2013年10月04日

用心棒恭

都心部へ出掛けたついでに、今年4月24日にオープンした「用心棒恭」へ。

用心棒恭


高田馬場駅から早稲田通りを東へ歩く。この界隈は学生街らしく安めの飲食店や古本屋が多く、神保町にもよく似た環境だ。馬場口交差点で明治通りを横切ると、ほどなく左側に店が見つかった。高田馬場駅からは10分ほどで到着。店舗は店名通りに2階に有り、1階には同業の「天下一品」が入っている。

外観


階段で2階へ。

階段


上るとすぐに入口が。

入口営業時間


では、店内へ。券売機は入って正面に。今回は基本の「ラーメン」の食券のみを購入。

券売機


店員は男性2名。BGMは冷蔵庫の上に置かれたラジカセからJ-WAVE。冷蔵庫の中にはビールや黒ウーロン茶などが入っており、客がセルフで取り出すスタイル。

客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに12席。卓上には、「カラメボトル」と書かれた醤油ダレ、ミル付きのブラックペッパー、唐辛子、箸、爪楊枝。レンゲとボックスティッシュは冷蔵庫の上に。水は給水器からセルフで。

卓上


そしてこちらの店の無料トッピングには、野菜マシ、ニンニク、アブラの他に「辛ショウ(辛く味付けした生姜)」が有るのが大きな特徴。

無料トッピング


ちなみに神保町の用心棒は「辛玉(団子状の辛味)」、本号は「辛たま(辛く味付けした玉ネギ)」、関連店の「千里眼」は「辛揚げ(辛く味付けした揚げ玉)」と、店によって変えているのが面白いところ。

しばらくすると「5番のお客さん、ニンニク入れますか?」と席番で声が掛かった。そこで事前に見た店のtwitterに辛ショウは別皿でも提供出来る旨が書いてあったので、「辛ショウ別皿 ニンニク」とコールしてみる。

貼り紙


ラーメンの丼とともに、辛ショウが別皿で登場。

ラーメン

ラーメン(680円) 辛ショウ別皿 ニンニク


横から


まずは麺を。やや縮れのある太麺は硬めの食感。麺は自家製麺のようで、店内に製麺室らしき部屋があった。量は300gというわりには、それほど多くは感じなかったな。

麺


野菜はもやし中心でシャキシャキの茹で加減。ニンニクには醤油ダレが掛けられてあった。ブタは巻きバラ肉が1切れ。見た目通りホロリとした食感。

ブタ


スープは乳化傾向。途中で別皿の辛ショウをとりあえず半分ほど投入。ほのかな辛味の中に爽やかさも加わり、ほどよいアクセントに。そして残りの半分はブタに絡めて頂いた。

辛ショウ辛ショウ投入


帰りに閉店した馬場二郎の跡地を見に行ってみる。すると何やら工事中。新しい店でも出来るのだろうか?

馬場二郎跡地1馬場二郎跡地2


隙間から看板を覗くと、かすかに「ラーメン二郎」の文字が残っていた。

看板


結局移転後の馬場には1回しか行けなかったなぁ…

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51913384