2020年12月17日

ラーメン二郎 荻窪店

当初は桜台に行こうと思ってたら、あいにく臨休のメルマガが。そこで荻窪へ方向転換することに。2018年3月以来の訪問。

ラーメン二郎 荻窪店


到着時には店頭に待ち客は無し。

ラーメン二郎 荻窪店


ところで定休日が日・木・祝から土・日・祝に変わったんだな。調べてみると9月23日かららしい。個人的には木曜が営業日になったのはありがたい。

営業時間と定休日


では店内へ。券売機を見ると前回より若干の変更が。この間に増税があった関係でラーメンが50円の値上げ。そして「大」がメニューから消滅。さらに「味付け玉子」と「ねぎメンマ」が新しく加わっていた。ただしねぎメンマには売切ランプが。

券売機


今回は「ラーメン」と未食の「味付け玉子」の食券を購入。数席の空きがあったので、すぐに着席。

卓上


店員は店主といつもの女性助手。BGMはJ-WAVE。しばらくすると女性から「ニンニク入れますか?」と声が掛かったので「入れてください」と応える。

ラーメン+味付け玉子

ラーメン(750円)+味付け玉子(50円) ニンニク


横から


まずは麺を。二郎の中ではわりと硬めの茹で加減。スープはこの店独特の乳化したクリーミーなもの。

麺


ブタは薄切りだが大判のものが2切れ。これがとても軟らかくて絶品であった。

ブタ


オプションの味付け玉子は、半熟と固茹での中間くらいで程よい味加減。

味付け玉子


終盤、給水器の脇に置いてあるボトルの中に、「みそ」と書かれたものを発見。これは試してみよう。ちなみに他には柚子と辣油のボトルが有った。

みそ


レンゲを使って味噌をスープに少しずつ溶かす。これはなかなかいい味変だね。ここで卓上の唐辛子も適宜投入する。

みそ投入


そういえば店頭に「お食事時間は15分程度でお願いしております」という貼り紙があったので、今回どのくらいか測ってみたら10分ほどで食べ終わった。

店頭貼り紙


以下おまけ。以前「らーめん大」があった場所を通ると、いつの間にか「旨辛麺かつくに」という店に。

旨辛麺かつくにらーめん大 荻窪店


ところで店頭のこの写真の女性は誰? と思って後で調べてみたら、系列店の居酒屋の「珈古屋」という店の店長で、このラーメンをプロデュースした人だとか。

かつくに店頭


そして青梅街道沿いにはらーめん大と入れ替わるように「豚山」がオープンしていた。

ラーメン豚山 荻窪店
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2020年11月19日

ラーメン二郎 千葉店

ラーメン二郎 千葉店営業時間


当初は4月19日オープンと告知されていたが、コロナ禍のために延期。そして6月2日に当日告知でゲリラ的にオープンした千葉二郎。予定通り4月オープンだったら遅くとも5月中には行きたいと思っていたが、夏場に差し掛かってしまったので訪問を回避。ようやくこの時期になっての初訪問となった。

総武線快速に乗って千葉駅へ。

千葉駅1千葉駅2


駅構内になにやら行列が出来てるぞ? と思ったら「とみ田」の系列店であった。

松戸富田麺業


さて、駅を出て千葉駅前大通りを東へ。

千葉駅前大通り


そして途中の公園のある場所で左折すると、ほどなく二郎が見つかった。千葉駅の建物を出てからだと、所要時間は11分ほど。

ラーメン二郎 千葉店


到着時には店頭に外待ち客は無し。客入りはだいぶ落ち着いてきたようだ。開店からしばらくは整理券方式を採用していたそうだが、8月3日からは廃止されたという。

店頭1


混雑時には店頭の自販機前に2名並び、以降は店先に置かれたカラーコーンの場所に並ぶ方式とのこと。

店頭2店頭3


では店内へ。券売機は入って左側に。最近オープンした二郎で豚ダブルがあるのは珍しい。

券売機


今回は基本の「小」の食券を購入。

食券


この時点で店内に2人待ち。4脚置かれた待ち席は新店に似合わぬ年季の入ったもの。これは改装前の三田本店で使われてたものらしい。

待ち椅子


客席は厨房を囲む形のC字型というか逆J字形というかそんな形のカウンターに13席。そして外からも見える場所には製麺室も有り。

製麺室


待ち席にいる段階で食券の確認が。そして7分ほどで空席が出来たところで、店員に促されてカウンターへ。卓上には、醤油ダレ、ホワイトペッパー、唐辛子、割り箸、レンゲ。水は券売機脇の給水器からセルフで。

