2009年08月27日

凛 蒲田店

凛


蒲田の凛へ、昨年9月以来2度目の訪問。到着時には先客無し。後客も1名のみ。相変わらず空いているようだ。まずは食券を。現在のラインナップは以下の通り。

醤油800円、塩900円、みそ900円、ポン酢900円、あげねぎ900円、つけ(あつもり)900円、カレー小鉢200円、煮卵100円、煮豚増し200円

今回は最近登場したらしい「つけ」と「カレー小鉢」の2品の食券を購入。つけは「塩・正油 選べます」と書いてあったので、店員に「塩で」と告げる。するとつけとカレーの組み合わせでいいのか確認された。

たしかに券売機のカレー小鉢のボタンには、「醤油ラーメンとセットでどうぞ」と書かれていたしな。でもここは敢えてこの組み合わせでお願いする。次回来た時に両者ともメニューに残ってるとは限らないし。

しばらくすると、先にカレー小鉢が登場。カレーは具無しでルーのみ。

カレー小鉢


それから2分ほどで、つけダレと麺の丼が同時に登場した。つけだとニンニクの有無の確認は無し。

つけダレ麺と豚


つけ(あつもり)塩+カレー小鉢

つけ(あつもり) 塩(900円)+カレー小鉢(200円)


つけダレの中には、粗刻みの玉ねぎ、サイコロ状に刻まれたメンマ、同じくサイコロ状のブタ、ごく少量のもやし入り。そして背脂がゴロゴロ。

凛の塩(太麺)は大崎でしか食べたことがないが、そのスープを若干濃くしただけという感じで特に酸味等は加えてないもよう。

麺の丼の中にはブタ2切れとスープ入り。「のすた」のつけ麺にはスープが並々と入っていたが、こちらは麺がくっつかない程度のわずかなスープの量であった。

さて、続いてカレーへ。どうやって食べようかと考えたが、結局つけダレと交互に麺をつけて食べることにした。

カレー


この食べ方以外にも麺に直接カレーを掛けて汁なし風に食べるという手も考えたが、それだとつけダレが余っちゃうしなぁ。

最後にカレーの中につけダレをちょっとだけ投入してみた。するとかなりしょっぱい味に。やはりつけダレとカレーはそれぞれ単体で味わうのが正解であろう。

営業時間

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51555788
この記事へのトラックバック
週に一度の お楽しみ
元・二郎チェリーの詩(うた)??凛 蒲田店【PoweredTEXT】at 2010年06月27日 16:12
以前から気にはなっていた カレー小鉢、とな?
元・二郎チェリーの詩(うた)??凛 蒲田店【PoweredTEXT】at 2010年07月31日 21:35
夏限定だってさ
元・二郎チェリーの詩(うた)??凛 蒲田店 #ramen【PoweredTEXT】at 2010年08月28日 09:50
半月振りの ラーメンタイム
元・二郎チェリーの詩(うた)??凛 蒲田店 #ramen【PoweredTEXT】at 2010年09月23日 17:28
2010年12月ながらも まだ価格が改定される前のお話
元・二郎チェリーの詩(うた)??凛 蒲田店(価格改定前) #ramen #kamata【PoweredTEXT】at 2010年12月14日 12:35
この記事へのコメント
はじめまして
栃木街道店っていつ行ったんですか?
20日ですかね〜
自分もカネシカー写真撮ったもんで
Posted by 葛飾人 at 2009年09月03日 12:34
いらっしゃいませ。
栃木に行ったのは20日です。ということはお近くにいたのでしょうね。
Posted by むさし at 2009年09月03日 18:07
やっぱりそうでしたか
カネシカーの後ろに写ってるスーツの若僧が自分です(〇´∀`〇)笑

2年前くらいから参考にさせてもらってます
もう顔覚えたんで今度あったら声かけます
Posted by 葛飾区人 at 2009年09月04日 23:07
列の先頭のほうにいらっしゃったんですね。
どこかでお会いしたらよろしくどうぞ。
Posted by むさし at 2009年09月05日 20:22