくすると店主からニンニクの有無を問われたので「入れて下さい」と応える。

ラーメン ミニ

ラーメン ミニ(650円) ニンニク


横から


麺はやや軟らかめの西台らしきもの。スープは微乳化傾向。脂身少なめにしたので、ブタはウデ肉が2切れ入り。バラ肉もいいけど、こちらのほうがより二郎らしい感じ。

ブタと麺


ミニなのであっさり食べ終わり、最後にスープを一口だけ飲んでごちそうさま。これで二郎現行店舗再制覇。

外観


帰りに仮店舗跡地に行ってみた。

寿製麺よしかわ


すると寿製麺よしかわという埼玉県で展開してるラーメン屋が開店準備中であった。オープンは11月21日らしい。

21(水)オープン
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2018年10月25日

ラーメン二郎 京都店

この時期恒例の所用で岡山へ。そのついでに京都で途中下車。昨年4月以来の京都二郎へ。

京都駅


前回は京都駅から出町柳までバスを使ったが、今回は東福寺経由の鉄道で。

東福寺駅1東福寺駅2


JR奈良線〜京阪〜叡電と乗り継いで一乗寺に到着。札幌や新潟はその都市の中心駅から徒歩で行けるが、ここはアクセスが悪いのがよそ者にはツライところ。

一乗寺駅1一乗寺駅2


ホームから踏切を渡ればすぐに二郎。

ラーメン二郎 京都店


昨年9月から土曜日以外の昼営業が始まって、個人的にはだいぶ行きやすくなった。あと、定休日が日・祝から水曜に変更に。

営業時間


ちなみに前回訪問時は空き家だった隣には、和菓子屋が出来ていた。

若菜屋


では店内へ。前回は整理券方式だったが、現在は客足も落ち着いたようで並びは無し。

入口通路


店内に入り食券を。前回訪問時からは「大ラーメン」は据え置きながらも「ラーメン」が20円、「控えめ」は50円の値上げ。そして新しく「ラーメン半分」が登場。さらに4種の有料トッピングも登場。また「豚W」は消滅。

券売機


今回はこの後の予定も鑑みて「ラーメン半分」を選択。さらに4種のトッピングを全て注文。千円札を入れたらお釣りは10円だった。

店内には半分ほどの空席があり、すぐに着席。店員は店主とメガネを掛けた男性の2名体制。BGMはラジオ? 卓上を見ると、調味料にブラックペッパーが加わっていた。

卓上貼り紙


まずは有料トッピング類が次々と登場。全て別皿での提供である。

たまねぎキムチ・生たまご辛味・九条ねぎ


しばらくすると助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで今回は「ニンニクアブラ」にしてみた。

ラーメン半分横から


これで一揃い。

ラーメン半分+辛味+九条ねぎ+たまねぎキムチ+生たまご

ラーメン半分(680円)+辛味(50円)+九条ねぎ(100円)+たまねぎキムチ(100円)+生たまご(60円) ニンニクアブラ


ところでなんか粉末状のものがトッピングされてる客がいるぞ? と思って後でTwitterを見たら、この日は魚粉のサービスがあったようだ。投稿時刻は10時48分かぁ。Twitterはその時刻よりも前に臨休がないか確認しただけだったから気付かなかった…

あと、券売機の画像を後でじっくり見たら、貼り紙に「汁抜き」もやってる旨が書いてあるじゃないか! 見落としてた! 滅多に来れない場所なのでこれは痛恨!

さて、まずは麺から。前回訪問時と同じく、かなり平べったい形状。麺量は「半分」だと約150gとのこと。

麺


スープは白濁した乳化タイプ。ブタは1切れ入りで、やや歯ごたえのある食感。

ブタ


生玉子には辛味を入れてスキヤキ風で。そういえば辛味にはヤンニンジャンを使ってるようなことが券売機の貼り紙に書いてあったな。固形部分が意外と固くて、あまり溶けなかった。

