2014年11月03日

ラーメン二郎 府中店

昨年10月以来の府中二郎へ。雑居ビルの薄暗い通路に灯る提灯が、なんとなく妖しげ。初めて来た客だと、入るのに少し躊躇しそうな雰囲気である。

ラーメン二郎 府中店


では店内へ。今回は「小ラーメン」の食券を購入。直近2回の訪問時はつけ麺だったので、この店でラーメンを食べるのは実に5年ぶりだ。なお、4月の増税に伴い100円の値上げ。

券売機


到着時には店内に2名待ち。10分ほど待つと席が空いたのでカウンターへ。店員は粉にまみれて白くなった黒ポロシャツ姿の店主のみ。BGMはFMラジオ。

着席からさらに10分以上経ったところで店主から声が。そこで「ニンニクを入れてください」と応える。

小ラーメン

小ラーメン(700円) ニンニク


それでは麺から。麺は新代田と一二を争う極太麺。というか、やっぱこっちのほうが太いような。そして新代田はプリプリとした食感だが、こちらはそれよりもゴワつきがある感じ。

麺


ブタはブロック状に刻まれたものが2切れほど。前回のつけ麺の時はおそろしくショッパかったが、今回は程よい味付けで、食感もホロリ。

先日食べた新代田と比べるとスープも軽く麺量も少なめなので、だいぶ余力を残して食べ終わってしまった。最後はレンゲで野菜やブタの破片を掬いつつ、スープを少々飲んでごちそうさま。

ところでほぼ1年ぶりに府中に来たんだけど、駅南口一帯のかつて立ち食いそば屋とかがあったゴチャゴチャした一画がいつの間にか消えていた。

工事現場


どうやら伊勢丹とか「くるる」とかに続いて、また再開発ビルが出来るようである。1年も来ないでいると、街は変化するものだな。

事業概要


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51963309