2017年04月14日

ラーメン二郎 川越店

3月19日オープンの川越二郎へ。これで二郎全店制覇に返り咲き。

ラーメン二郎 川越店


そういえば移転や店主交代を除く「首都圏の純然たる二郎の新店」は、新橋をエヌエス・プランニングの3号店と位置づけるならば、2010年12月12日にオープンした中山以来、なんと6年3ヶ月ぶりとなるわけか。

さて、東上線に乗って川越へ。ちなみに新宿−川越間は埼京線ならば1本だけど、運賃や所要時間は池袋で東上線に乗り換えた方が安くて早い。

川越駅1川越駅2


川越駅西口から徒歩9分ほどで二郎に到着。

看板


店頭には20名ほどがジグザグに行列。さらに店内にも何名が並んでいるもよう。

店頭


列は進み店内へ。券売機は入って右側に。メニューは、「小ラーメン」(700円)、「小豚ラーメン」(850円)、「大ラーメン」(800円)、「大豚ラーメン」(950円)というシンプルな構成。そして券売機の右横には、高額紙幣用の両替機も。

今回は「小ラーメン」の食券を購入後、さらに店内に7脚置いてある待ち席で待機。ここで店員から食券の確認が。店員は店主、金髪の男性、女性2名の計4名。BGMはラジオからジェームス・ブラウンが流れていた。

結局並んでから40分ほどでカウンターへ。客席は厨房を囲む形の逆L字型カウンターに10+4=14席。卓上には、醤油ダレ、ホワイトペッパー、箸箱に入った割り箸。唐辛子とレンゲは無し。水は給水器からセルフで。

しばらくすると女性店員から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。

小ラーメン

小ラーメン(700円) ニンニク


横から


なお、店頭には撮影禁止と書かれていたが、カウンターには「ラーメン以外は撮影禁止」と書かれていた。なんでもこれは女性店員を盗撮した輩がいたせいだとか?

店内禁煙 撮影禁止


まずは麺から。これが出身店の関内を彷彿とさせるような硬めの食感。最近は軟らかめな二郎が多いなか、けっこう新鮮な感じ。

麺


スープは意外や東側の二郎っぽい非乳化傾向。ブタは関内譲りのロールタイプが3切れほど。見た目よりはやや歯ごたえがあった。

ブタ


麺量は体感では300g以上は有りそうで結構多め。そのためか、私が食べ負わった時には同ロットの隣の客はまだ半分くらいしか減ってなかった。

なにはともあれ、昨年11月末の大宮店閉店以来二郎空白県になっていた埼玉に二郎が戻ってきたことは喜ばしいことであろう。

合流・割込禁止定休日と営業時間
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2017年04月13日

ラーメンきずな

ラーメンきずな


京都から本来の目的地である岡山へ移動。ということでついでに今年1月にオープンした「ラーメンきずな」へも行ってみた。なんでも富士丸梶原店で店長をやっていた人が立ち上げた店だそうである。

岡山駅


岡山駅東口から「スカイモール21」というアーケード街へ。

SKY MALL21


アーケードを抜けて西川緑道公園を横切った先の左側に店が見つかった。駅からは4〜5分だろうか。

アーケード出口外観


では、早速店内へ。券売機は入って右側に。基本メニューは「ラーメン」1種類。そこに「ブタ増し」、「ブタW」、「生タマゴ」、「生ビール(缶)」などという構成。なお、「大盛」は「初めての方は購入しないで下さい。」と書かれてあった。しかし基本のラーメンが850円というのは、富士丸と同額ながら地方としてはちょっと高いのではないだろうか?

