2005年03月14日

らぁめん大山

岡山からの帰りに富士で途中下車。目指すは「らぁめん大山(たいざん)」だ。この店は言うまでも無く、元町田二郎の店主が2年前に地元に帰って開店させた店である。今回ようやく初訪問することが出来た。

富士駅
   
マンホールには富士山が

日中ならば市内循環バスが走っているみたいだが、あいにく夕方の到着だったので富士駅から徒歩でアクセス。とりあえず目印のユーストアを目指す。ユーストアに着いたら今度は「Right-on」というカジュアルウェアの店の方へ向かって進む。するとその裏側の川沿いに大山が見付かった。たしかにこれはちょっと判りづらい立地だな。しかもRight-on側から見ると店の裏側しか見えないし。

ユーストア Right-on側から大山を望む

駅からの所要時間は30分ほど。南大沢駅から野猿二郎までと同じくらいだな。ただしこちらのほうが道が平坦なので少し楽である。でもここに徒歩で来る人なんて他にいるのかなぁ? 到着したのが16時40分頃だったので、17時の開店まで付近をうろつく。店の前からは雄大な富士山が望める。

とりあえず店の外観を撮影しようとデジカメを構えると何故か作動しない。なんとこの時点でコンパクトフラッシュの容量が一杯になっていたのだ。普通ならば不要な画像を削除すればいいのだが、実はデジカメの液晶画面が旅行中に壊れていてその操作が出来ない状態になっていた。さらに運が悪いことに、帰宅後に確認したら画像サイズが最大で設定されていた。そりゃ容量を食うよな…。

そこで予備に持っていた銀鉛カメラを取り出す。するとこっちはバッテリー切れだ! まったく間が悪い。そこでとりあえずユーストアに行ってみるが、カメラ用のバッテリーは無し。次に近くの「エスポット」というディスカウントストアに行くと、なんとかバッテリーが見付かった。しかし予定外の行動をとったため、開店時刻の17時を過ぎてしまった。

17時を5分くらい過ぎたところで店に入ると先客は無し。中に入ろうとすると、店員から「食券をお求め下さい」と声を掛けられた。入口すぐ左脇に券売機があったんだね。これは気付かなかった。

事前リサーチによると、「○新とんこつ」というのが一番二郎に近いメニューのようなのでその食券を購入。…しようとしたが券売機にそのメニューが無い! 結局3回くらいメニューを目を皿のようにして追ったが、やはりどこにも見当たらなかった。

そこでなんとなく「駿河塩そば」(800円)の食券を購入。意外と高いな。そして「煮玉子」(100円)、「餃子」(300円)、「ぶためし」(350円)の食券も合わせて購入する。合計1550円。滅多に来れない場所だから、これくらい贅沢をしてもいいだろう。なお券売機は新札対応済み。

店員に案内されて2人掛けのテーブル席へ座る。テーブルには紙おしぼりが用意されていた。店員に「ニンニクは入れますか?」と訊かれたので当然「入れて下さい」と応える。店員は若い男性3名で店主は不在のもよう。BGMは薄い音量で軽音楽のようなものが流れていた。

テーブル上には醤油、酢、ラー油、摺りゴマ、割り箸。店内は厨房に面して一直線のカウンターが7〜8席くらいと、土間みたいな広いスペースにテーブル席が20数人分。壁には色々な貼り紙やホーロー看板、何故かドリフの法被などが飾ってあった。また、カウンター席の脇の壁には大山倍達の絵が描かれていた。

ここで「そういえば水が無いな」と気付く。壁の貼り紙を見ると、「水はセルフサービス」といったことが書いてある。そこで給水器を探すと、テーブル席からは死角のカウンター席後方に見付かった。ちなみに給水器の隣にビールサーバーがあったので、間違ってビールを注ぎそうになった(^^;)。

さて、出来上がった。まずはラーメンが、続いてぶためし、餃子が相次いで登場。一応カメラで撮影したのだが、銀鉛カメラでの接写には慣れてないので思いっ切りピンボケになってしまった。そこで携帯のショボイ画像でご勘弁を。なお、レンゲはラーメンとぶためしにそれぞれ付いてきた。

駿河塩そば(800円)+煮玉子(100円) ニンニク
   
餃子(300円) ぶためし(350円)

まずは駿河塩そばを一口。香ばしい桜海老の風味が口中に広がる。おぉ、これはまさしく町田二郎の「MO」の風味だ。ただしスープは二郎のこってりした豚骨ではなくて、鶏ガラと魚介系のあっさりした塩味だけれど。

そしてニンニクが全然感じなれなかったので、ひょっとして入れ忘れられたのかと思ったが、良く見ると微量の刻みニンニクが入っていた。やはりこのスープに大量のニンニクを入れたら、風味が壊れてしまうのかな。

