2009年12月04日

千里眼

千里眼


11月1日にオープンした「千里眼」へ。池ノ上駅から歩いて8分ほどで到着。試しに帰りは駒場東大前駅まで歩いたら9分ほどで着いた。一応最寄り駅は小田急線の東北沢駅のようである。

券売機は入って右側に。今回は「ラーメン」と「味玉」の食券を購入。

券売機


客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに12番まで番号が振られていたが、実際にはL字の短辺には椅子が無くて10席にしているようであった。

店員は男性2名。BGMはラジオ。卓上には、ブラックペッパー、唐辛子、2種の箸、爪楊枝など。水はタンクからセルフで。レンゲは無し。

卓上


しばらくすると「10番のラーメン味玉のお客様、ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「ニンニク辛揚げ」とコールする。

無料トッピング


ラーメン+味玉

ラーメン(680円)+味玉(100円) ニンニク辛揚げ


横から


ノーコールながら、野菜の盛りはまずまず。最近はインスパイア系のほうが野菜の盛りがいい店が増えたので、ヘタに野菜増しにしないほうが無難な気がしてきた。量的には食べられても、味のバランスが崩れることもあるし。

では麺を。いかにも開化楼らしいグミグミとした食感の太麺。量は200〜250gくらいか?

麺


具はブタ、野菜、ニンニク、辛揚げ。野菜はもやし8:2キャベツぐらいの比率で、シャキシャキとした茹で加減。野菜の上にはタレも掛けられてあった。

辛揚げは辛味を付けた揚げ玉で、適度なアクセントに。それほど辛くは無かったので、余程辛いものが苦手な人以外は頼んだほうがいいかも。

ブタは厚切りのものが1切れとカケラが少々。脂身は無いもののホロリとした食感。

ブタ


オプションの味玉は程よい半熟具合。

味玉


スープは濃厚な乳化タイプ。この手のスープの店が好きな人にはおすすめ出来るのではないだろうか。

営業時間

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51596315
この記事へのコメント
赤縁に黒抜き字体の看板って目立たないですよね。
遠くから見ると分かりづらいと思う。
Posted by THE AU at 2009年12月07日 12:44
看板といえば、用心棒も配色こそ違えど似たような感じですね。

http://image.blog.livedoor.jp/musashinonikki/imgs/6/4/647fb72b.jpg

メニュー構成等も似てるので、やはり関連店なのでしょうか?
Posted by むさし at 2009年12月07日 18:29
席番とか用心棒と同じシステムですね。
調味料の容器や張り紙の字体も用心棒と同じですし・・・
なぜ用心棒を名乗らなかったかが気になりますね。

味は用心棒に似てましたか?
Posted by THE AU at 2009年12月07日 18:42
調味料の容器にまでは気づきませんでしたが、用心棒の画像を見返してみたらたしかに同じですね。

味については用心棒のほうは半年以上前に食べたきりなので、正直なところよく覚えていません。
Posted by むさし at 2009年12月07日 21:13