券売機


今回は「ラーメン」と「生ビール(缶)」の2枚の食券を購入。並びはないものの丁度満席だったので3脚置かれた店内の待ち席へ。

ホワイトボード


隣の部屋は待合室。

待合室


待ってる時に店員が出て来て注文の確認。この時に「麺少なめで生タマゴ」と申告する。この時にビールは先に出すかラーメンと一緒にするかを訊かれたので、先にお願いする。

店員は若めな男性の2名体制。客席は厨房を囲む形のコの字型カウンターに4+6+4=14席。ただしグループ客の状況によって、フレキシブルに椅子を増減しているようであった。

結局8分程度でカウンターへ着席。卓上には、胡椒、醤油ダレ、唐辛子、割り箸、爪楊枝、水差し。そして一段高いところにレンゲとコップ。

卓上


まずは缶ビールが登場。銘柄はスーパードライのレギュラー缶。実は富士丸出身なのでビールにおつまみが付くことを密かに期待していたのだが、何も出て来なかった…

生ビール(缶)

生ビール(缶)(350円)


厨房内の壁の貼り紙を見ると、無料トッピングは二郎と同じく「ニンニク ヤサイ アブラ カラメ」。そして量は「ちょい増し→増し→多め」と増えていくそうだ。また、平日ランチタイムは、「しょうがダレ」のサービスが有るという。

しばらくすると店員から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「ニンニクアブラしょうがダレ」とコールする。富士丸系でアブラコールは必須である。

まずはラーメンが登場。

ラーメン 少なめ横から


続いて小鉢で、生タマゴ、アブラ、しょうがダレが登場した。これはまさに富士丸的なビジュアル。

ラーメン 少なめ(生タマゴサービス) ニンニクアブラしょうがダレ

ラーメン 少なめ(生タマゴサービス)(850円) ニンニクアブラしょうがダレ


それでは麺を。不揃いな形状のそれは、これまたほとんど富士丸そのもの。

麺


ブタは程よい味わい。画像だと2切れだが、実際にはもう1切れスープの中に沈んでいた。

ブタ


このへんで小鉢類を活用。

生タマゴ+しょうがダレ+アブラ


生タマゴの小鉢に麺とアブラを投入してあぶらそば風に。

小鉢


そしてしょうがダレはラーメンの丼に入れてさっぱりめに味変。少なめだと麺量は280gだと書いてあったが、ビールを飲んだせいか結構腹一杯になった。

ところで単なるインスパイアではなくて、遠縁ながらも二郎との師弟的な繋がりのある店(このへんの定義は微妙だが)としては、もしかしてここが最西端になるのかな?

店頭1店頭2
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)二郎風(中国)

2017年04月10日

ラーメン二郎 京都店

ラーメン二郎 京都店


所用で岡山へ。そこでついでに京都で途中下車して、4月2日にオープンした西日本初の二郎である京都店へ寄ることに。今まで首都圏以外の二郎はオープンから数ヶ月後の訪問だったが、今回はわずか8日後に行くことが出来た。そして図らずも3月19日オープンの川越店よりも早い訪問に。

京都駅


二郎は夜からの営業なので、日中は昨年オープンした京都鉄道博物館へ。

京都鉄道博物館1京都鉄道博物館2


15時20分頃に博物館を後にして京都駅に戻る。10年以上前に一乗寺に行った時は、京都→東福寺→出町柳→一乗寺という鉄道のみのルートだったが、今回はそれよりも運賃の安いバスを使ってみよう。

京都駅烏丸中央口のA2バスのりばから、4系統の上賀茂神社行に乗車。

A2案内板


バスの本数はだいたい1時間に4本という頻度。

時刻表


所要30分ほどで出町柳駅前に到着。

4系統出町柳駅


ここで叡電に乗り換え。タイミング良く展望列車の「きらら」に乗ることが出来た。

きらら車内


5分ほどの乗車で一乗寺に到着。ここまで京都駅から約50分かかった。運賃は440円。ちなみに鉄道のみのルートだと、所要時間は35〜40分ぐらいで620円。

一乗寺駅1一乗寺駅2


二郎は駅のすぐそば。ホームからの距離でいえば、千住大橋を抜いて駅から最も近い二郎であろう。

店頭


店頭には数人の客の姿が。しばらくすると整理券の配布が始まった。それによると開店10分前の到着で、17時20分からの回の17番目。1回の配布で18人分を配ってるらしいので、たぶん今日35番目の客ということか。