そして麺も二郎時代のワシワシとした極太ではなくて、中太で平べったいツルツルとしたもの。これはこれで旨いが、やはり物足りない。しかも量も少ないし。

具はチャーシュー1枚、メンマ、海苔1枚、刻みネギ。チャーシューは大判の巻きバラ肉。トロトロで軟らかいが、薄いので存在感にはやや乏しい。オプションの煮玉子は黄身が半熟で、味付けもなかなか良かった。

続いて餃子を。皿には小ぶりのものが6個入り。壁に「餃子一つめはそのままお食べ下さい あとはお好みで。」と書かれていたので、1個目はそのまま食べてみる。皮が甘いのか餡が甘いのか、結構甘みの強い餃子だ。残りは醤油とラー油で食べる。

ぶためしは細かくしたチャーシューと刻み海苔、刻みネギがご飯の上に。量はいごっそうの豚めしと同じくらいか? サイドメニューとしてはまずまずの量だ。それでもトータルで二郎の「小ブタ」を食べた時よりも物足りなく感じた。なお、私がいる間には終始他の客はいなかっけど、平日のこの時間帯はこんなもんなのかな。

全般的に旨いのだが、「東京からわざわ時間と交通費をかけてまで食べたいか?」と問われれば少し考えてしまうなぁ。二郎のような中毒性は無いし。というか、この店に町田二郎の幻影を追い求めるほうが間違っているのだろう。

  
Posted by musashinonikki at 17:41Comments(2)TrackBack(1)らぁめん大山

2005年03月12日

肉のますゐ

用事で岡山に出掛ける。そのついでに広島へ寄り道。目的地は広島市民球場である。でもその前にとりあえず昼食を。広島名物というと牡蠣やお好み焼き、あるいは広島風つけ麺などが有名だが、今回は「家二郎に挑戦」でおなじみの「アワレミ隊OnTheWeb」さんで取り上げられていた「肉のますゐ」へ行ってみることにした。


広島駅

広島駅から広島電鉄に乗って八丁堀へ。広電は超低床電車のグリーンムーバーや旧京都市電などの車両などが走っていて、まさに「動く路面電車博物館」である。見ているだけで楽しい。

グリーンムーバー 旧京都市電

まずは「カルピオ」に行って「カープベースボールギャラリー」を見物。入場無料の上におまけにベースボールカードまでくれた。

カープベースボールギャラリー

そして「肉のますゐ」へ移動。カルピオからは目と鼻の先だ。11時前に着いてしまったので、開店まで店の前で待機。そして定刻11時にシャッターが上がり開店。

ちなみに店の正面は精肉店になっていて、レストラン部門はその右脇に入口がある。入口の前にはサンプルケースが。おおっ、確かにトンカツが350円だ。

正面 レストラン入口
   

では中で入ろう。店内は右側に4人掛けテーブルが8卓、左側は座敷席になっていて6人掛けテーブルが4卓。BGMはAMラジオ。庶民的な洋食屋といった雰囲気である。なお、2階にも座敷があるようだ。

メニューはテーブルの下に。早速「サービストンカツ(ライス付)」(350円)と「赤だし」(130円)を注文する。テーブル上には広島らしくオタフクソースが置いてあった。なお、トイレの前の壁にはオリックスの山口和男投手のサイン色紙が。何でパリーグの選手が? と思ったが、山口は広島出身なんだね。

   

程無く出来上がった。おばちゃんが注文品を持ってきた時に、何故か「こちら大ね〜」と言ってライスを出された。え? 「大」なんて頼んだ覚えは無いが? まさか「ジロリアンなら大じゃないと物足りないだろう」と勝手に思われたか?(なわけはない)


サービストンカツ(ライス付)大+赤だし

トンカツはさすがにこの値段のためかなり薄い。画像だとこんもりと盛り上がって見えるが、これは単に肉が反っているだけである。カツの下には茹でキャベツとポテトサラダの付け合わせ。そして注目すべきはたっぷりと掛けられたソースである。このソースこそが「ますゐ」の一番の味わいどころであるらしい。

カツは切られてないので、ナイフとフォークを使ってカットする。反ってるのでちょっと切りにくいのはやむを得ない。まずは一口。ソースが掛かっているため、サクッというよりはしっとりとした食感だ。そして肉はやや硬いな。まぁ、この値段だから文句は無いが。ちなみに20年間値段据え置きだそうである。

そしてソース。この味を文章で説明するのは難しいな。なんでも店のおばちゃんによると、このソースは大きな寸胴で作っていて味を安定させるのが難しいそうである。また、香草も入っているとのこと。そして隣の精肉店で肉を買えば、このソースも一緒に売ってくれるという。ソースだけなら欲しいところだが、広島で生肉を買ってもしょうがないからなぁ…。

