2011年09月20日

ラーメン もみじ屋

ラーメン もみじ屋


今日はもみじ屋へ。わりと近場ながらなんとなく機会を失して、約1年ぶりの訪問となった。後で気付いたけど、今日でちょうど開店1周年なんだな。

それでは食券を。

券売機


今回は最近登場したという「汁なしラーメン」と「生卵」の2枚を購入しカウンターへ。卓上には昨年は無かった醤油ダレとラー油が置かれるようになっていた。

卓上


店員は店主と男性助手の2名体制。BGMはJ-ROCK。まずは小皿に入った生卵が登場。

生卵


しばらくすると店主から「ニンニク入れますか?」と声が掛かったので、「ニンニクアブラ」とコール。すると先に別皿アブラが。

アブラ


続いて汁なしラーメンが登場。

汁なしラーメン+生卵

汁なしラーメン(700円)+生卵(50円) ニンニクアブラ


汁なしはスープが少ないこと以外はラーメンと同じ構成。言うなれば一之江スタイルである。ではさっそく麺をタレに絡めつつ引きずりだす。富士丸譲りの不揃いな麺ながら、あのボキボキした食感ではなくてモッチリとした味わい。

麺


ブタは1切れ+カケラが2切れ。

ブタ


半分ほど食べたところで、レンゲを使って卵黄のみを投入。

卵黄投入


そして醤油ダレとラー油も適宜投入して食べ進む。欲を言えば、さらに唐辛子とブラックペッパーも有ればなと思った。このへんは調味料の豊富な富士丸を踏襲してほしいところである。あと、ビール(おつまみ付き)もね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51786664
この記事へのコメント
おお!汁なしがメニューになったのですね。
これは食べに行かねば!

>あと、ビール(おつまみ付き)もね。
ですね。ビールがあれば更にいいのですが。
Posted by 硝子の心臓 at 2011年09月21日 00:12
汁なしは数ヶ月前に始めたみたいですね。もうすぐ「その先にあるもの」が撤退してしまうので、東京西部の富士丸系としては貴重な存在です。

客単価を上げる上でもビールは有効だと思うんですけどね〜。どうせそんなに混んでないんだし。



Posted by むさし at 2011年09月21日 18:22