2015年09月01日

ラーメン二郎 中山駅前店

今年6月以来の中山へ。今日は前回食べに行った直後に始まった「ぎょったまつけ麺」目当てでの訪問。夏の間はつけ麺とねぎ汁なしを週替わりで提供するというメルマガは来てたが、ぎょったまつけ麺は告知無しでのゲリラ的登場である。

ところで店頭の貼り紙は色褪せて、もはや「アルバイト募集」の文字が全く読めなくなってるな。

ラーメン二郎 中山駅前店


さて、到着時には店外に5人待ち。店内待ちも加えたら10人以上の並びだろうか。4分ほどで店内へ。事前によそ様のブログなどで今週はぎょったまつけ麺だと確認はしていたが、券売機にそのメニューが有って一安心。

券売機


ということで「小ラーメン」と「ぎょったまつけ麺」の2枚の食券を購入。

食券


店員は前回は不在だった店主と、桐蔭ハリケーンズのTシャツを着た店主の親父さん、「すべてが雑」と胸に書かれたTシャツを着たヒゲの男性の3名体制。結局並んでから14分くらいで着席。

卓上


しばらくするとヒゲの助手から声が掛かったので、「入れて下さい」と応える。まずはつけダレが登場。

つけダレ


そして1分くらいのタイムラグで麺が登場。なんか麺が多くないか?

麺


と思って過去2回のつけ麺画像と比較してみる。明らかに多いよな?

2013年8月6日2015年6月24日


小ラーメン+ぎょったまつけ麺

小ラーメン(690円)+ぎょったまつけ麺(100円) ニンニク


そんなわけで、とりあえずひたすら麺を食べ進める。二郎としては細めの麺は、推定350g以上は有りそうでたっぷりなボリューム。つけ麺でも麺少なめで頼んでいた客が何名がいたのも肯ける。ラーメンよりも麺を多めにしてるのだろうか?

つけダレの中にはブタ2切れ、野菜、魚粉、玉ねぎ、ニンニク入り。魚粉は麺をつけるとすぐにふんわりとその風味が感じられたが、玉ねぎのほうは終盤にようやくその存在が確認出来た程度であった。

麺とブタ


二郎系で魚粉と玉ねぎの入ったつけ麺というと、大宮蓮爾の「たまつけ麺」などを食べたことがあるが、この組み合わせはどれも無難にまとまった味となるような気がするな。麺量は多かったが食べやすい味わいだったので、苦も無く食べ切ることが出来た。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51994789