2011年08月18日

千里眼

営業時間


昨年ほどではないが暑い日々が続く。こんな時にはとても熱いラーメンなんぞは食う気にはならん。ということで最近冷やし中華を始めたという千里眼へ行ってみた。

冷やし中華はじめました


到着時には店外に6名の並び。店内にも並んでいるようなので合計10人以上並んでいるかもしれない。思ってた以上の行列にちょっと気分は萎える。ただし店舗は北側を向いているので、直射日光が当たらないのは助かった。それでもちょっとクラクラしたけど。

並び方


しばらくすると列が進んで店内へ。では食券を。今回は当然「冷やし中華」で。冷やし系はラーメンより値段が高い店が多いが、ここはラーメンと同価格なんだね。

券売機


この後さらに店内で待機。この時点で食券の確認有り。さらに麺の量も訊かれたので普通でお願いする。店員は男性3名。BGMはJ-WAVE。ほどなく席が空いたのでカウンターへ。ここまで並んでから30分近くかかったかな。

前回訪問時はL字型カウンターの短辺側は未使用であったが、今回はそちらも使って全12席に。また、給水タンクの隣にレンゲも置かれるようになっていた。

レンゲ


そして卓上の調味料には酢も登場。

卓上


さて、出来上がった。トッピングは「ニンニク辛揚げ」でお願いする。

無料トッピング等


ちなみに冷やし中華はラーメンと同じトッピングが可能なようだが、「アブラ」は果たして冷やしに合うのだろうか?

冷やし中華

冷やし中華(680円) ニンニク辛揚げ


一般的な冷やし中華とは全く違うガッツリ系なそのビジュアル。丼は冷蔵庫で冷やしてあってひんやり。

横から


まずは麺を。浅草開化楼製の麺は、冷やされてさらにボキボキとした食感に。

麺


スープは無く、少ししょっぱめなドレッシングのようなタレに絡めながら食べる。冷やし中華にありがちな甘酸っぱさは無し。

具は大根、きゅうり、人参、水菜、紫キャベツなどの生野菜、プチトマト1個、ニンニク、辛揚げ、そしてチャーシューは豚ではなくて鶏肉が2切れ。

鶏


食べる前はこの手のラーメンにニンニクが合うのか微妙な気がしてたが、実際に食べてみると意外と違和感は無かった。アブラも案外相性が良かったりして?

twitter等


千里眼


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51779502