整理券


営業時間


しばらく周辺をブラブラしたりして時間を潰したあと、集合時刻の5分前に店頭へ。そうしたら「まだ早いので1分くらい前に来てください」とのこと。そこで一旦店から離れてから4分後に再集合。ここで整理券番号順に店舗左脇にある通路に案内された。店の入口は表側ではなくて、この通路の右奥という変わった構造。

通路1通路2


通路の壁には黒烏龍茶の広告が貼られていた。

黒烏龍茶


列が進み店内へ。券売機は入って右側に。メニューはラーメンの大小に、豚増し、豚W、控えめという構成。「少なめ」でも「ミニ」でもなくて「控えめ」という表記が珍しい。なお、券売機の向かい側には黒烏龍茶などの飲み物の自販機も。

券売機


今回は基本の「ラーメン」を購入。

食券


店員は厨房内に店主、北海道日本ハムのキャップを被った男性、そして女性の計3名。さらに店頭には整理券担当の男性2名。BGMはラジオ。客席は厨房を囲む形のL字型のカウンターに11+3=14席。

しばらく券売機の前で立ち待ちをしてると、店員から食券の確認が。ほどなく席が空いたので、給水器で水を汲んでレンゲも持ってカウンターへ。ここまで並び始めてから50分近く掛かった。店に着いてからだと1時間20分ほど。様子を見てるとこれは客が食べるのが遅いのではなくて、作るペースが遅いためだと思われる。

給水器


卓上には、醤油ダレ、唐辛子、ホワイトペッパー、箸。

卓上


ボックスティッシュは券売機上に。

券売機上


しばらくすると女性の店員から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで入れて下さい」と応える。

ラーメン

ラーメン(730円) ニンニク


横から


まずは麺から。これがかなり平べったい形状をした太麺。出身店である新・新代田に近いが、それよりも扁平で軟らかめの食感。量は二郎としては標準的か。

麺


スープは微乳化傾向。ブタはしっとりとした食感のものが3切れ入り。

ブタ


食べ終わり席を立つと店員から「おおきに〜」と声が掛かった。それが関西に二郎が出来たことを強く実感させて、なんだか感慨深くなった。

ラーメン二郎のお客様へ

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(2)TrackBack(0)ラーメン二郎

2017年03月16日

ラーメン二郎 茨城守谷店

最近始まったらしい「味ネギ」が気になったので守谷へ。気が付けば4年5ヶ月ぶりの訪問。

ラーメン二郎 茨城守谷店


TX守谷駅からはバスで二郎へ。消費税増税のせいか、運賃が以前よりも10円上がって210円になっていた。

美園循環運賃


所要20分ちょっとで二郎の前に到着。守谷駅から徒歩圏か、せめてバスの本数がもっと多ければ行きやすいんだけどなぁ。もっとも私がバスを降りたら乗客がゼロになってしまったので増便は無理か。むしろ廃止にならないことを願うべきかも。

美園


現在の営業時間と定休日。前回訪問時とは定休日と昼の部の営業時間が変更に。

営業時間


では店内へ。券売機を見ると、前回来た時は1種だった少なめメニューが3種に細分化。これは西台と並んで二郎一多いと思われる。まぁ、場所柄二郎に馴染みの少ない客が多そうなので、その対策であろうか。日曜日を定休に変えたのもそのへんの要因があるのかも?

券売機


今回は「小ラーメン」と未食の「玉ねぎ」の食券を購入。そして「味ネギ」用の100円玉も用意しておく。

食券


待ち客は誰もいなかったがちょうど満席だったようなので、とりあえず待ち席へ。ここで店員から「食券を見せてください」と声が掛かったのちに、ほどなくカウンター席へ案内される。

卓上


着席時に食券に100円を添えて「味ネギ」をオーダー。店員は店主、坊主頭で厳つい風貌の助手、メガネを掛けたおばちゃんの3名体制。BGMはFM放送っぽいのものが給水器上に置かれたラジカセから流れていた。

すぐに玉ねぎが小鉢で登場。

玉ねぎ


続いて味ネギも丼で登場した。

味ネギ


しばらくすると店主から「味ネギの食べ方はご存知ですか?」と声が掛かった。そこで「麺を丼に入れて食べるんですよね」と応える。すると「ラーメンには入れないで食べてください」というふうに念を押された。よほど合わないのだろうか?