卓上


店員は店主と男女各1名の助手の計3名。その他に製麺室に出入りしていた店員らしき男性の姿もあった。BGMはTOKYO FM。

しばらくすると男性助手からニンニクの有無について声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

小

小(700円) ニンニク


ブタが野菜とニンニクに覆われた盛り付け。

横から


まずは麺から。形状はほぼ二郎標準的で、やや硬めの食感。スープは非乳化で、思ってたよりも軽めな味わい。

麺


ブタはロールタイプのものと端っこの部分のものとの2切れ入り。端っこのほうは、かなりの大きさで食べごたえが有った。

ブタ


券売機に「ミニ」の設定があったので量が多いかもと懸念していたが、難なく食べ切れるボリュームであった。最後にレンゲでスープを2口飲む。

これで二郎全店制覇に返り咲き。

シグマビル
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2020年10月15日

ラーメン二郎 大宮公園駅前店

夏場はインスパイア系の汁無しなどでしのいてきたが、ようやくラーメンを快適に食べられる気候になってきた。そこで今年6月5日に当日告知でひっそりとオープンした大宮公園二郎を初訪問。当初は5月6日オープン予定だったらしいが、コロナの影響による開店延期であった。ちなみに開店からしばらくはパスマーケットを使った整理券制だったようだが、現在は客足も落ち着いたようで普通に店に行くだけでいいもよう。

大宮駅から東武アーバンパークライン(野田線)に乗車。しかしアーバンパークラインという名称はいつになっても馴染めん。

東武アーバンパークライン


ところでいつの間にか急行が運行されるようになったんだな。調べてみたら今年の3月かららしい。ただし大宮公園には停まらないので、普通列車に乗車。

大宮公園駅1


この駅に降り立つのは、2008年に大宮公園球場に来た時以来12年ぶり。すると駅舎が小洒落たものになっていた。どうやら2016年に改築されたようだ。

大宮公園駅2大宮公園駅3


以前のいかにもローカルな風情の駅舎も味わいがあったものだが、「アーバン」と名乗るだけあって野田線もずいぶんと都会的になったもんだ。

2008年当時


さて、二郎は駅から徒歩1分ほどの至近距離に。

ラーメン二郎 大宮駅前店


到着時には店頭に並びは無し。

営業時間とmenu並び方


では早速店内へ。券売機は入って左側に。おや、メニューの中に「持ち帰り豚」なんてものが有るぞ。そこで「小」とともに、そちらの食券もあわせて購入。

券売機


空席があったのですぐに着席。店員は旧大宮店の店主の弟さんと、男性助手2名の計3名。BGMはTBSラジオ。客席は厨房に面した逆L字型カウンターに5+7=計12席。隣の客席との間には、感染防止のための透明な幕が吊り下げされていた。

卓上には、一味唐辛子、七味唐辛子、ホワイトペッパー、醤油ダレ、2種の箸。そしてレンゲは一段高い場所に。水は券売機脇の給水器からセルフで。

卓上


まずは持ち帰り豚が登場。

持ち帰り豚1


レジ袋の中にはビニール袋に入ったブタが。結構タレが多いのは旧大宮店譲り。

持ち帰り豚2

持ち帰り豚(1500円)


さて、出来上がったようだ。助手のひとりから「ニンニク入れますか?」と声が。そこで「ニンニクショウガ」と応える。無料トッピングに生姜があるところも、これまた旧大宮店譲り。

