2016年07月06日

藤原製麺 札幌ラーメンブタキング味噌(熟成乾燥麺)

札幌の二郎インスパイア店「ブタキング」の名を冠したインスタントラーメンを「ミニストップ」で見かけたので購入。価格は172円(税込)。メーカーは大手ではなくて、藤原製麺という旭川の会社である。調べてみたら生ラーメンタイプも販売してたもよう。そちらは北海道限定販売だったのだろうか。

札幌ラーメンブタキング味噌


実は2月に買ってあったのだがそのことをすっかり忘れてて、気が付いたら賞味期限がかなり近づいてきてたのであわてて作ってみた次第。

パッケージ裏


中身は袋に入った乾燥麺と液体スープの素。

中身


インスタントラーメンとしては長めの6分間茹でたあと、スープの素を投入して丼へ。

具なし


具材として、まずはスーパーで購入した「もやしとキャベツ」を用意。これはまるで家二郎に使って下さいとばかりの商品だ。しかし350gは1人前としては多いので半分ほど使用。残りは夕食の肉野菜炒めに流用した。ラーメンのパッケージには野菜は炒めることを推奨していたが、今回は二郎と同様に茹でることにする。

もやしとキャベツ

そしてブタは以下の市販品を使うことに。「厚切り」と謳っているが、全然厚切りには思えなかった。

旨味食感 大判厚切り焼豚


さらに茹で玉子と刻みニンニクを投入して出来上がり。

完成


麺はインスタントラーメンとしては太いが、一般的には中太麺の範疇かな。「熟成乾燥麺」とは、生麺を2日間じっくり乾燥させたものらしい。

麺


スープは醤油味ではなくて、実店舗と同様に味噌味。麺に負けないようにか、やや濃いめの味付けになっているようであった。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)コンビニグルメ

2016年06月16日

ラーメン二郎 環七新代田店

先月あたりから「スープ抜き」を始めたらしいというので新代田へ行ってみた。

CANNANA SHINDAITA JIRO


到着時には店内に1人待ち。しばらくすると坊主頭の店員が出て来て麺量の確認が。そこでスープ抜きをやってるのかを一応確認した上で「小」と告げる。そういえばスープ抜きに関しては店内に特に表示は見当たらなかったので、裏メニュー的な位置づけなのだろうか?

ほどなく店内に入り「小」の食券を購入。

食券


席に座り厨房内の貼り紙類を見ると「野山商店のタマネギキムチ 100円」というのがあったので、現金150円を添えて「なまたまご」とともにお願いする。

ちなみに他に目新しいトッピング類は、「とうもろこし」と「デスとうもろこし」(各50円)というのが貼り紙に書かれてあった。また「デスうずら」は新たに「ブルータルデスうずらもできます。」とも書き添えられていた。ところでブルータルって何? と思って調べてみたら、よくわからないがヘヴィメタルのジャンルの一種らしい。要は暴力的なレベルの辛さということか?

まずはタマネギキムチとなまたまごがそれぞれお椀で登場。

タマネギキムチとなまたまご


しばらくすると助手から「汁なしの方」というふうに声が掛かったので「ニンニクアブラ」とコール。ところで店のTwitterには「スープ抜き」と書いてあったが、店内では「汁なし」と呼んでるもよう。

小(スープ抜き)


小(スープ抜き)+タマネギキムチ+なまたまご

小ラーメン(スープ抜き)(700円)+タマネギキムチ(100円)+なまたまご(50円) ニンニクアブラ


まずは麺を引きずり出すと、醤油色に染まった極太麺がお出まし。なんとなく伊勢うどんっぽい見た目だな。その見た目通り、かなりしょっぱい味わい。しかも味の付いたアブラもコールしたので、余計しょっぱくなってしまった。

麺


半分ほど食べたところで生玉子とタマネギキムチを投入。ここは卓上調味料が無いので(頼めば出してくれるらしいが)、味変アイテムは後半戦を戦う上での貴重な戦力である。ブタはホロリと軟らかいバラ肉が2切れ入り。

