2007年04月24日

亀戸ぎょうざ 両国支店

亀戸ぎょうざ 両国支店


亀戸餃子の両国支店に行ってみた。ちなみに支店は両国の他にも大島、錦糸町に有るらしい。

カウンターに着席してまずはメニューを確認。ここは本店とは違って麺類やらチャーハンやらも有り、大衆中華料理屋的なメニュー構成である。

メニュー1メニュー2


すぐに注文を訊かれたので、ぎょうざとライスとスープと応える。すると「10個ライス〜」と厨房に通していた。後で背中側に貼ってあった短冊を見ると、「サービス品 ぎょうざ10コ ライス 700円」というメニューが。自動的にこのメニューに変換してくれたようである。明らかに初心者と思われたのだろう。

店員は男性3名、おばちゃん1名の4名体制。客席は厨房に面したカウンターに10席ほどと、小上がりに4人掛け程度のテーブルが5卓ほど。ちょうど昼食どきということでほぼ満席。卓上調味料は、醤油、酢、ラー油、胡椒、それと透明な液体に何かを刻んだものが浮かぶ謎の調味料。他に割り箸、爪楊枝、水差しなど。

卓上


まずは辛子の入った小皿ともやし炒めが登場。続いてライスが登場した。隣のじいさんはまだ餃子が出てないにもかかわらず、この時点で食べ初めていた。

程なく餃子とスープも登場。ちなみに餃子は5個ずつ2皿に分けて出て来た。

ぎょうざ10コライス

ぎょうざ10コ ライス(700円)


餃子は小ぶりで野菜の入った、基本的に本店と同じ感じのもの。ライスやスープとともに食べることが出来るので、ランチタイムにはこちらのほうが重宝である。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/50933892