2014年09月12日

ラーメン二郎 新小金井街道店

5月9日からみそラーメン、みそつけ麺を限定20食で始めたという小金井二郎へようやくの訪問。

ラーメン二郎 新小金井街道店


ずっと気になっていたが、土日祝以外は夜のみの営業というのがネックとなってなかなか行けずにいたのである。

営業時間


それから4ヶ月、今回ようやくチャンスが出来たので行ってみた次第。前回は震災直後の計画停電の影響による臨時昼営業の時だったので3年半ぶりとなる。

メニューは今年4月の増税に伴い30円の値上げ。

メニュー


そしてお目当ての「みそ」メニューは、レギュラーメニューに150円増しという価格設定。

みそメニュー


9月になったとはいえどもラーメンを食べるにはまだちょっと暑いので、今回は「みそつけめん」のほうを選択。価格は1030円也。麺も豚も増さないメニューとしては、二郎最高値ではなかろうか。しかもレギュラーメニューだと豚入りはプラス150円なのに、何故かみそだと200円だ。そういえば二郎で1000円超えのメニューを食べるのは、小滝橋で「ラーメン(700円)+トッピング全部のせ(400円)」を食べて以来か?

すぐにカウンターに着席。店員は男性2名で店主の姿は見えず。卓上には新しく酢のボトルが置かれていた。

酢


見上げると今月21日にオープン予定の会津若松駅前店のポスターが。仙台や札幌へはプロ野球観戦に絡めての遠征だったけど、今度の立地はそれが出来ないのが厳しいところ。一体いつ行けるだろうか。

ポスター類


しばらくすると店員から「みそつけの方?」と声が掛かったので「ニンニク」で。なお、味噌メニューは貼り紙に「トッピングはニンニクヤサイのみお受けします」と書かれていたので、アブラ・カラメは出来ないもよう。それと麺カタメも不可とのこと。

まずはつけダレが。

つけダレ


続いてすぐに麺も登場。

麺


みそつけめん

みそつけめん(1030円) ニンニク


まずは麺をつけるスペース確保のためにつけダレの野菜から食べ始める。つけダレは今年京成大久保西台で食べた味噌つけ麺と較べると、わりとオーソドックスな札幌味噌ラーメン的な味わい。そして唐辛子らしき赤い粉末が少々入ってたが、通常のつけ麺とは違ってゴマ油の風味は特に感じられなかった。

ブタは2切れとも脂身は無いもののパサつきは無く、軟らかくてヒレ肉のような食感。卓上の酢は麺にちょろっと掛けて使用する。そして「ガラムマサラあります サービス スタッフマデ」という貼り紙が有ったので、2/3ほど食べたところでお願いしてみた。

ガラムマサラ


ガラムマサラは一旦麺のほうに掛けてからつけダレへ投入。すると味噌の中にほのかにカレーの風味が加わる。そういえば味噌とカレーのつけ麺というと、9年前に「真夏のつけ麺」というのをやったことがあったな。

ガラムマサラ投下


限定味噌はいつまでやるのかわからないが次回行った時にまだやってたら、二郎コレクターとしては「みそらーめん」のほうもとりあえず一度食べておきたいところではある。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51957111