2005年02月20日

らーめんぽっぽっ屋 晴海トリトン店

ぽっぽっ屋トリトン店へ行く。今日のテーマは「ぽっぽっ屋の味噌らーめんにご飯をぶち込む」こと。これは前から一度やってみたかったのだが、味噌らーめんは冬季限定&夜間限定&数量限定というハードルの高さもあって、今までなかなかチャンスが無かったのである。

16時45分頃トリトンスクエアに到着。日曜なので館内は閑散としているかと思ったが、そこそこ人はいた。しかし平日に較べるとやはり少ないな。

16時50分にぽっぽっ屋の前へ。当然先客は無し。開店まで店頭の椅子に座って待っていると、定刻よりも2〜3分早く開店した。さっそく中に入り窓に面したカウンターに着席する。

すぐにアジア系の女性店員がやって来たので、まずは「前菜」と「食前酒」として800円の「おつまみセット」を注文。これはビール+とろちゃーしゅー+味玉(またはメンマ)がセットになったもので、単品で頼むと900円分になる(メニューには950円と書いてあったが間違いか?)。なお、おつまみセットは600円のものも有り、そちらはビール+味玉+メンマで700円相当。

続いて「ぴりから冷奴」(150円)も単品で追加。さらに「味噌らーめん」(850円)と「小飯」(50円)を頼むと、「10分くらいかかります」と言われたが、別に問題無いのでそのままお願いする。

   

そのあと他の客の「ニンニク」コールを聞いて、あわてて「ニンニク玉ねぎ多め」と付け足す。あぁ、またトッピングコールを忘れるところだった(汗)。

店員は先程の女性の他に、厨房に男性2名。BGMはJ-POP。客は他に男性の単独客2人とカップル1組。平日の昼に較べるとすいてて落ち着けるね。ちなみに味噌らーめんを頼んでいる人が多かったようだ。

程無くおつまみセットがやって来た。ビールはメニューには「キリンラガー クラシック」と書いてあったが、実際に出て来たのは「キリン一番搾り」の中瓶。まぁ、どうでもいいが。


おつまみセット(800円)

味玉は1個を4つ切りにした形で登場。ぽっぽっ屋特有の甘〜い味付け。これは酒のつまみとしてはちょっと甘過ぎるな。炙りとろちゃーしゅーは、その名の通り表面を炙ってあってとても香ばしい。そこに焼き鳥のような甘辛いタレとカイワレがトッピングされている。ちゃーしゅー自体もらーめんに入ってるモノとは違うものっぽい。

味玉子(単品だと100円) 炙りとろちゃーしゅー(単品だと300円)

続いて「ぴりから冷奴」が登場。これは豆腐の上に刻みネギが載っていて、中華風の甘酢ドレッシングのようなものが掛かっていた。


ぴりから冷奴(250円)

ビールを飲みながら夕暮れの運河を眺めていると、非常に優雅な気分になる。二郎みたいにガーッと食ってサッと出るのもいいが、こういうひとときもたまにはいいものだ。

さて、いよいよ「メインディッシュ」の味噌らーめんが出来上がった。おっ、先日の中野新橋店とは違って、こちらはちゃんとキャベツの千切りが入っているね。麺も極太だ。ところでご飯は「小」(50円)で頼んだはずだが、伝票を見たら100円のほうを出されたようだった(^^;)。茶碗の脇には高菜付き。

また、「ニンニク玉ねぎ多め」でコールしたのだが、伝票には「に や」と記載されていた。ひょっとしてこれも「ニンニク野菜多め」と間違えられたのかな。でも野菜多めだとキャベツの千切りが多くなるのかなぁ?


味噌らーめん(800円)+飯(100円) ニンニク玉ねぎ多め

スープはドロドロで麺と絡みまくり。そのため一滴も飲まないのにスープがどんどん減って行く。そして麺を食べ終わった後に念願のご飯投入。テーブルの唐辛子を入れて味を引き締める。いや〜、いごっそうの味噌+ご飯以上にこれは合うなぁ〜。是非本店や中野新橋でも、ご飯をメニューに加えてほしいものだ。

しかし今回はまだこれで終わりでは無い。最後にデザートとして「杏仁豆腐」(150円)を注文する。実は今日のテーマは「味噌らーめん+ご飯」の他に、「メニューを可能な限り制覇する」というのもあったのだ(^^;)。


杏仁豆腐(150円)

