2018年03月15日

ラーメン二郎 湘南藤沢店

ラーメン二郎 湘南藤沢店


藤沢二郎のTwitterを見ると、開店8周年記念で無料トッピングをやるらしい。ということで久しぶりに行ってみることに。気が付けば5年8ヶ月ぶりの訪問。

到着時には店頭に12名ほどの並び。ここは店内にも10名くらい並んでいるはずなので、おそらく全部で20名以上の並びだと思われる。ただし隣の以前画廊だった場所にある待合室を使うほどでなない人数。

待合室貼り紙


ゆるゆると列は進み券売機へ。そこには限定トッピングの貼り紙が。

貼り紙


これはラーメンよりも汁無しのほうが合いそうである。

券売機


そこで「ラーメン」、「汁無し」、そして未食の「味付うずら」の3枚の食券を購入。

食券


店員は店主と男性助手、そして行列整理担当の若い女性の3名体制。BGMはFm yokohama。結局並び始めてから30分ほどで着席。卓上を見ると、以前は無かった酢と開店当初に置かれていたホワイトペッパーが復活していた。

卓上


無料トッピングお車でお越しのお客様へ


しばらくすると男性助手から「汁無しの方?」と声が掛かった。そこで「ニンニクアレ」とコールする。ちなみに「アレ」を頼んでいた客の比率は大体半々ぐらいだっただろうか。

ラーメン+汁無し+味付うずら

ラーメン(730円)+汁無し(80円)+味付うずら(100円) ニンニクアレ


一応逆サイドからのアングルも。

逆サイドから


さっそく限定トッピングのゾーンからいってみよう。メカブと細かく刻んだ山芋を胡麻油で和えたものだそうだが、これが思ったほど存在感が薄い。もう少し味変の効果があると思っていたのでちょっと意外であった。別の言い方をすれば、違和感無く溶け込んでいたともいえる。これがラーメンだったらどうなんだろう?

ブタは2切れ入り。ともにやや歯ごたえのある食感。麺はそこそこ多めな量。最後に酢を一垂らししてフィニッシュ。

麺とブタ


ペースを落とすことなく食べ終わったが、夜になってもほとんど腹が減らなかった。

営業案内スタッフ募集
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2018年03月02日

ラーメン二郎 荻窪店

毎年この時期恒例の用事で阿佐ヶ谷へ。ということでその前に荻窪で昼食を。

ラーメン二郎 荻窪店


到着時には2名待ち。ここは食券先買い制なので、とりあえず店内に入って食券を購入。

食券先買い制


メニューは特に変化無し。今回も「小ラーメン」を購入。

食券


そういえば今年から平日夜の部の営業開始が、17時半から18時になったもよう。

店頭


並んでから5分ほどで着席。店員は店主といつもの女性。店主はオレンジ色ではなくて黄色いTシャツを着ていた。BGMはJ-WAVE。

卓上


ほどなく女性から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。すると何故か「ニンニク野菜〜」と復唱されたので、あわてて「野菜は要らないです。ニンニクのみで」と言い直す。別に野菜を増しても食べ切れないことはないとは思うが、味が薄まるのが最近気になってきたからな。まぁ、ここは卓上にタレが有るけれど。

小ラーメン

小ラーメン(700円) ニンニク


横から


麺はここ独特のプリプリとした食感。スープもこれまたここ独特のクリーミーな乳化具合。ブタは以前よりも小ぶりになったが、2切れともホロっとした絶妙な味わい。

麺とブタ


終盤、給水器脇に置いてある昆布ポン酢を投入してプチ味変。

こんぶ


最近量が減ったという話をどこかで見たような気がするが、たしかに若干減ったような気がするような単なる気のせいなような。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2018年02月15日

ラーメン二郎 環七一之江店

当初は別の店に行こうかと思っていたが、そちら方面の鉄道の遅延情報とかもあったりしたので結局一之江へ。わりと最近来たばかりのような気がしてたが、調べてみると3年2ヶ月ぶりであった。

到着時には店頭に5人待ち。見てるとどうやら前の客は食券を買ってから並んでいるっぽい。ここって食券先買い方式だったっけ? ということでとりあえず店内へ。

券売機


今回は「ぶた2枚入小ラーメン」の食券を購入。小で650円は二郎の中では目黒、三田に次ぐ安さだ。

食券


ところでいつの間にか土日祝は昼営業のみになってたんだな。これは知らなかった。

営業時間変更のお知らせ


並んでいる時に店内から食券の確認があったのちにカウンターへ着席。ここまで10分ほどであった。

卓上


店員はマスクをした店主と男性助手の2名体制。BGMはラジカセから軽音楽。ほどなく助手から声が掛かった。そこで「ニンニクアブラカラメ」とコール。

ぶた2枚入小ラーメン

ぶた2枚入小ラーメン(650円) ニンニクアブラカラメ


盛りはかなり平面的。身構えなくても気軽に食べられる量である。

横から


麺は程よい太さと茹で加減。ブタは小ぶりながらも適度な味わい。スープも変わらず乳化傾向。

麺とブタ


あっけなく食べ終わったので、最後にレンゲでスープを数口飲んだ。

ラーメン二郎 環七一之江店店頭自販機
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2018年01月18日

ラーメン二郎 三田本店

1月も半ばを過ぎてようやく初二郎へ。ということで初詣先は今年も三田へ。

ラーメン二郎 三田本店


到着時には店頭に7人ほどの並び。ちなみに列の先頭には2人組の外国人が。そうえいば昨年も外国人客がいたなぁ。

券売機が近付いてきたところで食券を。

券売機


今回も「ラーメン」で。券売機の脇にエルーセラのショップカードが置いてあったので、とりあえず貰っておく。

食券とショップカード


店員から食券の確認があったのちに空席が出来たので店内へ。結局並んでから10分ちょっとで着席。

カウンター


店員は見覚えのないメガネの男性と元藤沢助手の2名で親父さんは不在。麺あげはメガネの人が担当していた。昨年に続いて今年も親父さんの作った二郎が食べられないのかぁ…

しばらくすると元藤沢助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。

ラーメン

ラーメン(600円) ニンニク


ノーコールながら、何故か他の丼よりも野菜が多め。

横から


麺は昨年藤沢助手が作った時と同様に、オヤジさんよりも若干硬めな印象。ブタは2切れとも歯ごたえがあり脂身も多め。野菜はヌルめでキャベツが多め。やはり見た目通り量も多かった。

麺とブタ


ところで食べてる途中で不意に親父さんが登場。生麺とブタをビニール袋に入れてすぐに出て行った。初詣なのでとりあえず少しだけでもその姿を拝めることが出来てよかった。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2017年12月31日

2017年 二郎巡り集計

今年も二郎の集計を。

<二郎>

野猿(プチ二郎+ネギ)


2回…野猿、荻窪

1回…三田、小金井、守谷、京都、川越、歌舞伎町、めじろ台、小滝橋、新代田、千住大橋、仙川、神保町、桜台、池袋

計16軒18回


二郎部門は昨年と同数の18回。1ヶ月に1.5回という頻度である。収穫は京都、川越、めじろ台(新店舗)、神保町(新店舗)に行って、とりあえず現行全店舗制覇を継続したこと。



<派生店・インスパイア>

成蹊前(M.O.)


2回…成蹊前ラーメン、ちばから渋谷

1回…Yume Wo Katare Tokyo、きずな

計4軒6回


総合計20軒24回

合計では昨年の20回から4回増えた。ちょうど1ヶ月に2回ペースだったことになる。  
Posted by musashinonikki at 22:00Comments(0)二郎雑記