2017年01月19日

ラーメン二郎 三田本店

1月も半ばを過ぎてようやく初二郎へ。ということで初詣先は三田にする。ちょうど2年ぶりの訪問。

ラーメン二郎 三田本店


到着時には10人ほどの行列。店の壁を見ると、何やらクリアファイルらしきものが貼られているぞ。どうやらこれはこのイベントで配られたもののようだ(動画)。

二郎お遍路マップ


そしてその隣には並び方に関する貼り紙も。

貼り紙


列が進み券売機へ。

券売機


今回も「ラーメン」の食券を購入。

食券


回転は良く、並んでから17分ほどで着席。店員はオヤジさん、黒いタオルを頭に巻いた助手、髪が短めの助手の3名体制。黒タオルの助手は藤沢にいた人かな?

ところで私のロットが調理される直前、作り手がオヤジさんから黒タオルの助手に突然交代! 私のすぐ前の客までが前ロットだったので、ギリギリオヤジさんの作ったラーメンにありつけなくなってしまった… そして後方に下がったオヤジさんはおにぎりを食べ始める。

しばらくすると短髪助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。

ラーメン

ラーメン(600円) ニンニク


オヤジさんと較べると丁寧な盛りつけでラーメンが登場。

横から


麺はオヤジさんよりも若干硬めな茹で具合か? ブタは適度な脂身が付いて程よい食感。スープは微乳化傾向。くったりに茹でられた野菜は、冷め気味の温度。作り手が違うといっても麺やブタやスープや野菜は一緒なので、その味わいはいつもの三田らしいものであった。

ブタと麺


ところで食べてる途中、店の黒電話がジリリンと鳴り出した。三田で電話が鳴るのを見たのはたぶん初めて。番号は非公開なので、電話を掛けてくるのは関係者か一部の超常連あたりかと思われる。

さりげなく聞いていると、どうやらチャーシューを2本貰いたいという用件のようであった。電話に出たのは助手だったが、それを聞いてオヤジさんは「やだよっ!」と言うと、店内に笑いが沸いた。

オヤジさんの作ったラーメンを食べられなかったのは少々残念だったが、久々に三田らしい光景を見ることが出来たのでまずまずな二郎始めとなった。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年12月31日

2016年 二郎巡り集計

今年もあまり二郎に行けなかったけど、なんとなく惰性で集計を。

<二郎>

新代田(小ラーメン+冷まし中華+バジルトマト)


4回…新代田

2回…歌舞伎町(新旧各1)、小岩、西台(新旧各1)、荻窪

1回…品川、野猿、池袋、千住、亀戸、新潟

計11軒18回


二郎部門は昨年よりも軒数で4軒減、回数で1回減。その中で数少ない収穫は、4月に新潟に行って全店制覇のタイトルを防衛したことと歌舞伎町や西台の新店舗をクリアしたことか。


<派生店・インスパイア>

1回…立川マシマシ、ちばから

計2軒2回


こちらはたまたま近くに用事があった時についでに寄ったもの。実は他にもう2軒行った店があるのだが、ネットで事前に調べておいた営業時間とは実際には異なっていて結局食べられなかった。

総合計13軒20回

合計では昨年と同数の20回。

ところで来年は関西への出店が有るとか無いとか? 個人的には日本の北のほうよりは西のほうが、他の用事と絡められる可能性が高そうなので楽しみではある。

  
Posted by musashinonikki at 22:00Comments(0)TrackBack(0)二郎雑記

2016年12月28日

ラーメン二郎 千住大橋駅前店

城東方面へ出掛けたついでに千住へ。前回来たのが2012年1月なので、もう5年近く来てなかったわけか。木曜定休なのが個人的に来づらい要因である。

千住大橋駅前店営業時間


年内最終営業日ということもあってか、到着時には予想してた以上の30人くらいの並び。そのため並んでいる途中で、早くも店頭には準備中の札が掲げられた。

準備中


入口が近くなってきたところで一旦店に入り券売機へ。そういえばここは先に食券を買ってから並ぶんだったっけ? 以前は店頭にあった「食券を買ってお待ち下さい。」という貼り紙が無くなっていたので忘れていた。

そのため並ぶ前に食券を買おうとして店に入って来た客に対して、事前に並んでなかったことを確認の上で「もう終わっちゃったんで」といちいち断る光景を何度も見た。

券売機


ところで券売機に掲げられたホワイトボードには「ラー油あります!!」の文字が。今年6月27日に来たメルマガで「本日より暫くの間ラー油あります!」と書いてあったのでてっきり一時的なものかと思っていたが、半年経った現在でもそのサービスは継続中であった。

ホイワトボード


今回は「小ラーメン」の食券を購入。

食券


結局並んでから55分ほどで着席。店員は三浦カズのユニフォーム姿の店主と男性助手の2名体制。BGMはTOKYO FM。

卓上


しばくすると店主からボソっと声が掛かったので、「ニンニクラー油」とコール。

小ラーメン

小ラーメン(700円) ニンニクラー油


ラー油はブタの上に。これは最初はスープに混ざらないようにとの配慮であろうか。

横から


まずはラー油の掛かってないゾーンから食べ始める。二郎一軟らかいのではと思える麺や、これもまた二郎一しょっぱいと思えるスープはともに健在。

麺


ブタは適度に脂身がのったバラ肉が2切れ入り。しばらく来ないうちに、いつの間にか部位が変わった?