続いて「ニンニク入れますか?」と声が掛かったので、「入れて下さい」と応える。

小ラーメン


これで一揃い。

小ラーメン+玉ねぎ+味ネギ

小ラーメン(700円)+玉ねぎ(50円)+味ネギ(100円) ニンニク


なんだか結構盛りが多いな。

横から


まずは麺から。これが千住といい勝負をしそうなデロデロっとした軟らか麺。スープは以前よりも乳化傾向は控えめ。ブタは2切れ入り。いつの間にかバラ肉に変わったようで、適度に脂身があってほどよい食感。

麺とブタ


途中で味ネギに麺を投入。これは白ネギに胡椒などの香辛料を混ぜたもののようで、途中でアクセントをつけるにはいい感じ。結局半分近くの麺を味ネギと絡めて食べた。

味ネギ


一方、玉ねぎのほうは、主にラーメン丼のほうに入れたが、味ネギと較べるとあまり存在感を感じなかったな。

最後に給水器脇に置いてあったカレー粉を投入。ちなみにそこには醤油ダレも一緒に置かれていた。醤油ダレは出来れば卓上に置いてもらえれば有難いところ。

カレー粉投入


券売機に約320gと表記された麺量は思ってたよりも多く、味ネギやカレーの助けもあってなんとか食べ切れた。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2017年03月05日

ラーメン二郎 新小金井街道店

2014年11月以来の小金井へ。そういえばここに日曜日に来るのは、旧店舗最終日の2003年5月11日以来になるんだな。

店頭1店頭2


昼食どきからちょっと過ぎていたのであまり混んでないかと期待してたら、店頭には予想してた以上の20人近い並びが。店内にも10人くらい並んでいるだろうから、全部で30人程度の行列だろう。日曜ってこんなに並ぶのかぁ。もしくはこの日限定の「汁なし」目当ての客が多いのか?

並んでから20分ちょっとで券売機の前へ。以前の番号入力式ではない新しい券売機を見るのは初めて。

券売機


この時点で70食限定の汁なしはまだ販売中であったが、今日はいまいち汁なしの気分ではない。そこで「ミニラーメン」、未食の「-赤-」、そしてこの日は味付けになっているという「うずら(5個)」の食券を購入。なお、「-赤-」の食券には「-からいの-」と印字されていた。野猿の「辛いの」は、無料だが、こちらは有料である。

食券


ちなみに券売機にある「-白-」は「塩」、「-黄-」は「すっぱいの」で、ともに販売日限定のためこの日は売り切れ表示。そして「汁なし」は「- -」。ところで「-茶-」って何だ? 味噌か?

その後、店内の待ち席に座っている時に食券を提出。店員は男性3名で店主の姿は無し。BGMはROCK。結局並んでから45分ほどで着席。

カウンターの上を見上げると川越店、京都店のオープン告知ポスターが。それと現在は日本ハムに移籍した矢野謙次のサインもまだ貼ってあった。

店内


しばらくすると店員から「ミニラーメン、からいの、うずらの方、ニンニク入れますか?」と声が掛かったので「入れて下さい」と応える。

ミニラーメン+からいの+うずら

ミニラーメン(680円)+-赤-(50円)+うずら(5個)(100円) ニンニク


小金井の割りには、野菜の盛りはおとなしめ。そして何故か初めからレンゲが付いてきた。

横から


辛味が加えられたスープは、個人的には適度な辛さ。作ってるところを見てたら、ラベルにスイートチリソースと書かれたボトルの中身を入れていた。そしてスープには大きめな背脂がゴロゴロと。

ブタは2切れ入り。いつの間にかバラ肉に変わったようで、脂身がジューシー。麺は二郎の中でも太いほうか? 味付けうずらは、辛いスープの中ではあまりその味付けがわからなかった。

麺やブタなど


半端な時間帯ということもあってミニラーメンにしたので、ずいぶんと余力を残して食べ終えた。これくらいなら夕飯に影響はなさそうだ。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