2012年02月16日

ら〜麺処 MAZERU 代々木店

昨年8月16日にオープンしたという、まぜそば専門店「MAZERU」の代々木店へ。こちらは秋葉原に続く2号店となるようだ。

代々木というと、過去に二郎代々木店、一代、諭吉、あ〜べ〜めんと、全て短期間で閉店してしまったという二郎系受難の地である。さて今度はどうか?

店舗のあるビルの前に置かれた立て看板には、麺大盛り無料券付きのチラシが。

立て看板


そこでさっそくチラシを持参。

麺大盛り無料券チラシ


店は代々木駅前ビルの地下1階という立地。

代々木駅前ビル


ちなみにビルの裏側からも入ることが出来る。このへんは秋葉原の店と似たような構造だ。

裏側


では階段を降りて地下へ。

階段


店舗の入口は非常に簡素。

入口


券売機は無くそのままカウンターへ着席。メニューは壁に。まぜそば専門店ながら、夜限定でラーメン(しょうゆ)もやってるんだな。


メニュー


秋葉原では「塩」を食べたので、今回はまぜそばの「醤油」を無料券を使って大盛りでオーダー。そしてトッピングは、ニンニクアブラ焦がし玉ねぎでお願いする。

店員は男性1名。BGMはヘヴィメタっぽい音楽。客席は厨房に面したカウンターに4席と、そちらに背を向ける形のカウンターに5席の計9席。

卓上には、塩ダレ、唐辛子、醤油ダレ、ブラックペッパー、割り箸、ボックスティッシュなど。水は給水器からセルフで。ブラックペッパーは中身がほとんど空だった…

卓上


7分ほどで出来上がった。

まぜそば(醤油)+麺大盛り

まぜそば(醤油)(700円)+麺大盛り(無料券) ニンニクアブラ焦がし玉ねぎ


具はブタ、野菜、卵黄、ニンニク、焦がし玉ねぎ。ネギが入ることによって、関内の汁なしにより近付いた構成である。

それでは麺から。麺は硬めの食感で、しいていうと526系に近いような印象。店内には秋葉原と同じく、三河屋製麺の麺箱が置かれていた。量は大盛りで300gほどか?

麺


途中で卓上の塩ダレを試しに投入。するとほのかに海産物系の風味が重なり面白い味わいに。店内に貼ってあった雑誌のコピーによると、塩ダレには昆布、ホタテ、海老などの乾物が使われているらしい。

ブタは1切れ入り。少し醤油の味が強かったが、ホロリとした程よい味わい。

肉


さすがに関内と比べちゃうとアレだが、都心部で実質大盛り無料で700円ならばまずまずのコストパフォーマンスであろうか。場所柄学生だと100円引きというサービスもあるようだし。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51815510
この記事へのコメント
二郎系受難の地といえば中央線なら中野もそうですね。
Posted by THE AU at 2012年02月21日 14:45
中央線中野というと「Kaeru」くらいしか思い浮かびませんが、他に二郎系がありましたっけ?
Posted by むさし at 2012年02月21日 19:14