2016年08月18日

蕎麦ちばから

看板


千葉県市原に有る二郎系ラーメンの「ちばから」が、8月8日に東京渋谷に日本蕎麦屋をオープン。それも「蕎麦界の二郎」とも呼ばれている「港屋」をリスペクトしたものを出すという。市原のラーメン屋のほうでも何度か試験的に蕎麦を出していたこともあるようだが、専門店をしかも都内に出すというのはずいぶんと意外な展開である。

以前来たメルマガによると、なんでも「ちばから」の店主が三田の二郎を中学生時代から食べてきて「もっとこうだったら」と色々やってきて出来上がったのが今の「ちばから」で、同様に「港屋」を食べて「もっとこうだったらなぁ〜」という思いが込められているのが今回の「蕎麦ちばから」だそうである。

場所は渋谷駅と神泉駅の中間くらい。乗った電車がたまたま各駅停車だったので神泉で下車。

神泉駅


駅からは徒歩6分ほどで到着。その途中に行列の出来ているカレー屋があったので何かと思ったら、以前来たことのある「カレー屋さん リトルショップ」だった。こんな場所だったっけ? もう9年も前だから、全然憶えてなかった。

蕎麦ちばから店頭


では店内に。客席は厨房に面した直線のカウンターに6席と、20名分くらいのテーブル席という構成。カウンターにかろうじて空席があったので、そこへ着席。

メニューは卓上に。これもメルマガによると、メニュー構成と価格は、あえて港屋と全て同じにしたそうである。今回は一番右に書かれた「冷たい肉蕎麦」をオーダー。すると「生玉子を付けますか?」と訊かれたので「付けて下さい」と応える。「港屋」は生玉子が卓上に置いてあったが、ここは店員への申告制。

メニュー


店員は主に調理担当の男性3名と、接客担当の女性2名の計5名体制。全員お揃いの黒いポロシャツ姿だ。BGMは低い音量で何か流れていたみたいだが聴き取れず。

卓上には揚げ玉、竹箸、紙ナプキン、水差し。1杯目の水は店員から。個人的には卓上に七味が無いのは残念なところ。それと「港屋」だとネギも卓上に有ったはず。

卓上


座ってから13分ほどで出来上がった。たしかに12年前に一度だけ食べたことのある「港屋」によく似た見た目。

冷たい肉蕎麦

冷たい肉蕎麦(870円)


蕎麦の入った丼には、豚バラ肉、刻み海苔、胡麻、ネギ入り。港屋の「冷たい肉そば」は牛肉だと思ったが、こちらは豚肉なんだな。豚肉はほとんど味付けをしてないようだ。

蕎麦つゆは甘みのあるもので、そこに「港屋」と同様にラー油が入っている。蕎麦はゴワゴワとした歯ごたえで、蕎麦としては太め。

蕎麦


途中で卓上の揚げ玉を一匙投入。

揚げ玉揚げ玉投入


さらに店のTwitterで「黄身と白身を分けて贅沢に黄身だけ蕎麦の方に落として蕎麦に和えて食べると美味しいですよ(^o^)/」と書かれていたので、店員からレンゲを貰って卵黄のみを蕎麦の上に。生玉子はダイレクトに蕎麦つゆに入れるよりも、こういう食べ方か、あるいは一度つゆにつけた後の蕎麦をスキヤキ風に生玉子に絡めて食べるほうがいいかもしれない。

生玉子卵黄


最後に蕎麦湯をお願い。するとポットで出て来た。

蕎麦湯


余った卵白はこの時に投入。

蕎麦湯割り


会計は最後に伝票を持ってレジへ。

伝票


この場所で「ちばから」のラーメンを出してくれるなら重宝しそうだが、蕎麦となると再訪があるかちょっと微妙なところかな。

立て看板
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)その他の麺類

2016年08月11日

ラーメン二郎 環七新代田店

ラーメン二郎 環七新代田店


今夏、日曜日などを中心にスポット的に提供されている新代田の「冷まし中華」。ようやく食べる機会が来たので行ってみた。

到着時には16名の並びが出来ていて、店の入居するビルの奥行を超えるほど。先代の時代も含めて、この店でここまでの行列を見るのは個人的には初めてかもしれない。

櫻井ビル


入口が近くなってきたところでメガネの助手が出て来て、麺量と豚入り、豚ダブルにするかどうかの確認が。そこで「小」と告げる。さらに「冷まし中華の方は手をあげて下さい」と言われたので手をあげる。

結局並び始めてから40分ほどで店内へ。そして券売機で「小」の食券を購入。そこからさらに4分ほど待ったところで席が空いたのでカウンターへ。

ここで食券に「冷まし中華」の分の100円とともに、Twitterで告知のあった「バジルトマト」の分の100円も添える。ちなみに冷まし中華は店内に「サマチュー。 100円」という貼り紙があったが、バジルトマトのほうは見当たらなかった。Twitterを見た客限定のメニューか?

