2012年07月05日

蓮爾 さんこま店

近場まで来たので、一昨年11月以来のさんこまへ。今までは三軒茶屋駅から歩いてたが、今回は駒沢大学駅から歩いてみる。すると東口出口から6分ほどで到着。三軒茶屋からよりも半分程度の時間で着くことが出来た。

蓮爾 さんこま店


店内に入り食券を。開店直後ということで、まだ豚入りメニュー有り。しかし豚入りにする気はハナから無いのでどうでもいいけれど。

メニュー表


今回はさんこまでは未食の「つけ麺」の食券を購入。到着時には先客は6名ほど。今回も店員は店主1名のみ。

しばらくすると店主から声が掛かったので「ニンニク」で。つけダレと麺の丼が同時に登場。

つけ麺

つけ麺(850円) ニンニク


つけダレは登戸店と同じく、ラー油入りでピリ辛な味わい。中にはブタ、うずらの玉子1コ入り。そして大振りな背脂がプカプカと。

つけダレ


麺の丼には野菜とニンニク入り。

麺の丼


麺は例によって蓮爾でしか食べられない極太麺。これを食べるためだけでも来る価値がある。麺はあつもりかと思うほどの温かめの温度。

麺


つけダレの中のブタ、うずら玉子、アブラを麺の上に引き上げてみた。ブタはブロック状のものが2切れ。やや小ぶりではあるが、ホロホロした程よい食感。

ブタ・うずら・アブラ


券売機の上にはペットボトルに入った唐辛子が。

ペットボトル


そこで途中で麺の上に掛けてアクセントをつける。

唐辛子


370gと謳われた麺量ではあるが、今まで通り体感的にはそれよりも少なめに感じた。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51842696