2012年05月29日

らーめん陸(尾山台)

先日のリベンジのため尾山台を再訪。

尾山台駅


前回のこともあるので、ちょっとドキドキしながら店へと向かう。そして信号待ちの時に環八の向こう側を見ると、どうやら今日は営業してるようで一安心。

陸


ちなみに先日の臨休明けから当面昼のみの営業になったもよう。

営業時間


到着時には店内に6名待ち。しばし店外で待った後に食券を。

券売機


メニューは「黒烏龍茶」が有ること以外は世田谷区桜の本店と全く同じ。ただし価格こちらのほうが30円高いようだ。今回は一番左上の「味玉らーめん」の食券を購入。麺の量は以下の通り。

麺の量


回転は良く5分ほどで着席。食券を提出するとすぐにお好みを訊かれたので、「普通で」と応える。

貼り紙


店員はともに顎にちょびっと髭を生やした若い男性2名。BGMはTOKYO FM。客席は厨房に面した直線のカウンターに12席。そしてその背後には待ち席が4席。

卓上には、醤油ダレ、唐辛子、ホワイトペッパー、刻みニンニク、箸。一段高いところにレンゲ。水は給水器からセルフで。

卓上


ほどなく出来上がった。

味玉らーめん

味玉らーめん(780円)


野菜増しをしてないせいもあってか、盛りは控えめ。本店と同じくキャベツともやしが別々に載せられているが、もやしのほうが多めの比率。

横から


それでは麺から。縮れが強くプリプリとした食感。

麺


ブタはタイプの違うものが1切れずつ入っていて、味わいの違いを楽しめる。

ブタ


途中で卓上のニンニクを投入。セルフで好きな量を入れられるのも本店譲り。

ニンニク


スープはクリーミーでマイルドな味わい。この手のラーメンの中では飲みやすいタイプである。オプションの味玉はカツオっぽい風味が効いていた。

陸というと二郎を上品したラーメンとよく言われるが、こちらの店においてもそのテイストは充分継承されていた。新店ながら、なかなか完成度の高い一杯であった。

陸

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51836499