2005年08月03日

麺屋 小次郎

麺屋小次郎


今日は用事でちょこっと関内へ。

関内駅


当然二郎にも寄りたいところだったが、今日はあいにく定休日だ。それ以前に15時を過ぎてたので、どっちみち営業時間外だったが。そこで和田町の久保商店に行くという手も考えたが、夜の部開店まで時間が有りすぎる。ということで帰りに東横線を元住吉で途中下車して麺屋小次郎へ。ここは確か中休み無し通しの営業だったはず。

元住吉駅1元住吉駅2


元住吉駅から徒歩2分ほど、16時過ぎに到着すると無事に営業中。店頭には前回は無かった花輪が。開店から数ヶ月経ってると思うが、何故に今頃? 贈り主を見ると「家系 松島家」と書いてあるので、ここは家系ラーメンと何らかの関係があるのだろうか。ちなみに松島家を検索してみたが、全然情報が無かった。一体どこにある店なのだろう。

花輪


半端な時間帯のため、店内には先客1名のみ。今回は「つけ麺」の食券を購入。メニューは前回来た時とは特に変化は無いようだ。「チャーハン」と「冷酒」も前回同様売切表示。

そして今回は忘れずにグルメWalkerのトッピングクーポンを提出。これは100円のトッピングに有効とのことなので、「味付玉子」、「野菜」、「のり」、「メンマ」の4種の中から味付玉子をチョイスする。さらに18時までのランチタイムサービスのライスと麺の大盛も一緒に頼む。これで普通に注文したら350円分がタダになった(^^;)。

ランチタイムサービス


店員は前回同様1名のみ。BGMはテレビから「GTO」の再放送。しばらくすると麺の皿が登場。続いてつけダレとライスが登場した。つけ麺だと「ニンニク入れますか?」とは訊かれないようだ。

つけ麺大盛+味付玉子+ライス

つけ麺(700円)+大盛(ランチタイムサービス)+味付玉子(クーポン券)+ライス(ランチタイムサービス)


つけダレの中には海苔1枚、チャーシュー1枚、メンマ、刻みネギ、ナルト。そしてオプションの味玉。麺の皿には野菜。つけダレはベースは豚骨のようだが、魚介系っぽい風味も感じられた。そして甘みと酸味も。ここの豚骨醤油ラーメンは家系と二郎をミックスしたような感じだったが、つけ麺に関してはどちらかというと大勝軒インスパイアな印象だ。ナルトも入っていたし。

つけ麺のおすすめの食べ方


チャーシューはラーメンの時と同様あまり味がついてなかった。これは出す前に湯煎をしているのが原因? 野菜は茹でたもやし、キャベツ、ニンジン一切れ。量は申し訳程度。

麺は中太でおそらくラーメンに使われているものと同じ。量は大盛でも250〜270gくらいか。特盛にしてもよかったかな。ライスには前回は高菜が添えられていたが、今回はタクアンが一切れ入っていた。

最後にスープ割りを頼む。すると徳利のような容器でスープが出て来た。はじめにスープだけをレンゲに入れて飲んでみると、ライトな豚骨スープだ。しかしこの徳利が熱〜い! 蕎麦湯の容器みたいに取っ手付きにしてほしかった…。

スープ割り

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/29564025