2012年06月14日

ラーメン凛 渋谷店

凛


昨年1月のオープン直後以来の訪問となる渋谷の凛へ。

外観


到着時には7〜8割ほどの客入り。カウンターは満席だったのでテーブル席に案内される。まずは卓上のメニューを。

メニュー


今回は期間限定のスープ無しにしてみよう。「しょうゆ」と「塩ラー油」の2種類あるが、しょうゆはなんとなく味の想像がつくので、ここはあえて塩ラー油を注文。そしてプルコッチも追加してみる。これでジャスト1000円お釣り無し。注文時に「ニンニク入れますか?」と訊かれたので、「入れてください」と応える。

ちなみにメニューに「追加生タマゴ」というのがあったので、生玉子は別途注文するのか確認したところ、これは標準で付いているところにさらに生玉子を追加したい人向けであるとのことであった。

BGMは基本的にJ-ROCK。ただし徳永英明の「わかれうた」とかも流れていた。卓上には前回訪問時には無かった醤油ダレが置かれるように。

卓上


また、店内を見渡すと、大井町の現店舗の隣に細麺専門店をオープンするとの案内が。現行は曜日によって麺を変えているのを2店舗に分離するわけか。

貼り紙


まずは先に生玉子が別丼で登場。

生タマゴ


ここから7分ほど経ってからスープ無しの丼が登場。

スープ無し 塩ラー油+プルコッチ


スープ無し◇塩ラー油+プルコッチ

スープ無し 塩ラー油(900円)+プルコッチ(韓国唐辛子)(100円) ニンニク


まずは麺を底から引きずり出す。平太でモッチリとした味わい。そして一見すると麺と区別がつきにくいが、細いメンマも入っていた。

麺


タレはその名の通り塩味でラー油入り。かなりしょっぱめ。そして背脂も多め。

タレ


ブタは大ぶりのものが1切れと、小ぶりなものが3切れほど。小ぶりなほうはホロっとした絶妙な食感だったが、大ぶりなほうは歯ごたえのあるみっしりとした食感。

ブタ


生玉子はレンゲで卵黄のみを丼に投入することも考えたが、別丼で提供されていることもありスキヤキ風にして食べる。その際に卓上の醤油ダレをちょっと垂らしてみたり。

スキヤキ風


オプションのプルコッチは細かく刻んだもので、見た目がなんとなく辛子高菜に似ていた。元々辛みのある塩ラー油が、これでさらにスパイシーに。そのため最後には汗が噴き出てきた。

営業時間


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51839261