すぐに杏仁豆腐が登場。上に載っている赤いものはストロベリージャムのようだ。甘さは抑えめ。しかしこれで会計は2150円! 先日の府中店の1950円を抜いて、1軒のラーメン屋で使った金額の自己最多記録を更新した。でも「フルコース」として考えれば安いほうか(^^;)。

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ぽっぽっ屋系

2005年02月19日

ラーメン二郎 仙川店

17時20分過ぎに到着すると店頭には先客が5人。そういえば仙川で開店待ちをしたのは始めてだな。定刻より3分ほど早く開店。この時点では9人待ちに。そしてすぐに満席になって店頭には待ち客が並んだ。なお、扉の貼り紙を見ると定休日が水曜から日曜に変わったようだ。

今日は豚ダブルの量を確認する意味で「豚ダブルラーメン」(800円)の食券を購入。券売機は相変わらず新札未対応のため、両替をする客が多い。見てると500円玉2枚と交換しているようだった。そろそろ銀行でも旧札が入手しづらくなったのだろうか。

店員はいつもの2名。そして厨房内の冷蔵庫の上には新しくテレビが設置されていた。あと、休業前はたしか12席あったと思ったが、現在は11席になったようだ。

さてギリギリファーストロットで出来上がった。店主から「ダブル、ニンニク入れますか?」と声がかかったので、今回は「野菜ニンニクカラメ」とコール。


豚ダブルラーメン(800円) 野菜ニンニクカラメ

麺は過去2回とはまたちょっと違う。平べったい形状はほぼ同じだが、前回より黄みががっているような気がした。そして食感もたいぶ軟らかめ。個人的には再開直後の三田に近い麺が一番良かったなぁ。

ブタは8片ほど。旧仙川の「枚」で数えるようなものとは違って、「片」で数えるほうが適した形状だ。厚みはあるが表面積はやや小ぶり。軟らかくて味付けも程良く、脂身もトロトロだった。ブタは現仙川店のほうが好みだな。

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年02月17日

らーめんぽっぽっ屋 本店

今日は用事で浅草へ。そのあと蔵前にも行かなくてはならないので、昼食はあまり遠くには行けない。ということで地下鉄浅草線に乗り、東日本橋で下車してぽっぽっ屋へ。

ところでこの店は、店頭の立て看板には「日本橋店」と書いてあるが、テントには「本店」と書いてある。一体どっちが正式名称なんだろう。まさか生郎みたいに、看板をイタズラされたわけではないだろうな(^^;)。

13時20分頃到着で待ち客は3人ほど。すぐにアジア系の女性店員が出て来て注文を訊かれたので、「油めん麺ダブル」と応える。しかし「麺ダブル」では通じなかったみたいだったので、「大盛りの大盛り」と言ったら理解してくれたようだった。

程無く店内へ入り、「油めん」(750円)と「大盛」(100円)の食券を購入。そしてぐるなびのクーポンを添えて大盛×2にする。店員はアジア系女性の他に厨房に男性3名。BGMはテレビ。

今日も幸い給水器の横の「個人的ベストポジション」に座ることが出来た。ここは手を伸ばすだけで水を汲めるので大変便利である。特に今回は喉越しの悪いメニューを頼んだので、水おかわりは必須だ。


油めん(750円)+麺ダブル(大盛100円+大盛クーポン券)

然程待たずに出来上がった。あ、トッピングコールをするのを忘れてた。先コールの店はどうも言い忘れがちだなぁ。せめて「ニンニク入れますか?」と訊いてくれればいいのだが。

ぽっぽっ屋の油めんは、2年前にトリトンで食べて以来久しぶりだ。具はチャーシュー、野菜、メンマ、キクラゲ、刻み生タマネギ、卵黄。そして表面には背脂がチャッチャと振り掛けられている。

まずは混ぜずに一口。混ぜなくてもそこそこ味が付いてるね。あとはグチャグチャと混ぜてタレを絡める。背脂や卵黄の甘さが極太麺と絡んでいい感じに。そしてタマネギのシャキシャキとした食感もいいアクセントになる。

途中で唐辛子、ブラックペッパー、酢を適宜投入。特に酢はさっぱり感が増すので、後半アブラくどくなって来た時に有効である。麺の量はダブルにしても400gあるかどうかか? スープが無いから麺ダブルにしても少し物足りなく感じた。大盛×3とかも出来るのだろうか?

