2015年08月12日

ラーメン二郎 西台駅前店

西台二郎から以下のメルマガが。

6日(木曜日)より《平日昼限定》メニュー【とりそば】\500- 税込を新しく販売します。

*麺の量が少ない。
*ニンニクのみ入れられる*混雑時は立食。
*二郎とはちょっと違う

など注意事項がありますので店内の案内文を良くお読み下さい。


2年前の「かけそば」以来の平日昼限定メニューである。その時は12時からわずか1時間のみの提供というハードルの高さだったが、今回は昼の部に来ればOKのようだ。

ということで用事で出掛けたついでに、大幅に寄り道をして西台へ。

ラーメン二郎 西台駅前店


到着時には店外に12人待ち。店頭には「とりそば」の案内が貼られていた。

とりそば


23分くらいで店内へ。店員は店主と、初めて見る男性助手。この人は昼営業専門の助手だろうか? そういえば西台の昼の部に来るのは約2年ぶりだ。

券売機には以下の注意書きが。それによるとメルマガで案内があった以外の注意事項は、麺カタメなどが出来ないことと、ネギが入ること。

貼り紙


今回は当然「とりそば」の食券を購入。ちなみに私の前後の客も「とりそば」であった。

店内で待ってると店主から「なんかありますか?」というふうに声が掛かった。そこで「ニンニクを入れて下さい」と応える。それからしばらくすると、立ち食い席に案内される。ちなみに通常のカウンターで「とりそば」を食べてた客もいたので、タイミングによってどっちかへ振り分けられるっぽい。

立ち食いコーナーには、割り箸、布巾、ホワイトペッパー、唐辛子が卓上に。通常席に有る「危険!! 絶対開けるな」と書かれた粗挽き唐辛子や醤油ダレは無し。

卓上


すぐに出来上がったので、カウンターの角のところに置かれた丼を取りに行く。この時に食券も提出。

とりそば

とりそば(500円) ニンニク


麺量は約160gと券売機に書かれたとおり、かなり少なめ。麺半分の「ミニラーメン」と同量である。そして麺はなんとなく通常のラーメンよりも細めに感じた。

鶏チャーシューと麺


スープはアブラ少なめで味も薄めな印象。具は鶏チャーシュー2切れ、野菜、白ネギ、そしてニンニク。鶏チャーシューは卓上の唐辛子を掛けて戴く。

量が少なかったので、結局スープまで飲み干した。二郎で完飲したのはいつ以来だろうか。しかもこの時期なので大汗をかいてしまった。

「二郎とはちょっと違う」という通り、今まで二郎で食べたラーメンの中では2年前の「かけそば」とともに、かなり異色のものであった。スモジとともにいろいろと面白い引き出しを持っている店である。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51992875
この記事へのコメント
二郎でありながら二郎色を消したメニューってどうなのかなあ?
直系二郎のプライドないのだろうか?
自分は賛成しかねますが。

大宮のつけ麺や旧新代田の汁なしとかは二郎の面影が全然ないメニューですよね。
それを二郎の行列に並んでまで食べるのは損した気分になります。
Posted by THE AU at 2015年08月21日 18:23
コレクターな私にとっては、二郎色が低いメニューもそれなりに楽しんでおります。
なんせ府中旧店舖でアイスコーヒーやニラレバ炒めを注文したぐらいですから。どうせならソフトクリームも食べておけばよかったと思っています。
Posted by むさし at 2015年08月22日 15:59