2007年11月30日

とんかつ のあ吉

のあ吉


現在はとんかつ屋となった「のあ吉」で、1日限りながらラーメンが復活するというので行ってみた。

貼り紙


到着時には階段の1階と2階の途中くらいの位置までの行列。その後2階のステーキ屋からクレームが来たらしく、3階から4階方向へ並び直す形に。ただし3階から上の階段にはダンボールやら鍋やらが無造作に置かれていてちょっと並びづらかった。今後ラーメンを提供する日には、何らかの行列対策が必要であろう。

階段1階段2


結局並んでから1時間ちょっと掛かってようやく店内へ。店員はマスターと助手役の女性の2名体制。BGMは無く、大型テレビからミュージックビデオが無音で流れていた。

卓上には食べ放題のキムチ、自家製っぽいラー油、ブラックペッパー、割り箸、爪楊枝、キムチ用の小皿が。

卓上


まずはキムチを皿に取り、出来上がるまでつまむ。ちなみに今日はコーヒーやお茶のセルフサービスは無く、給湯器からは水しか出ない設定になっていた。

キムチ


メニューは原則的に1種類なので、特に何も注文する必要は無い。ただし「つけ麺は出来ますか?」と訊いた客に、「鶏スープなら出来ます」とマスターが応えたりしていた。

出来上がるまで厨房を観察。麺茹でを見てると、平ザルとトングを使っての麺あげ。しばらくすると出来上がった。しかし全部注文品が同じなのでどの客が先か判らなくなり、マスターがマゴマゴしてる姿も。

鶏ラーメン

鶏ラーメン(チャーシューバージョン 塩味)(900円)


渋谷時代と同じ巨大な丼だ。具はチャーシュー、メンマ、刻みネギ、大判の海苔2枚。まずはスープからといきたいところだが、渋谷時代同様レンゲが無いので麺から。

麺


麺はやや中太くらいで若干軟らかめの食感。スープがドロドロに濃厚で、麺への絡みがとにかくスゴイ! このスープはラーメンというよりは、まるでクリームシチューのようであった。さすが「鶏白湯スープの十数倍の濃度」と謳うだけのことはある。

続いてチャーシューを。以前のバナナみたいな細長い形状のものとは違って、今日のチャーシューは角煮みたいな形状のものがゴロゴロ。脂身部分が少なく少しパサつく感じだったが、相変わらずそのボリュームには圧倒された。

チャーシュー


せっかくのスープなので全部飲み干したら想像以上にヘヴィであった。食後に会計。値段に関してどこにも記載が見当たらなかったので、たぶんとんかつと同じ1000円だと思って千円札を出したら100円お釣りが返ってきた。

通常メニューDrink Menu

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51154702
この記事へのトラックバック
訪問日:2007年11月30日(金) 本日は、本日1日だけ復活した塩ラーメン店のレポート! かつて渋谷にあった塩ラーメンの店「のあ」は惜しまれながらも閉店… しかし、神保町に移転して、今度は、とんかつ屋「のあ吉
のあ吉【ラーメン 一期一会】at 2007年12月07日 23:26
ブログ界にあふれるラーメンブログとラーメン記事の中から気になったり面白かったものをピックアップしてお届けする本日のメモ。 えー、またしても間が空いてしまいましたが、またしても遠隔地に行っておりました(^^ゞ ということで、11月29日と30日付けの分の本日のメモで...
07年12月10日付 本日のメモ【ラーメン大好き小○さん (1ヶ月で100軒制覇に挑戦したブログ!!)】at 2007年12月11日 15:49