無料トッピング


小

小(750円) ニンニクショウガ


横から


しかしずいぶんとニンニクとショウガの刻みが大きいな。一番大きいのは1cm角近くあったぞ。

ニンニクとショウガ


では麺から。平たく縮れた形状でモチモチとした食感は、二郎としてオーソドックスなもの。麺量は250gとのことだが、それよりも少し多く感じた。

麺


ブタは2切れ入り。適度な脂身が入っていたが、見た目よりも歯ごたえがあった。

ブタ


スープは非乳化で、わりとあっさりめ。最後にレンゲでスープを2口ほど飲んだ。

前場ビル


帰りに旧大宮店の跡地に寄ってみた。そこは「狼煙」というつけ麺屋に。結構人気店らしく行列が出来ていた。

狼煙旧大宮店


さて、帰宅して持ち帰り豚を味わおう。試しに重さを量ってみたら約800gあった。

タッパー


こちらは店で食べたのよりも、軟らかな食感。ただし醤油ダレに浸かってたせいか、かなりショッパかった。

ブタ


炙り豚も堪能。

炙りブタ


<追記>

そして後日余ったタレを使って焼きそばを制作。以前、旧大宮店のタレを使って焼きそばを作った時には仙川店の生麺を使ったが、今回は以下の麺を使用。

つけ麺専用中華麺


具材は豚肉こま切れ、もやし、キャベツを用意。そして薬味のニンニクも刻む。

焼きそば1


二郎の豚のエキスが入ったタレのおかげで、まさに二郎味の焼きそばになった。

焼きそば2


ところでふと思ったが、このタレをお湯で薄めたら竹岡式ラーメンのスープみたいにならないかね?  
Posted by musashinonikki at 21:05Comments(0)ラーメン二郎

2020年10月06日

油は快楽

油は快楽1油は快楽2


六本木へお出掛け。そこで用事の前に早めの夕食を食べておこう。

六本木


しかしさすがに六本木に二郎っぽいラーメンを出す店は無いだろうなぁ。でも一応調べてみるか。そしたら「油は快楽」という店があるじゃん! どうやら今年8月24日にオープンしたばかりらしい。

場所は六本木交差点から一本裏道に入ったところ。

外観


斜め向かいには一風堂が。

一風堂


ちなみにこの店は1964年創業のふぐ料亭「大友」による運営とのこと。

大友イラスト


1階のラーメン屋以外は、完全会員・紹介制というハードルの高さ。そういえばふぐ料理専門店なんて、昔新宿にあった格安の店ぐらいにしか行ったことがないんじゃないかな。

お知らせ


では、店内へ。半端な時間帯ということもあってか先客は2名。

営業中


客席は壁を向いたカウンター4席と、2人掛けのテーブルが4卓。カウンターの席間には、感染対策のアクリル板が設置。厨房は奥の見えない場所に。

メニューは卓上に。

お品書き

メニューの中には、ニンニク臭対策のリンゴジュースも。

リンゴジュース


今回は基本の「鶏あぶら麺」をオーダー。大中小が同価格だったが中で。すると店員から無料トッピングはどうするかという問いかけが。そこで「ニンニクショウガアブラ」と応えると、「ニンニク、ヤサイ、アブラは標準で入ってます」とのこと。「じゃぁ、ニンニク多めショウガ」と言い直す。

店員は厨房担当の男性2名と接客担当の女性2名。ただし女性のうち1人は和服姿だったので、上のふぐ屋の店員かも? BGMはJ-POP。

卓上調味料は、レモン酢、たれ、ブラックペッパー、一味。他に水のポットとアルコール。なお、最初の水が店員から供された。

卓上1卓上2


さて、出来上がった。トレーには丼とともに割り箸、レンゲ、伝票も。

鶏あぶら麺

鶏あぶら麺(850円) ニンニク多めショウガ


具材は鶏唐揚げ、もやし、キャベツ、ニンニク、ショウガ。

アップ


まずは麺を。やや縮れのある太麺で、程よい茹で加減。

麺


その麺に絡むタレは白濁したもの。そこに脂が合わさって、かなりクリーミーに。途中で適宜卓上の調味料類を投入。特にレモン酢はさっぱり感がいいアクセントになったので2度投入した。