タマネギキムチ、なまたまご投入


久しぶりにここで麺少なめでないノーマル量を食べたけど、終盤やや失速した感はあったものの結果的には無難に食べ切ることが出来た。しかし食後は異様に喉が渇いたな。

貼り紙
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(2)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年05月19日

ラーメン二郎 西台駅前店

都営三田線の高架橋脚の耐震補強工事の関係で、6月頃に立ち退きが予定されているという西台店へ。昨年9月以来の訪問。もしかしたら今回が現店舗には最後の訪問となるかもしれない。

ラーメン二郎 西台駅前店


到着時には店頭に9人待ち。10分ほどで店主から声が掛かったので店内へ。券売機を見ると先日のメルマガにもあった通り、「ラーメン」は据え置きながら大ラーメンと豚増しがそれぞれ50円値上げされていた。

券売機


そして昼の営業については、麺のカタさの好みの受け付けは出来ない(少な目、薄味は可)、ブタ増しは無し、現金メニューの販売はしない(酒類は可)という旨の貼り紙も。

今回は久しぶりにノーマルな「ラーメン」の食券を購入。ここで限定以外のメニューを食べるのは、2011年2月17日以来実に5年3ヶ月ぶりである。

食券


しばし店内の待ち席で待機ののちカウンターへ。結局並んでから20分ほどでの着席。店員は店主と初めて見るおばちゃんの助手との2名体制。

しばらくすると店主から声が掛かったので、「ニンニク」のみをお願いする。

ラーメン

ラーメン(700円) ニンニク


なんか丼いっぱいに広がったブタの盛り付けが目を引く。ブタはいつくかの部位が混ざったものがゴロゴロと。

横から


そういえばウデ肉を群馬県産の銘柄豚にしたとメルマガに書いてあったが、店内に吊るされたポスターによるとそれは「おらがくにのいなか豚」という銘柄のようだ。

おらがくにのいなか豚


西台というと麺がデロっと柔らかい印象があったが、今回の麺はわりと硬めな食感。そしてやや細めにも感じた。そしてブタはどの部位も思ったよりも歯ごたえのあるものであった。

麺とブタ


途中で卓上のホワイトペッパーと2種の唐辛子を投入。そして給水器脇に置いてあるブラックペッパーも投入しながら食べ終える。

限定メニューに釣られて私としては比較的頻繁に訪れてた高架下のこの店舗も、今回で目納めとなるだろうか。

外観営業時間
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(4)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年04月14日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

気が付いたら、2年5ヶ月ぶりとなってしまった野猿へ。

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2


おや、なんだか隣にラーメン屋が有るよ? と思って調べてみたら、この「ゆなみ屋」という店は2014年4月にオープンした店のようだ。前回ここに来たのは2013年11月だから、知らなくて当然か。ちなみに元々はカレーうどん専門店としてのオープンだったらしい。そして昨年には近くの「ドン・キホーテ」内に2号店も出してるという。

ゆなみ屋


そういえば隣にもラーメン屋が有るという光景に何か既視感をおぼえたが、思い起こせば旧店舗時代がそうだった。

旧店舗


到着時には店頭に7名ほどの待ち客が。いつの間にか先に食券を買うシステムに変わったようなので、先に店内へ。

店頭1店頭2


今回は「プチ二郎」と共に「レジェント」という食券を買ってみる。

券売機


「レジェンド」の食券には、あの伝説のブロガーの名前が印字。ブログの更新はストップしてしまったが、今でも二郎のメニューに名前を残す、まさにレジェンドな存在だ。

食券


店内の待ち席に座っていたら、壁に「ラーメン二郎アプリ店」というアプリの貼り紙が。早速ダウンロードしてみたら、内容には「ラーメン二郎PC店」と同じ記事が。同じ人物が作っているのだろうか?