生たまご辛味生たまごに辛味


九条ねぎは後半一気に全投入。なんだか「天下一品」とかの京都ラーメンぽいビジュアルに。

九条ねぎ九条ねぎ投入


たまねぎキムチは基本的に単体で箸休め的に食べる。

たまねぎキムチ


次にここに来るのは、いつになるかなぁ。その時には今回食べ損ねた「汁抜き」を食べてみたいところ。まだやってればの話だが。

出口


帰りはせっかくなので、数本待って今年3月にデビューした「ひえい」に乗ってみた。楕円を大胆に使った、なんともユニークなデザインである。

ひえいグッドデザイン賞
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(2)ラーメン二郎

2018年10月18日

ラーメン二郎 西台駅前店

ラーメン二郎 西台駅前店営業時間


10月25日をもって仮店舗を閉鎖する西台へ。仮店舗がオープンしたのは一昨年10月30日だったから、2年で役目を終えるわけか。

仮店舗閉店のお知らせ


到着時には店外に14人待ち。

道路側ポール店側ポール


店頭を見ると券売機の画像が。前回来た時からは、「小」、「少なめ」、「ミニ」が50円の値上げ。「大」は30円の値上げ。そして以前は「小」と同額だった「半分」は30円の値上げとなっていた。この価格改定は昨年12月18日に実施されたらしい。

券売機画像


列が進み入口へ。すると壁には「真・店舗復活!!!」のポスターが貼られていた。

真・店舗復活!!!


ここで店主から声が掛かったので店内へ。券売機を見ると、店頭の画像と違って「ショウガ」のトッピングが有り。それと「赤酢トッピングサービス」の貼り紙も。

券売機


そこで「ミニラーメン」とともに「ショウガ」の食券も併せて購入。するとすぐに店主からメニューの確認があったので、「ミニ」と告げる。

店員は店主と女性助手の2名体制。店内で並んでいると、店主から「ブタは脂身の少ないのにしますか? 多いのにしますか?」というふうに声が掛かった。そこで「脂身の多いほうでお願いします」と応える。

結局並んでから40分弱で着席。ところで他の客が「麺硬め」で注文したら、店主が「硬めは昼間はやらない」と応えていた。ということは夜の部のみ対応するということか。これは初めて知った。

卓上


しばらくすると店主から声が掛かったので「ニンニク」で。

ミニラーメン+ショウガ

ミニラーメン(650円)+ショウガ(100円) ニンニク


トッピングの生姜はレンゲに入れられての登場。

横から


ミニラーメンだと「ブタ1枚」と書かれていたけど、実際には小さいのも含めて3切れ入り。脂身多めで頼んだので全てバラ肉。その見た目通りホロホロの食感。

ブタと麺


生姜は100円とあって量が多め。個人的にはこの半分の量でいいから、他店同様に50円で出してほしいところ。

途中で店主に一声掛けてから目の前に置いてあったボトルから赤酢を投入。生姜とも相まってさっぱりした味わいに。

赤酢投入


麺量は約160gと書かれていたが、それよりも若干多めに感じた。なので思ってたよりも腹持ちはよかった。これで650円ならばリーズナブルである。レンゲがあったので最後にスープを一口。

そうえいば後で画像を見て気付いたけど、庇が出来た関係で看板の位置が以前と変わったんだな。

外観旧外観


帰りに「真・店舗」を見にいってみた。高架下には「メトロード西台」という名称が。

メトロード西台


二郎は以前と同じ場所ではないようで、一番端の店舗に。これは行列を考慮しての措置であろうか。

新店舗1新店舗2
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(4)ラーメン二郎

2018年09月14日

ラーメン二郎 中山駅前店

3年ぶりに中山へ。到着時には店頭に4人待ち。さらに店内にも5〜6人並んでいるもよう。

ラーメン二郎 中山駅前店


列が進んで店内へ。券売機を見ると、「小(大)ラーメン」が「小(大)ラーメン ぶた2枚」に、「小(大)ラーメン豚入」が「小(大)ラーメン ぶた5枚」にというふうに前回訪問時とは微妙にメニュー表記が変わっている。これはただの「小(大)ラーメン」だと豚が1枚も入らないと思ってしまう客がいるからだろうか? あと、前回からは50円値上げもされていた。

券売機


では食券を。そろそろラーメンを食べても大汗をかかなくて済むような気候になってきたが、今日はなんとなくつけ麺の気分。そこで「小ラーメン ぶた2枚」と「つけ麺」を購入。また、前回訪問時には無かった「生卵」も併せて購入。

