2011年08月24日

ラーメン荘 その先にあるもの

ラーメン荘 その先にあるもの


限定でつけ麺を始めたという情報があったので「その先にあるもの」へ。富士丸系のつけ麺というのは珍しいので、是非とも食べてみたいところ。

「たま館」に到着すると、他の3店は空席多数ながら「その先」だけには2名の並びが。やっぱ一番人気なんだな。「鏡花」なんて客が一人もいなかったのに。

らーめん たま館


では食券を。つけ麺は「限定」と書かれたボタンで。これは同じく限定販売の「あえ麺」との共用となっていた。

券売機


結局1人脱落して1人待ちに。5分ほどで着席。

箸・レンゲ・コップ・おしぼり


そして食券提出時に「つけ麺で」と告げる。店員は男性2名で、今日は店主の姿は無し。壁には店舗公式サイトの案内が。

ホームページ


さて、出来上がった。店員から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。さらに「つけ麺でアブラ別皿は出来ますか?」と訊いてみたところ、「出来ますよ」とのことだったのでアブラもお願いする。

事前情報でつけ麺でアブラコールをすると、つけダレにアブラを直接入れられてしまうというのがあったので確認した次第である。

まずはつけダレと別皿アブラが。

つけダレアブラ


続いて麺の丼が登場。

麺の丼


つけめん

つけ麺(800円) ニンニクアブラ


丼を見ると麺が山盛りに。一瞬これは多そうだなと思ったが、よく見ると麺の下に野菜が敷かれてるのでそれほどの量では無さそうである。

野菜


具はつけダレの中には何も無く、麺の丼にブタと野菜。あれ? ニンニクが無いよ? どうやらトッピングコールの時にゴチャゴチャ言ったので、忘れられたのかもしれない。そこで追加でお願いする。

ニンニク


ではつけダレに麺を投入。つけダレは豆板醤が効いてピリっとした味わいの味噌ベース。以前通販で食べたつけ麺と同傾向。そんなに辛くは無いので、辛いものが苦手な人でも大丈夫なレベルだろう。

つけダレと麺


ブタは2切れ入り。画像左側のほうは、ほぼ脂身のみであった。

ブタ


途中で持参したブラックペッパーを麺の上から投下。

ブラックペッパー投下


また、別皿アブラも麺に絡めて、「セルフ冷やしあぶらそば」にして食べる。やはり富士丸系には別皿アブラは必須だ。

アブラ投入


残り1ヶ月ちょっととなった営業日数。今回が最後の訪問になるかもしれないな。施設内では一番人気なのに勿体無いところ。

貼り紙


お取り寄せラーメン

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51780815