2005年01月07日

サンクス限定 ぽっぽっ屋 焼豚つけ麺

コンビニの「サンクス」限定販売で「東京東日本橋 ぽっぽっ屋 焼豚つけ麺」という商品が出たらしいので買ってみた。地元のサンクスに赴くとすぐに商品が見つかったのでレジへ。税込430円也。すると「温めますか?」と店員に訊かれた。ん? つけ麺なのに温めるのか? とりあえずすぐに食べるわけではないので「いいです」と応える。

自宅に戻り商品を見る。ラベルには「必ずレンジで温めてからお召し上がり下さい。麺とスープの絡みを良くするため、レンジアップ後のスープはほどよい温かさになります。」と書かれていた。ということは「あつもり」で食べることを想定して作られているわけか。この時点でちょっと違うような。

では食べてみよう。レンジ加熱目安は1500Wで60秒、500Wで180秒とのこと。ウチのレンジは600Wだったので150秒で設定する。温まったところで蓋をはずし、別添の「麺用ほぐしだし」を掛けて麺をほぐす。これは「かつお節、かつおエキス、食塩、昆布、調味料」を原材料としているそうである。ちなみにシマダヤ製。

具はつけダレの中にチャーシュー2枚、麺のほうに味玉半個、メンマ、そして別の仕切りの中に刻み玉ねぎ。麺は黄色味がかった平太で少し縮れ。ぽっぽっ屋の麺とはだいぶ違う。むしろ形状だけならば二郎に近いと言えなくも無いか? 

つけダレは甘辛。そのまま飲むとちょっと濃いめ。チャーシューは薄っぺら。まぁこれは初めから期待してないが。味玉は黄身は固茹でで味付けも薄く、ただの茹で卵と大差無い。

麺は「ほぐしだし」を掛けてもくっつきまくり。こんなことするなら普通に水でしめたほうがいいかも。麺の量は260gと記載があったが、これは茹でた後の重量だろう。店の量よりもかなり少ない。3口で食べ終わってしまった(^^;)。今月24日までの期間限定販売のようなので、機会があれば次回は少しカスタマイズして食べてみよう。

なお、製造しているのは「チェリーフレッシュフーズ」という会社のようだ。ラベルの住所を見ると日本橋茅場町。奇しくもぽっぽっ屋兜町店の近くだね。また本店からもそう遠くない。ただしこれは九州以外の全国販売なので、他の地域は別の会社が作っていると思われるが。

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)コンビニグルメ

2005年01月06日

ラーメン二郎 三田本店

今年の初二郎は三田へ。13時53分に到着すると、建物の角あたりまで約20人ほどの行列。推定待ち時間30分ってとこか? ちょうどこの頃小雨がチラついてきたが、傘を差すほどの降りにはならずに幸いだ。並んでいると、店内から総帥のイヒヒヒ笑いが漏れ聞こえてきた(^^;)。

ちなみに私の前に並んでいた人が店員に両替を頼もうとしたら、自販機近くの席に座っていた人が自分の財布を出して両替をしてあげていた。きっとこんな光景は他の店ではなかなか見られないことだろう。

結局27分ほどで席が空いたので食券を買って着席。今日は朝から二郎に備えて何も食べてなかったので「大」にしようかとも考えていたが、結局無難に「小ブタ」をチョイス。あぁ、なかなか踏み込めない(^^;)。ここの大は小とほとんど変わらない(あるいは少ない時もある?)と言われているので、一度実際に体験してみたいのだが…。

今日の助手は元小金井の助手だった人のみ。店内では相変わらず総帥のイヒヒヒ笑いが続いていた。ここ数回は黙々と調理する姿しか見れなかったので、なんだかウレシイ(^^;)。

さて出来上がったようだ。助手から「正面、小ブタ、ニンニク入れますか〜?」と訊かれたので「野菜ニンニク」とコール。


ぶた入りラーメン(600円) 野菜ニンニク

まずは麺を一口。今日の麺はけっこう軟らかめだ。そして野菜もクタっと軟らかめ。ブタは5枚入り。うち1片は大きな塊。今日のブタは脂身少なめで肉らしい歯ごたえのある食感。味付けは辛くなく薄くもなくといったところ。

スープは表面の油の層は薄くやや乳化気味。醤油もあまり立ってなくて比較的マイルドなスープだ。やはり午後の遅めの時間帯だと乳化傾向になるのかな? これくらいだとカラメコールしても良かったかも。

今日の麺の量はいつもと較べて少なく感じた。いつもだと途中で「まだ麺があるのかよ」と思うのだが、今日は「もう無いのかよ」といった感じ。その為同ロットの中で真っ先に食べ終わってしまった。う〜ん、やはり次は「大」か?(^^;)

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年01月04日

らーめん辰屋

今年の初ラーメンは辰屋へ。12時35分に到着すると先客は9人でほぼ満席。かろうじて角の席が1つ空いていたのでそこへ着席する。店主から「どうぞ」と声がかかったので、「辛みそらーめん」(600円)、「煮玉子」(50円)、「ご飯」(150円)を注文。

すると店主から「ご飯はもうやってないんですよ〜」と言われた。これは今日はもう売り切れた(もしくは仕込まなかった)のか、それともメニューからはずしたのかは不明。店内のメニュー表には書かれたままだったけれど。

しかし「高菜」が店頭のメニューには書いてあるが店内のメニューには書いてなかったりというのもあるので、今後のためにも確認しとけば良かったな。

そして「ニンニク野菜多め」を言い忘れていたのですぐに付け足す。トッピング先コールの店はどうも忘れやすい。ただし何も言わない客には「ニンニクとかどうしますか?」と訊いていた。

ちなみに「辰醤油」は野菜増しをやらなくなったというウワサがあるが、他の客が「辰醤油野菜増し」と注文したら普通に受けていた。これも次回以降の確認事項だな。

   

昼食時間帯ということもあって、客は入れ替わり立ち代りやって来る。作業服を着た人が昼間からビール(500円)を注文していたので見てみると、モルツの中瓶が供されていた。またここに飲みにも来たいなぁ。


辛みそらーめん(600円)+煮玉子(50円) ニンニク野菜多め

さて、出来上がった。具はチャーシュー1枚、野菜、メンマ、青ネギ。そしてオプションのニンニクと半切りの煮玉子2片。スープには白ゴマが浮かんでいる。辛みそらーめんは2年近く前に一度食べているが、その時と特に変化は無いようである。

スープは「辛みそ」とは言っても、わずかにピリっとする程度でそんなに辛くは無い。辛いもの好きな人ならば「唐辛子」コールをしてもいいだろう。野菜は茹でたてでいつも通り熱々。今日は暖かかったので汗が出た。チャーシューもトロトロに軟らかい。煮玉子も1個分で50円と安いので、デフォで半個入りの辰醤油以外を注文する時は入れたほうが良さそう。

今日はご飯も頼むつもりの腹具合でいたので、スープまで完飲したが量的にはちょっと物足りなかった。大盛りにしておけば良かったな〜。辰醤油以外のメニューはわりと普通の量だからね。ただし味的には満足でした。

  続きを読む
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)らーめん辰屋