2012年06月28日

らーめん ぽっぽっ屋 日本橋店

出掛けたついでに、目的地から徒歩圏にあるぽっぽっ屋で昼食を。店舗は5月7日に小伝馬町駅前に移転したので、アクセスはちょっと良くなった。

ぽっぽっ屋


では店内へ。到着時には店内に6名ほどの待ち客が。まずは先に食券を。券売機は入って右側に。

券売機


特に目新しいメニューは無し。そろそろラーメンを食べるには暑くなってきたので、今回は「つけらーめん」を選択。

すぐに店員から食券を求められたので提出。この時に「ニンニク野菜玉ねぎ」と言ったら、「席に着いてからお聞きすます」とのこと。貼り紙には「食券をお渡しの際にお申し付け下さい」と書いてあるのだが(てか、これはテープで消してあるのか?)。

無料トッピング


店員は厨房内に男性3名、そして接客担当の女性の計4名。店主は不在。規模の割には相変わらず店員が多いな。

7分ほどで席が空いたので着席。この時「ニンニク野菜玉ねぎ」と改めて告げる。客席は厨房に面したL字型カウンターに8席。席数は移転前と同じかな。BGMは旧店舗と同様にテレビ。

卓上には、酢、唐辛子、爪楊枝、一段高い場所に箸、ミル付きブラックペッパーとホワイトペッパー、レンゲ。水は店内に給水器が有るが、店員から供された。

卓上


さて、出来上がった。つけダレと麺の丼が同時に登場。

つけらーめん

つけらーめん(800円) ニンニク野菜玉ねぎ


つけダレの中にはメンマとニンニク入り。

つけダレ


麺の丼にはチャーシュー、野菜、玉ねぎ、キクラゲ。

麺の丼


つけダレは唐辛子による辛み、アブラによる甘み、酢の酸味などが効いた、いかにも堀切系の味わい。麺は従来通りのグミグミした縮れ太麺。

麺


チャーシューは二郎系の中でも最小クラスのものが2枚入り。おそらく野猿の1/100ぐらいの大きさだろう(やや誇張有)。

チャーシュー


量的にも物足りなかったのと、丼に残った玉ねぎをサルベージする意味合いも兼ねて最後にスープ割りを。

スープ割り


これだと同系統の「らーめん大」のほうが、ずっとコストパフォーマンスがいいな。

外観


帰りに目的地へ行くついでに旧店舗のあった場所へ。するとなにやら店内の工事をしていた。

旧店舗



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51841538