2011年02月18日

ラーメン富士丸 板橋南町店

富士丸板橋南町店で何やら面白そうなメニューが始まったらしいので行ってみた。気がつけばここに来るのは4年ぶり。というわけで店前の歩道が拡張されてからは初訪問である。

歩道


行列は無くすんなり店内へ。

ラーメン富士丸 板橋南町店


券売機脇には以下の貼り紙が。新メニューには専用の食券はなくて、「ラーメン」と「生玉子」の券を買って申告するシステムのようだ。

貼り紙


そこでその2枚の食券を購入。

券売機


さらに「ネギ」というメニューも始まってたので、「ゆで玉子」の食券も合わせて購入する。そして「火山」、「ネギ」と店員に伝える。

食券


なお、現在は麺少なめで頼むと生玉子がサービスになるらしいので、麺少なめで生玉子を貰おうかと考えたが、よく見ると火山には元々生玉子が付いて来るようだ。そこでノーマルサイズで食べてみることに。まぁ、食べられない量じゃないだろう。

いったん席に着いたあとで、水、レンゲ、おしぼりを準備。現在は富士丸全店でレンゲが置かれるようになったようでありがたい。特に今回のメニューでは、レンゲは必須だと思われる。

水・レンゲ・おしぼり


しばらくすると卓上にカセットコンロが登場。事前に何も情報が無かったら、一体これから何が始まるのだろうとうろたえたかもしれない。

コンロ


続いて「ネギ」が登場。これは長ネギにブタのカケラを載せてラー油を掛けたもの。西新井の「辛ネギ」とほぼ同じか。あちらは130円だったので、70円はリーズナブルだ。

ネギ


今度は辛味ダレと生玉子が登場。これは「火山」の付属品だ。ちなみに辛味に入っている固形物は背脂かと思ったら長ネギだった。

辛味ダレと生玉子


そして忘れないうちに「しょうがだれ」も先に注文しておく。

しょうがだれ


さて、今度は鍋に入ったスープが登場。「最初は強火で沸騰させて、あとで中火にしてください。生玉子は鍋の中に」というふうにレクチャーを受ける。スープの中には鷹の爪などが浮かんでいるようだ。

鍋


ここでようやく「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「ニンニクアブラ」とコールすると丼が登場。丼には茹であげたままの麺、野菜、ブタ、ニンニク入りでスープは無し。またアブラは麺の上のみで別皿は無し。

麺と具の丼


これで一式揃って卓上はとても賑やかに。ここにおつまみ付きのビールや生ニンニクとか頼んでたら、置く場所が無くなるんじゃないか。

火山+ネギ

火山(800円)+ネギ(70円) ニンニクアブラしょうがだれ


さて、どうやって食べようか。特に店員からの食べ方のレクチャーも無いし。そこでまずは麺を生玉子の入っていた小皿に取って、スープと辛味ダレを掛けて食べる。辛味ダレは最近流行りの「食べるラー油」っぽい感じ。激辛ではないがそこそこの辛さ。

食べ方1


次には麺を鍋に投入してつけ麺風で。

食べ方2


さらに麺に卓上の醤油ダレや辛味ダレを掛けて汁なし風に。

食べ方3


そのほかにも今回やらなかったけど、丼にスープを全部ぶちまけて普通のラーメンのように食べてもよさそうだ。スープがずっと熱々なのと辛さとで、真冬ながら大汗かいた。これは夏場には絶対食えないな。たぶん冬季限定メニューになるんじゃなかろうか。

いろいろな食べ方を楽しめそうな、なかなかカオスな麺料理であった。次回はまた違った食べ方を試してみたいところ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51735675
この記事へのコメント
火山は同時6食まで対応可能とマサミさんから聞いたのですが、ロット全て火山だとカウンター上がカオスですよねw
あと、これなら900円位とってもよさそうなのに、実質上乗せナシ(生玉子付いてきますんで)とは富士丸らしくないような気がw
Posted by 要っ子 at 2011年02月20日 17:02
今回のガスコンロメニューですが、画期的なアイデアですね。
混雑したお店だと食べるのためらいそうですが、客が少ない時間などで食べてみたい気がします。

Posted by at 2011年02月20日 17:53
要っ子さん

同時にたくさん注文が入ったらどうするのだろうと思ってましたが、6食まで対応出来るなら問題無さそうですね。ちなみに他に火山を注文してる客は誰もいませんでした。


龍さん

たしかに混んでると落ち着いて食べられないかもしれませんね。幸い行列も無かったので、ゆっくり食べることが出来ました。
Posted by むさし at 2011年02月21日 19:13
すごく勉強になります!
本日部活の面々と火山入門して参ります。
Posted by げーくし at 2011年09月22日 15:54
「火山」はいろいろな食べ方が出来ますので、そのへんを楽しんでください。
Posted by むさし at 2011年09月22日 19:00