 

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ぽっぽっ屋系

2005年02月15日

矢場とん 銀座店

先日のスガキヤに続いて、「名古屋グルメシリーズ」(?)第2弾として矢場とん銀座店へ行ってみた。矢場とんは本店やナゴヤ球場で数回食べたことがあるが、ここ銀座店は初めて。


今は亡きナゴヤ球場の売店(1993年)

入口 ゴミ箱にもぶたの絵

中に入ると2階へ案内される。1階はカウンターのみ、2階と3階はテーブル席。なお、3階のみ平日18時以降は喫煙可。

席に着くとコップに入った温かい緑茶としば漬けが出て来た。漬け物は定食か丼物に付くのかと思ったら、単品を頼んでも出るんだね。

メニューはどこにあるのかと思っていたら、テーブルの下に。

とりあえずビール中ビンといくつかの品物を注文。


海老フライ(735円)

最初に登場したのは海老フライ。これは一尾を縦に半分に切ってあった。これは味噌ダレではなくてソース味。


わらじとんかつ(1260円)

続いて名物わらじとんかつ登場。これは味噌ダレとソースを半々に掛けてもらった。なお、テーブルの調味料はすりごま、一味、七味、からし(ソースは海老フライ用として別途出て来たもの)。

テーブルには「みそかつのいろいろな食べ方」というボードが置かれていた。見ると以下のようなことが書かれてあった。



1.まず、
そのままお召し上がり下さい

2.少し甘いと思われる方は、
からしを付けてお召し上がり下さい

3.口を変えたい方は、
すりごまをかけてお召し上がり下さい

4.
唐がらしもよく合いますので店員までお申し付け下さい

 

とんかつに唐辛子を掛けたのは初めてだったが、味噌ダレの甘みが唐辛子によって締まる感じがして意外と良かった。当然、次のどて煮にも唐辛子は良く合う。


どて煮(420円)

最後に鉄板とんかつ。これは最初は湯気が立ってとても熱かったが、わりとすぐに冷えた。食べるならば出来るだけ熱いうちのほうが吉。


鉄板とんかつ(1365円)

総じて旨かったが、似た傾向の味が続いたので最後はちょっとくどく感じた。その中で千切りのキャベツがいい箸休めになった。「キャベツ増し増し」とか頼めればいいのになぁ(^^;)。

そういえば私は食べなかったのだが、味噌汁は赤だしじゃないんだねぇ。これは東京向けにアレンジしたのかと思って、以前名古屋で食べた時の画像を引っ張り出してみたら同じみたいだった。


矢場町本店のわらじとんかつ定食(2001年6月)

ところで本店ではドラゴンズのユニフォームが飾ってあったので、こちらにもあるかと思って探してみると1階に有りました。ちなみにナゴヤドームで実際に使用された人工芝も飾ってあった。

ヘルメットは井端選手のもの 左から星野監督、立浪選手、落合監督
   

また、レジにはいろいろな矢場とんグッズが。さすがにこれは買うような気にはならなかったので、無料のマッチだけ貰っておいた(^^;)。

矢場とんグッズ
   
よく見ると電話番号が8810(やばとん)だ

 

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(1)B級グルメ

2005年02月14日

らーめん一代

なんか今月一杯で閉店してしまうらしいので、代々木の一代へ行ってみた。今日は夜の部限定の「ウルトラめんシリーズ」目当てで17時過ぎに到着。するとウルトラめんシリーズは既にメニューから消えていた。結局このシリーズは一回も食べられなかったなぁ。ということで「らーめん」(550円)、「味付たまご」(100円)、「旨辛みそ」(50円)の食券を購入。そして食券を出す時に「ニンニク抜きネギ」と告げる。

店員は今日も1人。BGMはJ-WAVE。客の入りは先客2人、後客2人といったところ。極端に客が少ないわけではないと思うのだが、この立地では採算が合わなかったのかなぁ。新宿界隈に来た時の選択肢が1軒減るのはとても残念である。

程無く出来上がった。チャーシューは2枚入り。以前は普通のらーめんだと1枚だったが増えたんだね。ニンニクの代わりのネギは青ネギの輪切り。量はそれほど入っていなかった。オプションの味玉は、以前食べた時は固茹でであまり味も付いていなかったが、今日のはトロトロの半熟で味付けも程良かった。


らーめん(550円)+味付たまご(100円)+旨辛みそ(50円) ニンニク抜きネギ

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)二郎風(23区)