ちなみに先日まで「サルサソース」のトッピングが有ったようだが、残念ながらメニューから消滅。有れば頼もうと思っていたのだが。

その代わりというわけではないが、店内のホワイトボードにはこの日「ネギ塩ワカメ」のサービスが記載されていた。

ホワイトボード1ホワイトボード2


店員を見ると店主は不在で、麺あげは2430Tシャツを着た髭面のメガネ男性が担当。他に短髪でもみあげの長い男性と、店主の親父さんの3名体制。BGMは歌謡曲。

店内で並んでいると、もみあげ助手から「持ってる食券を全部見せてください」と声が掛かった。そこで3枚の食券をかざす。

食券


結局並んでから10分ちょっとで着席。

卓上


まずは親父さんから生卵が登場。

生卵1


わりと浅めのお椀である。

生卵2


しばらくするともみあげ助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「ニンニクワカメ」とコール。周りの客を見ると、ワカメを頼んでいるのは7割ほどか? あと、「野菜増し増し」コールをしている客が結構見受けられた。中には麺1/3で野菜増し増しとか頼んでいた客も。

先につけダレが登場。

つけダレ


それから少し遅れて麺も登場した。

麺


これで中山では3回連続でつけ麺である。考えてみればラーメンは初回訪問時の1回しか食べてないや。

小ラーメン+つけ麺+生卵

小ラーメン ぶた2枚(740円)+つけ麺(100円)+生卵(50円) ニンニクワカメ


無料サービスのネギ塩ワカメはつけダレの中に。これはワカメとネギと白ゴマを和えて塩味をつけたものと思われる。箸休め的な感じでいいアクセントになった。

ネギ塩ワカメ


つけダレは胡麻油風味。ブタは2切れ入りで程よい食感。麺は二郎としては細めで短め。

ブタと麺


生卵の器には一旦つけダレにつけた麺を入れて食べる。

生卵1生卵2


出された時には少し多そうに見えた麺であったが、今回は個人的にちょうど適量であった。

店頭
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2018年08月21日

ラーメン二郎 川越店

5月に汁なしを始めたばかりの川越店が、先月からつけ麺も始めたという。ひょっとしたらつけ麺は夏季限定という可能性もあるので、これは早めに食べておきたいところ。

ということで2ヶ月ぶり3回目の訪問。今回も副都心線経由の東上線で川越へ。

東上線


到着時には店頭に並び無し。

ラーメン二郎 川越店


店内に入り食券を。今回は「小ラーメン」に「つけ麺」の食券を買い足す。この時点でカウンターは満席で、待ち椅子には6名ほど。店員は店主と男性助手の2名体制。BGMは無し。

待ち席にいる段階で助手より食券の確認が。前回は結構苦戦したので、今回は無難に「麺少なめ」でお願いする。

10分ほどでカウンターが空いたので着席。ここで食券に50円玉を添えて「生玉子」をお願いする。生玉子は特に店内に案内が有るわけではなくて、池袋関内みたいに裏メニュー的な扱いのようだ。

つけ麺はロット最後の提供となるようで、ラーメンの提供が一通り終わったあとで麺あげ、水締めという工程を経た後に助手から声が掛かった。そこで「ニンニク」でお願いする。

つけダレと麺の丼が同時に登場。

小ラーメン+つけ麺+生玉子

小ラーメン(750円)+つけ麺(100円)+生玉子(50円) 麺少なめ ニンニク


つけダレの中にはブタ、野菜、ニンニク、オプションの生玉子入り。

つけダレ


まずは麺をそのまま一口。

麺


水で締められた麺は、ラーメンの時よりもさらにパッツンとした硬めの食感。さらに卓上の醤油ダレを掛けてしばし麺のみを味わう。

ではそろそろつけダレへ。特につけ麺用に調味料類を追加してないようで、基本的にラーメンに準ずる味わい。ここにラー油をトッピングしたらどうなるか、次回以降試してみたい。

麺


ブタは2切れ入り。2切れとも関内に負けないほどのフワトロの絶品であった。

ブタ


生玉子は別椀ではないので、そのままつけダレの中で潰して麺に絡めて食べる。せめてレンゲがあれば、麺に載せて食べるとかいろいろバリエーションをつけられるのだけれど。あと、卓上の胡椒がホワイトではなくてブラックのほうがつけ麺には合うんじゃないかな。

麺量は少なめだと300gも無いくらいだろうか? 充分に余力を残して食べ終わったので、もう少し多くてもよかったな。でも他の客に出されたつけ麺を見たら、丼に麺が山盛りになっていた。あれってヘタすりゃ500g近くあるんじゃないか? 流石にあの量は私には厳しいな…

粕谷ビル


帰りは試しに本川越駅まで歩いてみたけど、思ってたよりも遠く感じた。寄り道をせずに最短ルートを通れば徒歩20分くらいだろうか。

本川越駅1本川越駅2
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