2012年08月03日

用心棒

都心部へ出掛けたついでに昼食を。そこでちょっと気になっていた冷やしまぜそばを食べようかと用心棒へ。オープン直後以来、約3年ぶりの訪問。

用心棒


ちなみに向かいの二郎を見ると、店外には10名ほどの並び。

二郎


普通ならここは二郎に入りたいところだが、あいにく今は真夏。とてもあの暑い店内で熱いラーメンを食う気にはならない。

個人的に真冬に冷たいものは食えるが、真夏に熱いものを食べるのはキツい。いくら美味いものでも大量の汗をかきながらだと味わう気分が失せて、まるで我慢大会のようになってしまう。食べ物の選択肢が狭まるので、夏なんてキライだ。あー、早く夏が終わんねーかなー。

さて、二郎に未練を残しつつも用心棒へ。店頭では冷やしまぜそばを盛んにアピール。

冷やしまぜそばありますまぜ冷


では食券を。冷やしまぜそばは専用の食券は無く、ませぞばの食券を買って「冷やし」と告げる方式。ということで「まぜそば」の食券を購入。

券売機


そして食券を渡す時に「冷やしで」と申告。すると「かつお節入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。かつお節はまぜそばのみの無料サービスらしい。

貼り紙1貼り紙2


店員は男性1名のみ。BGMはJ-WAVE。卓上には、一味唐辛子、酢、2種のブラックペッパー、そして最近置かれるようになったという神保町カレー(スパイスボーイズ)という名のカレー粉も。なお、前回訪問時には見当たらなかったレンゲは、給水タンクの横に置かれていた。

卓上


さて、出来上がったようだ。「ませそば冷やし、ニンニク入れますか?」というふうに声が掛かったので「ニンニク辛玉」とコール。辛玉は前回訪問時には無かったトッピングだ。

無料トッピング


まぜそば(冷やし)

まぜそば(冷やし)(780円) かつお節ニンニク辛玉


一応、逆サイドからも〜

逆サイド


ではさっそく麺を引きずり出す。麺はわりとモチモチとした食感。氷水を使ってたようで、しっかりと冷えていた。

麺


具はブタ、もやし、生の千切りキャベツ、長ネギ、スライスした紫玉ねぎ、卵黄、揚げ玉、かつお節、ニンニク、辛玉と豊富。辛玉は豆板醤のような風味の味噌状の調味料。

ブタは混ぜやすいようにとの配慮か細切れ状で、角煮のようなホロリとした味わい。

ブタ


途中で卓上のカレー粉と投入して味変。

カレー投入


この場所への出店はいろいろと物議をかもしたが、こういう形で二郎には無いメニューで差別化を図れば存在意義は有るとは思う。

営業時間


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51847625