2005年03月01日

珍々亭

前から一度行こうと思っていた武蔵境の「珍々亭」へ行ってみた。なんでもこの店は、武蔵野地区を中心に広まった「油そば」の元祖らしい。 ということで数年ぶりに武蔵境駅に降り立つと、中央線の複々線化工事の影響でたいぶ駅の構造が変わっていた。

以前は中央線とホームを共用していた西武多摩川線も独立した駅舎に移り、こちらも高架線工事が始まっている。改札口を見ると自動改札ではなかったが、そういえば多摩川線はパスネット非対応だったっけ。

JR・武蔵境駅 西武・武蔵境駅
   
高架線工事中

駅から徒歩10分ほどで珍々亭に到着。12時13分の時点で店外に待ち客5人。ちなみに店の真ん前には「都営境五丁目アパート」というバス停があった。これは武蔵野市を走るコミュニティバス「ムーバス」のもので、武蔵境駅から「境西循環」に乗って約4分、運賃100円である。なお、店の前からは亜細亜大学の校舎が望めた。


奥の白い建物が亜細亜大学

5分ほどで店内へ入りカウンターへ着席。すぐにコップに入った水が出て来て注文を訊かれた。そこで「油そば、生玉子、ネギ、スープ」と注文。すると「油そばは並ですか?」と問い返された。

他の客の注文を訊いてると、たしかにみんな大きさを言ってるね。中には単に「大」としか言わない人もいた。メニューにはラーメン、ワンタンメン、チャーハンなどもあるのだが、ほとんどの客が油そばを注文するので、「大」だけでも通用するのだろう。なお、大の上には「特大」もある。

ちなみに私の頼んだ生玉子、ネギ、スープはメニューのどこにも書いてない。これは事前リサーチで存在を知っていたから注文出来たが、何の予備知識も無く来たならば判らなかっただろう。また、同じく何の表示も無いが、持ち帰りにも対応しているようだった。

店内は入口から見て左側にカウンターが10席、右側に4人掛けテーブル席が4卓。店員は接客担当のおばちゃん2名。そして厨房は店の奥にあるのではっきりとは判らなかったが、少なくとも調理担当は3名いた。BGMはテレビから「笑っていいとも」。座ってから10分近くたってから出来上がった。


油そば 並(600円)+生玉子(50円?)+ネギ(100円)+スープ(50円?)

前述のごとく生玉子、ネギ、スープはメニューに記載が無いので、値段は支払い金額からの推測である(ネギ100円はネット上に情報があった)。なお、ネット上には「半ネギ」というメニューの情報もあったが、訊いてみたらやっていないとのことだった。

まずは混ぜずに麺を一口。タレを絡めなくてもそこそこ味が付いてるね。麺は一般的なラーメン屋と較べると太め。量も思っていたよりは多い。具はチャーシュー1枚、メンマ、ナルト、大量の刻みネギ、オプションの生玉子。スープは中華料理屋でチャーハンに付いてくるような感じのもので刻みネギ入り。

チャーシューは「昔ながらのチャーシュー」といった趣きで、かなり歯ごたえのある食感。「チャーシュー油そば」というメニューもあるが、これは1枚で充分だな。なお、ネギはデフォでは全く入らないみたいなので、ならべくなら注文したほうがいいだろう。また生玉子も油そばには個人的に必須である。

あとは麺の下からタレを絡めて食べる。油そばという名前のわりには意外とあっさり。二郎系の油そばに例えるならば、ぽっぽっ屋ではなくて馬場二郎に近い。というか元祖はこっちなんだが。

途中で適宜調味料を投入。テーブル上には醤油、ラー油、酢、ホワイトペッパーが用意されている。中には最初から醤油やラー油をドバッと掛けている客もいた。油そばは自分で味を調整するのも醍醐味のひとつだからね。

会計は出入口で後清算。800円也。次に来る機会があれば「大」か「特大」を食べてみたい。

  
Posted by musashinonikki at 20:42Comments(0)TrackBack(1)ラーメン

2005年02月26日

ラーメン二郎 荻窪店

急に区役所に行く用事が出来たので、ついでに荻窪二郎へ。最近は土日も役所やってるんだね。12時45分頃到着すると、満席で店内に待ち客が5人ほど。客層は土曜日だと特に老人から子供まで幅広いね。この客層だと比較的ライトな路線になるのは必然かも。

ホントは普通のラーメンを食べるつもりでいたが、昨晩「荻窪二郎のお勧め 塩にカツオブシ 塩に後のせ唐辛子」なんてメルマガが来てたので、「塩ラーメン」(650円)の食券を購入する。そういえば前回も塩ラーメンを食べたなぁ。

