2011年11月30日

ラーメン燈郎

ラーメン燈郎


今年7月1日にオープンした「燈郎」という店へ。ここはすぐ近くにある「麺屋 一燈」というラーメン屋のセカンドブランドとのこと。そちらで出していた限定ラーメン「燈郎」が好評だったため、新たに店を立ち上げたという流れのようだ。

場所は新小岩駅そばの平和橋通り沿い。店のすぐ前にバス停があるので一瞬行列してるように見えたが、それはバス待ちの列でラーメン屋には行列は無し。

では店内へ。券売機は入って右側に。メニューは基本的に「らーめん」と「つけめん」の2本立て。そして「汁なし油そば」には近日発売予定と書かれていた。

券売機


ちなみに麺の量は以下の通りの5段階。らーめん大盛を頼んでいる客の丼を見たら、洗面器みたいなデカい丼で提供されていた。

麺量等


今回は基本の「らーめん」と、一番人気と書かれた「牛ステーキ」の2枚を購入。実はこの店に来た最大の目的は、このステーキのトッピング。ラーメンにビフテキという組み合わせは、はたして如何なものであろうか?

席に着き食券を提出。するとすぐにニンニクの有無と野菜の量について訊かれたので、ニンニク入りで野菜は普通の量でお願いする。店員は男性3名。BGMはJ-POP。客席は厨房に面したL字型のカウンターに10席ほど。

卓上には、醤油ダレ、唐辛子、ブラックペッパー、ラー油、酢、箸、紙ナプキン、レンゲ、爪楊枝、女性用髪結いなど。水は店員から供されるが、お代わりは給水器からセルフで。

卓上


そして1段高い場所には割りスープ入りのポットも。

スープ割り


また、箸立てにはメルマガの案内が。

メルマガ


その他にも燈郎の食べ方などのインフォメーションが書かれたミニファイルも置いてあって、なかなか至れり尽くせり。

とか眺めてるうちに出来上がった。

らーめん+牛ステーキ

らーめん(750円)+牛ステーキ(300円) ニンニク


横から


おー、たしかにラーメンの上にビフテキが!

牛ステーキ


それでは麺から。自家製という平太の麺は、うどんのような食感。形状こそ違うが、なんとなく辰屋の麺に似てるような気がした。

麺


スープは粘度が強く、なかなか濃厚。750円とやや高めな価格だが、それなりにコストが掛かっていると思われる。ただ単に二郎ブームに乗っただけの店とは、一線を画す出来映えである。もっとも二郎とはちょっと方向性の違うスープではあるが。

スープ


具は豚、野菜、青ネギ、ニンニク。そしてオプションの牛ステーキ。豚は厚切りではないが、程良い味わいものが1切れ入り。

豚


そして注目のステーキだが塩コショウがちょっと効き過ぎていて、ラーメンとはイマイチ合ってないような気がした。これなら単体でビールとともにでも味わったほうが良いような。

最後にレンゲ1杯分程度の割りスープを入れてみた。こちらはあっさりとした魚介風味で、つけめんだけではなくてラーメンの味変としても推奨しているもよう。

帰りに母体の「麺屋 一燈」を見に行ってみると、半端な時間帯のわりには10人近くの行列が出来ていた。なかなか人気店なんだな。

さらにはついでに近くの「むねや」も見に行ってみた。

むねや


現在は土日は昼間も営業してるみたいである。ところで定休日は無いのか?

営業時間


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51801187