2012年10月18日

ラーメン二郎 茨城守谷店

昨年2月以来の守谷へ。今年4月に関東鉄道バスの時刻改正があったようで、以前よりもつくばエクスプレスとの接続が良くなっていた。

守谷駅西口時刻表


ということで、さほど待つことなく「美園循環」に乗車。

美園循環


そして約20分ほどで二郎に到着。

ラーメン二郎 茨城守谷店


店頭に掲げられた営業時間の案内を見ると、しばらくのあいだ夜の部の閉店時刻を少し遅くしてるようである。

営業時間


営業案内


と言っても、私みたいにバスでやって来る客にとってはあまり意味が無い。なんせ美園発の終バスの時刻は18時59分だからなぁ。

美園時刻表


ちなみに守谷市地域間交流バスのほうの時刻表を見ると、二郎から帰る時に使えそうな便は14時1分発ぐらいしかなかった。

守谷市地域間交流バス


では店内へ。もしかしてしてつけ麺をまだやってるかなーという淡い期待があったが、残念ながらその表示は無し。今月初めぐらいまではやってたみたいだけど。

そこで「小ラーメン」の食券を購入。そして一緒に「ウーロン茶」、「持ち帰り 崩し豚」も購入。ちなみに「持ち帰り 豚1本」のほうは売り切れランプが点っていた。

券売機


程なく案内があったのでカウンターへ。食券を提出すると店主から「ウーロン茶ですか?」と声が掛かったので、ここは敢えて「コーラ」を選んでみる。コーラを頼む客なんてきっと珍しいんだろうな。

貼り紙


まずは先にコーラが登場。二郎でコーラを飲むのは、移転前の府中店以来である。結局コーラは店内では一口飲んだだけで持ち帰る。

キリン メッツ コーラ

キリン メッツ コーラ(150円)


続いて袋に入った「持ち帰り 崩し豚」も登場。

持ち帰り 崩し豚

持ち帰り 崩し豚(300円)


店員は店主、男性助手、女性助手の3名体制。しばらくすると女性助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かったので、「入れてください」と応える。

小ラーメン

小ラーメン(650円) ニンニク


横から


まずは麺を。以前どおりに軟らかめの食感。

麺


ブタは3切れ入り。はじめに食べた1切れはかなりの歯ごたえで「今日はハズレかっ」と思ったが、残りの2切れは比較的程よい塩梅。

ブタ


店への滞在時間は20分程度だったので、次のバスに余裕で間に合うことが出来た。

さて、自宅で持ち帰った崩し豚を開封。ビニール袋は二重になっていた。

開封


これを皿に移し替える。ためしに重さを量ってみたら約500gであった。

全貌


まずはレンジで温めて、ニンニクを添えて。結構生姜が効いた味わい。これは酒のつまみにピッタリ。

ニンニク添え


生玉子に漬けてスキヤキ風でも食べてみたり。

スキヤキ風


続いてご飯に載せて豚飯に。豚が最初からほぐれてるので、ご飯との絡みも良い。

豚飯


そして炙り豚にも。

炙り豚


香ばしさが増して、これまた酒のつまみにピッタリであった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51859911
この記事へのコメント
守谷駅からのバスは1本/30分でなにげに便利ですね、私は歴史ファンなので守谷城跡もついでに観光しました。
つけ麺残念でしたね、自分も代田のソース汁無しをとうとう食べ損ねちゃいましたorz
持ち帰り豚は絶品ですね、私はカレー粉かけて酒の肴にしましたです(笑)
Posted by Gamma at 2012年10月21日 21:14
守谷のつけ麺は日によってやったりやらなかったりしてたようなので、様子を見てるうちに終わっちゃったようです。

新代田のソース汁なしは、意外と早く終わってしまいましたね。
Posted by むさし at 2012年10月22日 18:18