7〜8分ほどすると席が空いたのでカウンターへ。食券とともに現金70円を添えて、お勧め通り「かつおぶし」と「とうがらし後のせ」と注文する。店員は店主と助手の2名。助手はたしか先日上野毛で見た人だ。その前は新代田、さらにその前は荻窪でも見たことがあるような気がする。結構店舗間で人員を融通しているみたいだね。

コールは「野菜ニンニク」で。「後のせ」と言ったので唐辛子は別皿になるのかと思ったら、そのまま丼の中に入っていた。ひょっとして後のせというのは食ってる途中で注文することなのか、それとも単に店員が忘れただけなのか? かつおぶしはパック1袋分をそのままトッピング。


塩ラーメン(650円)+かつおぶし(50円)+生とうがらし(20円) 野菜ニンニク

麺は四角い断面の太麺で硬め。なんとなく新代田に似ている。ブタは2枚入り。これは塩ラーメン専用のブタで、別のタッパーから出して盛り付けをしていた。スープは背脂が浮かぶ以外はいたってノーマルな塩味。かつおぶしとの相性は悪くはないが、特に「お勧め」という程ではないかなぁと個人的には思った。

そして生とうがらし。これが辛〜い! 過去2回注文したことがあるが、以前はこんなに辛くなかったような気がする。スープの飲んだらゲホゲホ咽てしまった(^^;)。これは辛いものが好きな人以外にはキツイかも。

ところでこれで今年に入ってから13軒目の二郎だ。2ヶ月で早くも過半数を制覇。我ながら今年はやけにペースが早いなぁ。まぁ既に18軒制覇しているツトムさんには負けるが(^^;)。

 

 

  続きを読む
Posted by musashinonikki at 18:27Comments(6)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年02月25日

ラーメン二郎 歌舞伎町店

新宿に出掛けたついでに歌舞伎町店へ。14時10分頃到着すると、店内には先客3人だけでガラガラ。ところでここの電話番号ってイイナジロー(1726)だったんだねぇ。今まで全然気付かなかった。それは店外に並ぶことが無いからだな(^^;)。

店内には新型券売機が設置。新札はもちろんのこと、五千円札、一万円札にも対応しているスグレモノだ。液晶画面も付いていて、なんとなくコンビニのATMを思わせる。

今日は小ブタに相当する「チャーシュー」(700円)と、「煮玉子」(100円)の食券を購入。なお、券売機のメニューを見ると「冷しビビン麺」が裏返してあった。これは夏季限定メニューになったのかな? また、生ビールにはおつまみが付かなくなったようだ。おつまみ無しで500円はちょっと高いかも。

店員は厨房に女性2名と、製麺室に男性1名。BGMは歌謡曲。程無くすると、麺茹で担当の女性から「ニンニク入れますか?」と声がかかった。そこで「野菜増し増しニンニクアブラ」と言ってみるテスト。系列の池袋店同様「増し増し」コールは果たして通用するであろうか?

盛り付けを見てると、「野菜」コールの丼には1掴みちょっと、「野菜増し増し」の丼には2掴みちょっとの野菜がトッピングされていた。ということで、増し増しコールはこの店でも有効なことが判明した。


チャーシュー(700円)+煮玉子(100円) 野菜増し増しニンニクアブラ

ここでラーメンを食べるのは実に一昨年以来だ。ここ3回は冷しビビン麺→つけ麺→冷しビビン麺だったからなぁ。もうラーメンを味をすっかり忘れているよ(^^;)。

まずは野菜の上から醤油ダレを回し掛け…、ってこれラー油じゃん! いつからラー油を置くようになったんだ? 間違って掛けちゃったよぉ…。とりあえずスープにラー油が混ざらないように野菜を食べる。そして改めて醤油ダレを回し掛け。


ラー油と醤油ダレ

麺は四角い断面でわずかに縮れがある。茹で加減はやや硬め。池袋店の麺もここで作っているはずだが、微妙に違う気がするなぁ。店別に作り分けてるのか?

ブタは4枚入り。薄くて歯ごたえのある食感でイマイチ。これはブタ入りやブタダブルにする価値は無いなぁ。オプションの玉子は、黄身は半熟でまずまず。ただし味付けは薄め。

そしてスープ。これがド乳化。ここってこんなに乳化していたっけ? ヘタすると多摩系よりもトロみがあるぞ。トッピングのアブラもトロっとした背脂でいい感じ。さらに醤油ダレ投入でカラメにすると、なかなかどうして旨いじゃん。少なくとも小○橋や府○よりもずっと二郎っぽい。ブタ以外はおおむね好印象であった。

 

  
Posted by musashinonikki at 20:11Comments(5)TrackBack(1)ラーメン二郎

2005年02月24日

麺郎?

