2005年01月26日

ラーメン二郎 上野毛店

今日は上野毛のJiro Dayへ。昨晩の仙川から2食連続二郎になってしまった(^^;)。店に到着すると、外壁に工事用のシートが掛けられて看板が完全に隠れている。これだと初めて来た人は気付かずに通り過ぎてしまうかも?

中に入り食券を購入。今日は2食連続ということでおとなしく「小ラーメン」(650円)と、全メニュー制覇のためには避けて通れない(?)「缶ウーロン茶」(100円)をチョイスする。そうえいばソフトドリンクがメニューにある二郎はここだけだよな。あっ、府中のコーヒーが有るか(^^;)。

なお、最初間違って新札を投入したところ案の定使用不能。二郎のために財布の中に確保してある旧札を入れ直す。ちなみに他の客が一万円札の両替を頼んでいるのを見たところ、店員は全て旧千円札で返していた。おそらく旧千円札を多めに確保してあるのだろう。しかしそろそろ券売機を新札対応にしないと、店側も客側も余計な手間が増えそうだな。

カウンターに座り食券を提出。この時携帯メールを見せて今月のサービス品「焼き餅」を依頼する。現在では二郎メルマガは6軒で導入されているが、考えてみればここが元祖だよなぁ。いいサービスを思いついたものだと店主に拍手を贈りたい。

店員は店主と助手の2名。助手はたしか先日まで新代田にいた人だ。どうやら仙川店再開に伴い、二郎グループ内で助手の人事異動があったもよう。

席に着きしばらくすると缶入りの烏龍茶が出て来た。銘柄は「和香園」という聞いたことのないものだ。販売者を見るとパナバックとかいう大阪の会社。内容量は340gと書いてあった。味のほうはごく普通のウーロン茶。ちなみに今日初めて気付いたが、券売機のところにサンプルとしてこの空き缶が置かれていた。


缶ウーロン茶(100円)

ところでサービス品の焼き餅だが、一体どう調理するのだろうと見ていると、厨房に家庭用の電気オーブンが置かれていて、そこで注文が入る度に焼いているようだった。餅はたぶんサトウの切り餅などの既製品と思われる。

さて、出来上がったようだ。助手から「ニンニク入れますか?」と声がかかる。そこで「ニンニク野菜アブラ」と言ってから、慌てて「野菜ニンニクカラメ」と言い直す。普段ほとんど「カラメ」コールをしないから、つい間違えちゃったよ(^^;)。まるで初心者のようなミスだな…


小ラーメン(650円)+焼き餅(Jiro Dayサービス) 野菜ニンニクカラメ

スープはカラメでちょうどいいくらいの濃さ。それでも二郎としてはライトな味わいだ。ブタは2枚入り。分厚くて大きいが、うち1枚が軟骨のようなコリッという食感だった。二郎のブタでこういうのは初めてだ。

サービス品の焼き餅は焦げ目が全く無く、やや硬い焼き上がり。これは電気オーブンを連続して作動させたためサーモスタットが働き、電熱管が途中で消えたのが原因かもしれない。個人的にはふっくらと焼きあがった餅のほうが好きだが、あくまでもサービス品なので有り難く頂く。余談だが、私は自宅でカップ麺を食べる時にもよく餅を入れて食べるので、ラーメン+餅という取り合わせには特に違和感は無かった。

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年01月25日

ラーメン二郎 仙川店

ほぼ1週間ぶりに仙川を再訪。20時50分頃到着で行列は5人ほど。客層を見ると女性客がわりと多い。店員が変わった以外は、昔の仙川店がそのまま戻ってきた感じだ。

前回と変わっていたのは、まずは店頭に定休日の案内が貼られていたこと。そして行列の並び方の案内が掲出されていたこと(これは旧店舗時代のもののようだ)。さらに券売機に、総帥を含む二郎関係者らの集合写真が飾ってあったこと等である(写真は何故か府中店の前)。

   

5〜6分ほどすると席があいたので食券を買ってから着席。今日は「大」の量を確認するために「大盛りラーメン」(700円)にする。なおこの時点で「豚入り」と「豚ダブル」は売切表示になっていたが、しばらくすると「豚入り」のみ販売再開していた。店員が「9時になったら云々」と言っていたので、一時的に豚が切れていたのだろう。

店員は先週と同じ2名。BGMは無し。以前の有線放送は解約しちゃったのかな。しばらくすると店主から「ニンニク入れますか?」と声がかかる。そこで今回は「野菜ニンニクアブラ」とコールしてみた。