そういえば厨房と客席の間には、オーションの空袋がぶらさげられていた。これは厨房の熱気を客席になるべく通さないようにするためと思われる。

さて、まずはバジルトマトがお椀で登場。

バジルトマト


しばらくすると店主から声が掛かったので「ニンニク」でお願いする。

小ラーメン(冷まし中華)


小ラーメン(サマチュー。)+バジルトマト

小ラーメン(700円)+冷まし中華(100円)+バジルトマト(100円) ニンニク


さっそく麺を引きずり出して一口。すると冷やし中華みたいな酸味のあるタレの風味が口内に広がる。いっぽう甘みほうはかなり控えめな感じ。なお、野菜は当初はナムル風だったそうだが、今回は普通の茹で野菜だったのは少々残念なことろ。

別椀のバジルトマトは最初は麺やブタを付けて食べたあと、後半は丼に投入。元々酸味のある中に、さらにトマトの酸味が加わった。

バジルトマト投入


麺が冷されてるのと酸味のおかげか、スープ抜き(汁なし)の時よりもはるかに楽を食べ切ることが出来た。ところで他の客を見ると、この暑い中、意外にも冷ましよりも普通のラーメンを頼んでいる客のほうが多かったな。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年07月14日

ラーメン二郎 歌舞伎町店

ここのところ月イチとなってしまった二郎への訪問。なにやら移転情報があったので、今月は久しぶりに歌舞伎町店へ行ってみることに。

歌舞伎町一番街


この店に前回来たのは震災直前の2011年3月1日だったので5年4ヶ月ぶり。立地的には行きやすい場所ながら、意外と遠ざかってたんだな。

看板ラーメン二郎 歌舞伎町店


さて、店頭には情報通り移転を告知する貼り紙が。図らずも西台店とほぼ同時期の移転となるようだ。

貼り紙


ちなみにこれまで移転したことのある二郎を数えてみると、本店(2回)、野猿、小金井、府中、相模大野、高田馬場(閉店)、鶴見(現・蒲田)、前々松戸(現・赤羽)、前松戸(現・新潟)、西台(予定)と結構有るもんだな。さらにまだ二郎を名乗ってた時代のジローフードシステム3店(神田、虎ノ門、新橋)も全て移転してるし(新橋は二郎時代と言っていいか微妙なタイミングだったが)。

では店内へ。暑いので今回は「つけ麺 普通」を選択。

券売機


2席ほどの空席があったのですぐに着席。するとすぐに麺の硬さを訊かれたので「普通で」と応える。店員は威勢のいい男性3名。BGMはJ-ROCK系?

しばらくすると店員から声が掛かった。そこで「ニンニク野菜」とコール。二郎で野菜コールをしたのは一体いつ以来だろうか? ところで他の客が「ニンニクレンゲ」とコールしていたけれど、それって何? レンゲはカウンター上に置かれているので、「ニンニクをレンゲに入れて出してくれ」という意味だろうか? その客の丼には初めからレンゲが添えられていたが、丼の中までは確認出来なかった。

無料!トッピングメニュー


さて、つけダレと麺の皿が同時に登場。

つけ麺 普通

つけ麺 普通(800円) ニンニク野菜


つけダレの中には、ブタ、メンマ、刻みナルト、刻みネギ、ニンニク。

つけダレ


そして麺の皿には野菜入り。以前はつけダレのほうにも野菜が入っていたが、今回は麺側のみに。そのせいか、野菜コールした割には野菜は少なめな印象。

麺の皿


つけダレは以前よりも酸味が控えめになったような感じ。ブタは麺の皿に引き上げたところ、3切れが入っていた。その食感は適度に軟らかいものであった。

ブタ


食後に新店舗の予定地へ行ってみた。場所は道ひとつ隔てただけの至近距離。

新店舗予定地日新ビル


予定地にはブルーシートが掛かっていて、中の様子は不明。残っていた看板によると、ここは今年5月まで日本料理店の「あぐら屋」という店が入っていた場所らしい。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年07月06日