今日はめぐ蔵に行く前に、用事で浅草橋界隈へ行って来た。そこで最近開いていないというウワサのある麺郎に行ってみた。12時40分頃に到着するとやはり営業してなくて、店のドアには新聞や封筒が挟まれていた。これはいよいよか?

麺郎









以下おまけ。

前から気になっていたが、麺郎の近くには謎の看板がある。世の中には色々な研究所があるものですな〜。

東京抽籤器研究所  
Posted by musashinonikki at 19:28Comments(8)TrackBack(0)臨休等

めぐ蔵

ぽっぽっ屋がセカンドブランドとして昨年9月に開店させた「めぐ蔵」を初訪問。最近ぽっぽっ屋系に行くことが多いな。なお店名は、店主の宮本恵蔵氏の名前から取ったものと思われる。

JR大森駅から歩くこと10分弱、大森ベルポートの程近くにその店は見つかった。ちなみに京急・大森海岸駅からだと5分もかからずに着くだろう。

大森駅 大森海岸駅
   
大森ベルポート

13時20分頃に入店。店内には先客4人ほどと空いていた。この時間帯に来た理由は、13時からの限定メニュー「品味麺」目当てである。この店は、本来は細麺であっさりした支那そばを提供するはずだったのだが、先月あたりからぽっぽっ屋風のこってり太麺である「品味麺」をメニューに加えるようになった。やはり客はこっちのほうの味を求めるよなぁ。

入るとすぐに券売機があったので食券を購入。券売機は新札対応済み。まこぴさんの情報によると、「燕麦麺」の食券を買って店員に「品味麺」と伝えるとあったが、現在は券売機に「品味麺」「品つけ麺」のボタンが用意されていた。そこで「品味麺」(680円)、「味付玉子」(100円)、「ギョーザ」(300円)、「ライス(小)」(100円)の4枚を購入。あぁ、また1000円を超えてしまった(^^;)。

メニューは他に燕麦麺が醤油、塩、味噌の3種類。和風トンコツが塩、醤油の2種類。ミニ燕麦麺が醤油、塩の2種類。そしてつけ麺。さらに「めぐ蔵スペシャル」(1200円)というヤケに高価なメニューがあったが、どこにもその説明が見当たらなかったので内容は不明。どなたかのレポを希望。

店員に食券を渡す時に、今回はちゃんと忘れずに「ニンニク野菜多め」と告げる。ちなみに他の客を見てたら、店員が「ニンニク、野菜増し、背脂増し、味濃いめが出来ますが?」と訊いていた。ぽっぽっ屋もこうやって訊いてほしいなぁ。

店内は厨房の側に8〜10人掛けくらいのコの字型カウンター席と、4人掛けテーブル席2卓+3人掛け1卓。店員は若い男性2名。BGMは沖縄の音楽。聞いてるとこれはエンドレスのようで、同じ曲が何回も流れていた。店員はきっと耳にタコが出来ていることだろう(^^;)。

お好きな席へどうぞと言われたので、入口近くのテーブル席へ座る。テーブルの上にはメニュー、空のコップ、水差し、割り箸、爪楊枝、そして調味料はホワイトペッパーのみ。

なお、テーブルのメニューには券売機には無かった酒やおつまみ類の記載があった。店の造りも小料理屋風なので、ちょっと飲むのにもいい店かもしれないな。次回は夜に来て、おつまみ全制覇とかしてみようか(^^;)。

さて、出来上がったようだ。まずは品味麺が登場。続いてライスと茶碗に入った味玉が相次いで運ばれて来た。なおギョーザは「焼き上がりまで少々お待ち下さい」とのこと。


品味麺(680円)+味付玉子(100円)+ライス(小)(100円) ニンニク野菜多め

麺は極太の縮れ麺。たぶんぽっぽっ屋と同じものと思われる。具はチャーシュー1枚、もやし、カイワレ、キグラゲ、そして薬味として唐辛子、刻み生タマネギ、ニンニク。タマネギはトッピングには書いてなかったけどぽっぽっ屋同様入っているんだね。チャーシューはぽっぽっ屋のとは違うが、薄くてあまり存在感が無かった。

そして一番違うのはスープ。乳化してとてもクリーミーであった。これはもしかして鶏のダシも入っているのかな? オプションの味玉は半切り×2。ぽっぽっ屋の半熟で甘い味玉とは違って、黄身は固茹でで味もあまり付いていなかった。


ギョーザ(300円)

麺を半分ほど食べ進んだところでギョーザが登場。3個入り。これは餡がわりとジューシーだった。面白いのはタレが白ゴマ入りの味噌ダレだったこと。そして最後にご飯をスープに投入。こういうこってり乳化スープにご飯は良く合うねぇ。

  
Posted by musashinonikki at 18:40Comments(0)TrackBack(0)ぽっぽっ屋系