トッピングは豚でなく鶏唐揚げ。食べやすくカットされた唐揚げは、衣がサクサクとした食感で中身はジューシー。

鶏唐揚げ


ところで「〆の卵かけご飯セット」も気にはなったが、あんまり満腹にはなりたくはなかったのと、1000円超えになっちゃうのでやめておく。なんでも「当店ではこれを食べて初めて完食となります」だとか。


あぶら麺の食べ方


会計は最後にレジで。

伝票


レジにポイントカードが有ったので一応貰っておく。

ポイントカード(表)ポイントカード(裏)


スタンプ5個でドリンク1杯無料、10個で鶏あぶら麺1杯無料になるようであった。

油依存症ニンニク有無
  
Posted by musashinonikki at 22:58Comments(0)二郎風(23区)

2020年09月17日

ラーメン豚山 幡ヶ谷店

出掛けたついでに幡ヶ谷で昼食。

幡ヶ谷駅


今回訪問した「豚山」は、駅の北口を出たら2軒隣という至近距離に。このチェーンには1年ほど前に中野店に行って以来、2度目の訪問となる。ちなみに幡ヶ谷店は昨年12月にオープンしたらしい。公式サイトによると、現在大阪にも店舗が有るようだ。つか、これを見て気づいたが、同じ京王沿線の下高井戸にも有ったんだ。そちらは今年3月にオープンしてたもよう。

ラーメン豚山(幡ヶ谷)


9月に入ったもののまだまだ暑かったので、今日もラーメンはパス。でもつけ麺は中野で食べてるので、今回は汁なしにしようか。と、思ってたところ、期間限定で台湾まぜそばをやってるようだ。じゃぁ、これにしてみるか。

店頭


なお、汁なし系に限りテイクアウトも有り。

お持ち帰りメニュー


では店内へ。券売機は入って右側に。ここで「台湾まぜそば」の食券を購入。

券売機


客席は厨房に面した2本の直線カウンターに計10席ほど。ただし席に振られた番号が15まであったので、コロナ対策で減席してるのかもしれない。隣の席との間には仕切板も有ったし。

仕切り板


店員は男性2名。BGMはJ-POP。食券を出すとすぐに「ニンニク入れますか?」との問いかけが。あれ? トッピングコールは提供直前ではないのか? カウンターに書かれた注文方法にも「ラーメン提供前」と書いてあるし、中野店でも後コールだったし。

ご注文方法


まぁ、それはそれとしてここで「ニンニクアレ」とコールする。公式Twitterによると幡ヶ谷店の「本日のアレ」は魚粉とな。すると「台湾まぜそばにははじめから魚粉が入っています」というので、「じゃぁ、魚粉はマシで」とお願いする。

卓上調味料はブラックペッパー、ホワイトペッパー、タレ、一味、酢と中野店と同じ。その他卓上には、割り箸、爪楊枝、ボックスティッシュ。そういえばレンゲが見たらないな。

卓上


さて、出来上がった。レンゲは丼の下に敷かれた受け皿の上に付いてきた。

台湾まぜそば

台湾まぜそば(880円) ニンニク アレ(魚粉)


具材は、台湾ミンチ、ニラ、海苔、白ネギ、ニラ、卵黄、ニンニク、そして増されている(はずの)魚粉。

麺は中野店で食べたのと同じく平打ちで中太でやや硬めの食感。

麺


最後にミンチがかなり余る。メニューにライスが有るので追い飯を頼む手もあるが、それだと腹が一杯になってしまうのでレンゲで残さず全部すくって食べた。そういえば台湾まぜそばはミンチが入ってる代わりにブタが入ってないんだな。中野店で食べた時にはブタがわりと好印象だったので、そのへんはちょっと残念であった。

営業時間
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)二郎風(23区)