2011年10月18日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2


半年ぶりに野猿へ。店頭には10月23日オープン予定の仙台店のポスターが。仙台へは当分行けそうにないなぁ…

仙台店ポスター


並びは無くすぐに店内へ。今回も「プチ二郎」の食券を購入。移転初日に「小ラーメン」を食べたのを最後に、ここでノーマル量のラーメンは頼んでないや。

空席があったのですぐに着席。そして食券とともに150円を差し出して、「超にんにくじゃん」と「きまぐれたまご」も注文する。

貼り紙


店員は店主と助手2名の3名体制。麺あげは黒縁メガネを掛けた助手が担当していた。

まずは先にきまぐれたまごが登場。

きまぐれたまご


しばらくすると店主から「プチの方?」と声が掛かった。そこで「ニンニク」で。

プチ二郎+超にんにくじゃん横から


プチ二郎+超にんにくじゃん+きまぐれたまご

プチ二郎(650円)+超にんにくじゃん(50円)+きまぐれたまご(100円) ニンニク


トッピングの超にんにくじゃんは野菜の上に。野菜をある程度食べないと麺に到達しないので、給水器上に置いてあった「甘ッタレェ」(だったかな?)というタレを野菜に掛けて食べ進める。

そして麺が出て来たところで、超にんにくじゃんと絡める。

麺


超にんにくじゃんは、刻んだニンニクとニンニクの芽にコチュジャンを和えたものかな? なんとなく韓国風なテイスト。思ってたほど辛くは無かったが、汗がダラダラと噴き出した。

ブタは以前よりも薄切りだったが、そのぶん3切れ入っていた。薄切りの2枚は歯ごたえがあったが、ブロック状のものは適度な脂身もあってトロトロ。

ブタ


きまぐれたまごは鷹の爪と生姜(?)が入った液体に浸かっての登場。何らかの香辛料の風味がしたが、超にんにくじゃんを食べた後だったので、あまり味がわからなかったな。

きまぐれたまご


プチと言えども野猿はやっぱ重いな〜。途中で一瞬箸が止まりそうになったよ。もうここで「小ラーメン」を食べ切るのは無理かも?

ホワイトボード野猿ツイッター

この記事へのトラックバックURL