藤原製麺 札幌ラーメンブタキング味噌(熟成乾燥麺)

札幌の二郎インスパイア店「ブタキング」の名を冠したインスタントラーメンを「ミニストップ」で見かけたので購入。価格は172円(税込)。メーカーは大手ではなくて、藤原製麺という旭川の会社である。調べてみたら生ラーメンタイプも販売してたもよう。そちらは北海道限定販売だったのだろうか。

札幌ラーメンブタキング味噌


実は2月に買ってあったのだがそのことをすっかり忘れてて、気が付いたら賞味期限がかなり近づいてきてたのであわてて作ってみた次第。

パッケージ裏


中身は袋に入った乾燥麺と液体スープの素。

中身


インスタントラーメンとしては長めの6分間茹でたあと、スープの素を投入して丼へ。

具なし


具材として、まずはスーパーで購入した「もやしとキャベツ」を用意。これはまるで家二郎に使って下さいとばかりの商品だ。しかし350gは1人前としては多いので半分ほど使用。残りは夕食の肉野菜炒めに流用した。ラーメンのパッケージには野菜は炒めることを推奨していたが、今回は二郎と同様に茹でることにする。

もやしとキャベツ

そしてブタは以下の市販品を使うことに。「厚切り」と謳っているが、全然厚切りには思えなかった。

旨味食感 大判厚切り焼豚


さらに茹で玉子と刻みニンニクを投入して出来上がり。

完成


麺はインスタントラーメンとしては太いが、一般的には中太麺の範疇かな。「熟成乾燥麺」とは、生麺を2日間じっくり乾燥させたものらしい。

麺


スープは醤油味ではなくて、実店舗と同様に味噌味。麺に負けないようにか、やや濃いめの味付けになっているようであった。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)コンビニグルメ

2016年06月16日

ラーメン二郎 環七新代田店

先月あたりから「スープ抜き」を始めたらしいというので新代田へ行ってみた。

CANNANA SHINDAITA JIRO


到着時には店内に1人待ち。しばらくすると坊主頭の店員が出て来て麺量の確認が。そこでスープ抜きをやってるのかを一応確認した上で「小」と告げる。そういえばスープ抜きに関しては店内に特に表示は見当たらなかったので、裏メニュー的な位置づけなのだろうか?

ほどなく店内に入り「小」の食券を購入。

食券


席に座り厨房内の貼り紙類を見ると「野山商店のタマネギキムチ 100円」というのがあったので、現金150円を添えて「なまたまご」とともにお願いする。

ちなみに他に目新しいトッピング類は、「とうもろこし」と「デスとうもろこし」(各50円)というのが貼り紙に書かれてあった。また「デスうずら」は新たに「ブルータルデスうずらもできます。」とも書き添えられていた。ところでブルータルって何? と思って調べてみたら、よくわからないがヘヴィメタルのジャンルの一種らしい。要は暴力的なレベルの辛さということか?

まずはタマネギキムチとなまたまごがそれぞれお椀で登場。

タマネギキムチとなまたまご


しばらくすると助手から「汁なしの方」というふうに声が掛かったので「ニンニクアブラ」とコール。ところで店のTwitterには「スープ抜き」と書いてあったが、店内では「汁なし」と呼んでるもよう。

小(スープ抜き)


小(スープ抜き)+タマネギキムチ+なまたまご

小ラーメン(スープ抜き)(700円)+タマネギキムチ(100円)+なまたまご(50円) ニンニクアブラ


まずは麺を引きずり出すと、醤油色に染まった極太麺がお出まし。なんとなく伊勢うどんっぽい見た目だな。その見た目通り、かなりしょっぱい味わい。しかも味の付いたアブラもコールしたので、余計しょっぱくなってしまった。

麺


半分ほど食べたところで生玉子とタマネギキムチを投入。ここは卓上調味料が無いので(頼めば出してくれるらしいが)、味変アイテムは後半戦を戦う上での貴重な戦力である。ブタはホロリと軟らかいバラ肉が2切れ入り。

タマネギキムチ、なまたまご投入


久しぶりにここで麺少なめでないノーマル量を食べたけど、終盤やや失速した感はあったものの結果的には無難に食べ切ることが出来た。しかし食後は異様に喉が渇いたな。

貼り紙
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(2)TrackBack(0)ラーメン二郎