そして「この店はどこで知ったの?」なんてことを訊かれた。そこで「インターネットで」と応える。どうやら最近はネットで知って来る客も多いらしい。確かに店内を見ると地元客っぽい人が多いが、明らかに旅行者と思われる人もいた。こんな裏通りの店に、何の予備知識も無しに入る旅行者はいないだろうな。

最後にお勘定。同じメニューを頼んだ同行者と合わせて990円だった。あれ? サービストンカツ(350円)×2+赤だし(130円×2)=960円じゃないのか? +30円は大盛の料金? だから大なんて頼んで無いってば(^^;)。

<おまけ>

カープうどん(肉うどん)(400円) 新名物? ボール犬
  
Posted by musashinonikki at 23:59Comments(0)TrackBack(0)B級グルメ

画像間違えた

VFSA0009.jpg やりなおし(^_^;)  
Posted by musashinonikki at 13:58Comments(0)TrackBack(0)

肉のますゐ〜予告編〜

VFSA0008.jpg サービストンカツ(ライス付) 今、広島に来ています。詳細は後日。   
Posted by musashinonikki at 13:47Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月10日

らーめん いごっそう

今日は冬季限定の「味噌つけめん」目当てで「いごっそう」へ。味噌はたぶん今月中には終わってしまうと思うので、無くならないうちに食べておこう。

いつものように吉祥寺からバスで所要21分。11時半過ぎに到着すると、店内に先客は6人ほど。幸いカウンター一番右の席があいていたので、そこへ着席。この店は奥に座ると出入りが大変なので良かった。特に今日は大きめの荷物を持っていたし。

程無く店主から「どうぞ〜」と声がかかったので、「味噌つけめん麺少なめ白めし」と注文。味噌つけめんはメニューのどこにも書いてないが、他の客も2人ほど注文していた。いわば公然の裏メニューだな。

店員は店主といつもの助手。BGMはJ-WAVE。私が来た時には空席があったが、背後を見るといつの間にか数人の行列が出来ていた。だいたい平日の昼頃はいつもこんな感じだな。

ちなみにいごっそうの斜め向かいに、駐車場完備のファミレスのようなデカいチェーン系ラーメン屋が出来ていた。しかし客層はこちらとは全然違うと思うので、たぶんあまり影響は無いだろう。

しばらくすると店主から「味噌つけの方ぁ〜?」と声がかかったので、ニンニク入りでお願いする。まずはつけダレ、続いて麺、最後にライスが次々に登場。


味噌つけめん 麺少なめ(750円)+白めし(150円) ニンニク

今回初めて「麺少なめ」で頼んでみたが、量は隣の客の普通のつけめんよりも見た目2〜3割減といったところか。それでも300gくらいありそうだ。まずは何もつけずに麺のそのまま一口。

おおっ! ツルツルシコシコで旨い。ここの麺はラーメンだとデロデロで軟らか過ぎるような気がするが、水で締めるとコシが出てまるで別物だ。ひょっとしてこの麺はつけ麺で食べることを想定して作られているのではとさえ思ってしまう。

ブタは2枚入り。これも大ぶりで軟らかくなかなかの味。二郎と較べても上位に入るブタであろう。つけ麺にはデフォで入っている味玉も、半熟で程よい味付け。他に具は野菜、薬味として刻みネギ、ニンニク、唐辛子少々。

麺を食べ終わったところで、いよいよライスを投入。スープ割りならぬ「ライス割り」である(^^;)。味噌らーめんとライスの相性は良かったが、味噌つけとの相性は如何に? 結論から先に言うと、ちょっとつけダレが濃過ぎだった。これはスープで割ってもらってから入れたほうが良かったかな。

最後にお勘定。実は今回麺少なめにしたのは、PC店に「つけ麺の麺少なめ」は-100円とあったのでその確認の意味もあった。結果は味噌つけめん750円+白めし150円で計900円也。

味噌つけめんは去年食べた時も750円だったので、現在は特に麺少なめで100円引きはやってないようだ。ただし味噌つけはメニュー表に載ってないので、もしかして去年より100円値上げしているかのもしれないが。

 

さて、そのあと武蔵関駅へ。なんか駅舎がいつの間にかピンク色になってた。実は今日ここに来たのは、いごっそうの味噌つけを食べたいというのもあったが、西武ライオンズのパスネットが本日発売というのも大きな理由であった(^^;)。

ついでにパスネットネタをもう一丁。これも本日入手したCD付きのパスネット。CDの内容は都営地下鉄浅草線の駅案内放送。「三田、三田、都営三田線はお乗換えです。1番線は各駅停車西馬込行きです」というようなアナウンスが、押上から西馬込まで延々と続くだけのとってもマニアックな内容であった(^^;)。

  
Posted by musashinonikki at 20:47Comments(8)TrackBack(1)らーめん いごっそう