大盛りラーメン(700円) 野菜ニンニクアブラ

出て来た丼を見ると意外と量が多そうだ。ちなみに参考までに旧仙川の「大ブタ」画像を。


大盛り豚入りラーメン ニンニク野菜アブラカラメ(2004年7月)

丼は同じだが明らかにスープの水位が高い。ということはそれだけ麺の量が多いものと推察される。なお、麺は先週は三田に近いように感じたが、今日の麺はむしろ旧仙川や鶴見、武蔵小杉に近いように感じた。平べったくで白いところがね。色々と調整しているのだろう。

ブタは2枚入り。以前は1枚だったのでサービス向上である。今日のブタは先週よりも軟らかく味付けも程良い。ブタに関しては三田に近くなったような気がした。アブラ増しは以前と違って背脂のトロっとしたのが多め。これも三田に近い。

スープは今日は醤油ダレがずいぶんと薄く感じた。これならば「カラメ」コールも必要だろう。量的には以前の「大」よりも増えたが、一般的な二郎よりは少なめなので、三田で「小」を食べられる人なら余裕でしょう。

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年01月21日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店

ようやく今年初の野猿に行くことが出来た。目的はもちろん期間限定メニューの「アブラっXneo」である。

南大沢からバスで殿ヶ谷戸へ。16時50分頃に車内から店の裏手を窺うと、ニット帽の助手が煙草を吸っているのが見えた。これで無事に今日の営業があることを確認する。最近はメールマガジンが導入されたので臨休の不安が解消されたが、以前はここを通るたびにいつもドキドキしたものだ(^^;)。

バスは殿ヶ谷戸の交差点を右に折れバス停へ。この時行列具合を確認すると、もう10人以上並んでいる! そしてバスを降り店の前に16時52分に到着。この時点で行列の15人目だった。これだとサードロットかぁ。

以前、夜営業に行った時は開店時で4人しかいなかったのに、今日はずいぶん多いな。客層を見るとほどんど学生のグループのようだ。ここは学生グループの有無によって、混雑具合が極端に違うようだ。

定時17時よりも1〜2分早く開店。この時点で待ち客は19人に。まずは77番の「アブラっXneo」(850円)と30番の「ビール」(500円)の食券を購入。ちなみに「アブラっXneo」は店内にメニュー表示は無く、メルマガ読者限定といった趣である。なお、券売機は新旧1000円札に対応済み。

店員は店主、ニット帽の助手、メガネで腕の細い学生バイト風の助手の3名体制。今日もニット帽の助手がメインで調理。メガネの助手は主に野菜茹で担当。

20分ほどするとニット帽の助手から食券を求められたので提出。この時に「小」と告げる。するとすぐに席があいたのでカウンターへ。まずはビールが登場。ビールは客席側の冷蔵庫にあるので、店主がカウンターの後をぐるっとまわって持って来てくれた。銘柄はサッポロ黒ラベルの中瓶。

今回何故ビールを頼んだかというと、アブラっXにはビールが合うという情報があったからである。また、「二郎全店全メニュー制覇」のためには、いずれ注文しなければならないアイテムでもある(^^;)。これでビール(発泡酒含)制覇は歌舞伎町、小滝橋、新代田に続き4軒目かぁ…。先は長いな。


ビール(500円)

続いて生玉子が2個入った小鉢が登場。前回のアブラッXは玉子1個だったのでグレードアップだ。ちなみに玉子の殻をよく見るとイ○ーヨー○ドーのシールが(^^;)。ひょっとして南大沢駅前で買ったのかな?

さて出来上がったようだ。ニット帽の助手から「アブラっXの方?」と声がかかる。そこで「ニンニク」とコール。昔は馬鹿の一つ覚えのように、どこの二郎へ行っても「ニンニク野菜」とコールしていたが、いろいろ各店の特色を知るようになってからは、一部の店では野菜コールをするのがだんだんと恐くなってきたよ(^^;)。


アブラっXneo 小(850円) ニンニク

まずはブタを一口食べてみる。このブタは通常の二郎のものとは違って細切れ。味は甘辛くちょうど豚丼のようだ。そして生玉子を1個割って小鉢へ。せっかく2個あるので1個はスキヤキ風につけて食べて、もう1個は後半丼に直接投入しようという計画。続いておもむろに丼に沈んだタレと麺を混ぜ合わせる。