結局並んでから10分ほどで着席。店員は、あの事件の影響を感じさせずに元気に働く店主と、黒縁メガネを掛けた助手の2名体制。

まずは生玉子が2個入ったお椀が登場。これは「レジェンド」というメニューの一部らしい。

生たまご2個


しばらくすると助手から「ニンニクは入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

プチ二郎+レジェンド

プチ二郎(680円)+レジェンド(200円) ニンニク


相変わらず野菜の盛りは多め。

横から


そこでとりあえず野菜の上から卓上の醤油ダレを回し掛け。そういえば卓上の調味料にホワイトペッパーが見当たらなかったな。

麺は二郎の中では細めで硬め。生玉子はスキヤキ風で食べたが、特に2個も要らないな。後で思ったが、1個は丼に入れて月見二にすればよかったか。

スキヤキ風


丼の中には「レジェンド」の残りの一部であるうずらの玉子入り。レジェンドというメニューの正体は、生たまご2個+うずら玉子。店内には何の説明も無いので、こんなメニューを頼むのは私みたいなブロガーぐらいかも?

ブタは相変わらず二郎一の大きさのものが2切れ。そのうちの1切れは、なんだかバラ肉っぽい見た目のものであった。

ブタとうずら


久々の野猿、堪能した。

店頭3
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年04月08日

ラーメン二郎 新潟店

上越新幹線に乗って新潟へ。新潟市に来たのは、実に21年ぶりである。

新潟駅1新潟駅2


今回の最大の目的地は、もちろん昨年11月8日にオープンした新潟二郎。気が付けば開店から5ヶ月も経ってしまった。

とりあえず駅前のホテルにチェックインした後、16時の開店時刻を目途に出発。二郎は新潟駅から徒歩10分程度の場所に見つかった。

ラーメン二郎 新潟店1


店舗脇のガレージみたいなスペースには飲み物の自販機が。

自販機


その商品ラインナップを見ると、中段の一列は全て黒烏龍茶だ。

ラインナップ


こちらの飲み物は店内持ち込みOKとのこと。

店内持ち込みOK!!!


では店内へ。

ラーメン二郎 新潟店2


券売機は入って右側に。メニューは「ラーメン」の大小に、それらの「ぶた入り」のみというシンプルなもの。

券売機


今回は「ラーメン 小」の食券を購入。野猿と似たタイプの券売機は、高額紙幣対応で領収書も発行出来る高性能機。

領収書


店員は故郷へ戻った元松戸二郎二代目店主だった人と、ぽっちゃりとした若い女性との2名体制。BGMはアイドル系J-POPが流れていた。

客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに、7席+5席=計12席。そして4人掛けのテーブルが2卓。ただしテーブル席には「RESERVED」という札が立てられている。そしてカウンターとテーブルの間には、待ち客用の丸椅子も数脚置かれていた。開店直後の到着で、カウンターには2〜3席の空席が。

卓上には、2種の箸、醤油ダレ、ホワイトペッパー。ちなみに松戸時代には置いてあった唐辛子は無し。水はカウンターの角に置かれた給水器からセルフで。そしてレンゲやボックスティッシュも給水器脇に有り。

卓上


カウンターにはメルマガの案内が。ちなみにメルモのアカウントは松戸店時代のものをそのまま流用したものなので、松戸店のメルマガを登録してた人は再登録は不要だ。

メルマガ等


しばらくすると女性助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。なお、松戸時代に行っていた生姜の無料トッピングサービスは無し。

ラーメン 小

ラーメン 小(700円) ニンニク


横から


まずは麺から。松戸時代と較べると、やや硬めの食感か。

麺


スープも松戸時代よりも乳化気味な印象。ブタは2切れ入り。大判で程度な脂身の入った肉らしい歯ごたえのある食感で、味付けは薄め。

ブタ


これは「和豚もちぶた」というブランド豚を使っているらしい。

和豚もちぶた


量的には割と軽めだったので、最後にレンゲでスープを4〜5口くらい飲んでごちそうさま。これで二郎全店制覇に返り咲き。はたして今後、いつまでこのタイトルを維持出来るだろうか?

営業時間


  続きを読む
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