ラー油は以前流行った「食べるラー油」みたいな感じの見た目で、辛さは控えめ。後半、ラー油をスープに混ぜながら食べると、通常の二郎とはまた違った味わいに。

ブタ


これで今年は二郎納め。

千住イーストビル1千住イーストビル2
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)TrackBack(0)ラーメン二郎

2016年12月19日

ラーメン二郎 小岩店

今日は用事で早朝からお出掛け。午前9時過ぎには用事が終わったので、開店時刻の早い小岩二郎へ行ってみることに。今年2月以来の訪問。

ラーメン二郎 小岩店営業時間


開店前の到着で、既に10数人の行列。そういえば開店前に二郎に並んだのは、ずいぶん久しぶりのような気がする。

並んでから20分ほどで店内へ。

券売機


今回は「小ラーメン」とともに、今年6月中旬に登場した「脂っKOIWA」と「煮玉子」の食券も合わせて購入。

食券


「脂っKOIWA」は毎日20食限定のため午前中で売り切れることが多いらしいので、今回みたいに早い時間帯に来ることが出来た時には頼んでおきたいところ。というか、これ目当てで今回早く来たわけだけど。ちなみに私のロットでは、6人中3人が頼んでいた。

ほどなく席が空いたのでカウンターへ。店員は店主とおばちゃんの2名体制。BGMはたぶんAMラジオ。卓上を見ると以前マルマガで告知のあった魚粉の他に、いつの間にかブラックペッパー(画像ではコップの陰に隠れてしまったが)も置かれるようになっていた。

卓上


また、カウンターにはメルモのメルガマ終了に伴い移行された新メルマガの案内も。

新メルマガのご案内


まずは「脂っKOIWA」が別椀で登場。メルマガによると「通常トッピングのアブラ(背脂)とは違い、チャーシュー用の豚に付いた脂を醤油ダレで味付けしており、肉の旨味も含んだ一品」だそうである。富士丸の別皿アブラみたいだけど、こっちは有料なだけあって量も多め。

脂っKOIWA


そしてしばらくすると店主から「ニンニクは?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

小ラーメン+煮玉子+脂っKOIWA


小ラーメン(700円)+煮玉子(100円)+脂っKOIWA(50円) ニンニク


ブタは崩れ気味のものが2切れ程度で、程よい食感と味わい。煮玉子は完熟手前の茹で加減で味付けは薄め。

煮玉子・ブタ・麺


ここで脂っKOIWAをとりあえずそのまま一口。思ってたよりもしょっぱくはないな。続いて麺を入れてセルフミニあぶらそばにしてみたり。これで以前はメニューに存在していた生玉子があれば、さらに食べ方のバリエーションが増えたのにな。

麺投入


この食べ方だけでは使い切れないので、最後は丼に投入。そして一緒に魚粉も投下。そういえば小岩で魚粉というと、7年前の夏に無料トッピングサービスをしたことがあったっけ。そのときはカレーか魚粉のサービスだったのでカレーを頼んだけど。

脂っKOIWAと魚粉投入


非乳化系スープと魚粉の相性はなかなか良かったので、さらにもう一振り追加して食べた。

貼り紙
  
Posted by musashinonikki at 14:59Comments(2)ラーメン二郎

2016年12月15日

ラーメン二郎 西台駅前店

10月30日に仮店舗へ移転した西台二郎にようやく初訪問。ところで移転した二郎は数あれど、仮店舗を構えた二郎はおそらく初めてじゃないかな?

ラーメン二郎 西台駅前店営業時間


ちなみに旧店舗のあった高架下は、現在このように工事中。

高架下


仮店舗は高島通り沿いに。

高島通り


到着時には店頭に11人待ち。

2列目案内12列目案内2


隣の写真屋の前を空けるために、小岩店のように行列は二段階に並ぶ方式。

1列目案内


そして店内での並び方の案内も貼られてて、それによると店内には4人まで並べるもよう。

店頭案内


並んでから20分ちょっとで店内へ。券売機は入って左側に。移転を機に券売機は新しいものになっていた。そして「ラーメン 小(麺350g)」と同価格の「ラーメン少なめ(麺280g)」と「ラーメン半分(麺180g)」というメニューが新登場。従来からある「ミニラーメン(麺160g)」と合わせて、ずいぶんとサイズが細分化されたな。また、以前は現金払いだったメニューも全て食券化。ところで「整理券」と書かれたボタンがあるが、いつか使う予定があるのだろうか?

券売機


今回は「ラーメン 小」を購入。食券は以前のプラ券から紙製に。

食券


店内で立ち待ちしてると、以前みたいに食券の色で判別出来ないため店主から「食券を読んで伝えてください」というふうに声が掛かった。そこで「小」と告げる。結局並んでから30分ほどで着席。店員は店主と、30代くらいの初めて見る女性の2名体制。BGMは低い音量でJAZZのようなものが流れていた。

客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに7+3=10席。仮店舗というとなんとなく安普請なイメージがあるが、旧店舗よりも狭くなったものの別にこのままずっとここで営業を続けてもいいような感じ。卓上には、醤油ダレ、2種の唐辛子、ホワイトペッパー、割り箸。水は券売機横の冷蔵庫の上に置かれた給水器からセルフで。以前よりも通路が狭いので、奥の席だと水を汲みに行くのが少々厄介。

卓上


ところで厨房内の壁を見ると、店頭の行列を映し出す液晶モニターが掛けられている。後で見てみたら、看板の脇にカメラが設置してあった。

監視カメラ


しばらくすると店主から「ニンニクは?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

ラーメン 小

ラーメン 小(700円) ニンニク


横から


麺やスープは移転前と特に印象は変わらず。ブタは部位の混ざったものが4切れ入りで、肉らしい程よい歯ごたえを残したものであった。

麺とブタ


移転前の「小ラーメン」は麺量が320gという表記だったのが移転後は350gになってたのでちょっと身構えていたのだが、結果的には難無く食べ切れる量であった。

外観遠景
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(2)TrackBack(0)ラーメン二郎