2006年11月16日

ラーメン二郎 環七一之江店

ラーメン二郎環七一之江店


生玉子を始めたとの情報があったので一之江へ。これは是非とも汁なしとともに味わいたい。到着時には待ちは無く空席が2つほど。その後は数人の行列が出来てたのでタイミングが良かったようだ。まずは券売機をチェック。すると情報通り「生たまご 現金50円」という貼り紙が。

券売機


前回、汁なしだと「小」で物足りなかったので「大」にしようかと思ったが、さほど空腹感が無かったので今回もオレンジ色の食券を購入。そして食券提出時に150円を添えてブタと生たまごを頼む。店員は店主とビゲを生やした助手の2名体制。

まずは先に生たまごが殻のまま器に入って登場。神保町と同じスタイルだ。これだとスキヤキ二郎とか色々な使い方が出来るのがいいね。ちなみに器にはカワイイ柄が。もしかして子供用の取り分け皿の流用だろうか。

生たまご1


玉子の殻を割って出来上がりを待つ。

生たまご2


しばらくすると助手から「ニンニクは入れますか?」と声が掛かった。そこで「野菜ニンニクアブラ」とコール。

汁なしラーメン+ブタ入+生たまご

汁なしラーメン(550円)+ブタ入(100円)+生たまご(50円) 野菜ニンニクアブラ


汁なしラーメン+ブタ入


まずは玉子を入れずに食べ始める。今回はカラメコールをしなかったのでしょっぱさは少し控えめかな。ブタは5切れほど。スープに浸すことが出来ないので、ややモサモサした食感。

半分ほど食べたところで生玉子を投入。

玉子投入


やはり汁なしに生玉子は合うな〜。そして唐辛子も多めに投入。これが甘みと辛みでいいアクセントになる。ただ、白身でタレが薄まる感じだったので、個人的には汁なしにはカラメ推奨かな。もしくは卵黄だけを投入するとか。

卓上に醤油ダレを置いてくれるとありがたいんだけど。さらに欲を言えばブラックペッパー、ラー油、酢とかも。まぁ、この値段でやってるんだからあまり贅沢は言えないけどね〜。

…って、似たようなこと陸の記事でも書いたような?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/50785886