タレは甘辛でなんとなくうどんのような味わい。生玉子やテーブルの唐辛子を振り掛けると、ますますうどんチックになった。なお、麺は年明けからしばらくは四角い形状になっていたらしいが、今日の麺は以前と同じような平太麺だった。

合間にビールを飲みながら食べ進める。出来ればまったりとつまみながら飲みたいところだが、この混雑でそれは許されないのが残念だ。ビールを頼んだので少し不安があったが、思ったよりも楽に完食。まぁ、夜だし腹八分目くらいで抑えておいたほうが無難だろう。

食べ終わると店主が話しかけてきた。それによるとアブラっXは来週の月曜あたりで終わりとのこと。ちなみに今日の注文状況は、ファースト・セカンドロットは無し、サードロットで私を含めて2杯だった。

また、次の新メニューについて訊くと、「実はドラゴンボールのフィギュアのところに予告してあるのだけど、誰も気付いてくれないんですよ(笑)」とのこと。そこで帰り際に見ると確かにありました。そこには「マ○○○の肉」と書かれた食券が。一体どんなものなんでしょうね〜。今から楽しみだな。

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年01月20日

ラーメン二郎 目黒店

今日は目黒へ。12時55分に到着。ここにはいつも開店前に到着するようにしていたので、開店後に来たのは初めてかも。なお、この時点で行列は16人。ただし途中で3人脱落していた。待ってる間に「小ダブル」(700円)の食券を購入。結局15分ほどで着席。相変わらず回転が早いね。

店員は店主と女性の2名。BGMはAMラジオ。ところで店主のかぶっている帽子を見ると、日本ハムファイターズの旧Fs帽だ。巨人ファンじゃなかったのか? とか考えているうちに出来上がった。店主から「ダブル〜?」と小声で訊かれたので「野菜ニンニク」とコール。


小ラーメンW豚入り(700円) 野菜ニンニク

まずは野菜の上からテーブルの醤油ダレを軽く回しがけ。野菜はもやし多めでシャクシャクとした食感。今日のブタはいつも通りの一口サイズだが、脂身が無くしょっぱめの味付け。枚数は崩れたカケラなども入っていたのでカウント出来なかった。

当初はスープを残すつもりでいたが、麺の量が少なかったこともありつい完飲してしまった。ここは「小」だとやはり少ないな〜。次回は大ダブルにしようか。

 

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2005年01月19日

スパゲッティー&カレーライス ジャポネ

有楽町で用事があったので、久しぶりに「ジャポネ」へ。かれこれ約1年半ぶりだ。14時過ぎなので空いてるかと思っていたが、意外や15席あるカウンターは満席で1人待ち。

しばらくすると席があいたので着席し、「インディアン(カレー味)」(500円)を「ジャンボ(大盛)」(+150円)で注文する。するとまずは店員からコップに入った冷たいお茶が登場。そして福神漬の容器を私の前のほうに置き直してくれた。

店員は男性3名とおばちゃん1名の計4名。なおカウンター上には他に、ポットに入ったお茶、粉チーズ、タバスコ、食塩、爪楊枝、紙ナプキンが置いてある。ただ、お茶のポットの数が少ないので、座った場所によってはおかわりしづらいのは残念だ。


インディアン ジャンボ(650円)

さて、出来上がった。前回レギュラーを頼んだら物足りなかったのでジャンボにしたのだが、ジャンボでもそれ程の量ではなさそうだな。ちなみにジャンボの上には+250円の「横綱」という盛りがある。そして裏メニューとしてさらに「親方」(+300円)、「理事長」(+350円)というのもあるようだ。

また、ウソかマコトか分からないが、さらにその上に「横綱審議会」(+?円)という超大盛りもあるとかないとか? このへんが一部で「スパゲティ界の二郎」と言われる由縁だろうか?

スパゲティの上に掛けられたカレーは中辛。具には肉が入っていた。スパゲティとともに炒められた具は小松菜、タマネギなど。メニューには椎茸も入っていると書いてあったが気付かなかったな。

カレー味のスパゲティは大体想像通りの味だ。やはりカレーは全体の味を圧倒的に支配するな。次回はジャリコあたりを頼んでみるか。近ければ全メニュー制覇したいところだけどなぁ。テイクアウトや出前(3個以上)もあるようなので、近所の人がウラヤマシイ。

   


同行者が頼んだポテトサラダ(食いかけ)

  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ジャポネ