2015年09月13日

新代田二郎の持ち帰り豚

メルマガによると新代田店ではここのところ毎週、定休日前日の日曜日閉店後に余ったブタを販売しているようだ。しかしメルマガの配信後に出掛けても、間に合うかどうか微妙なところ。

ちなみに過去のメルマガを検証してみると、

8/16 17:50配信→18:46売り切れ
8/23 17:09配信→17:35売り切れ
8/30 16:59配信→19:25売り切れ
9/06 16:56配信→17:22売り切れ

と、最短で26分、最長で2時間26分と、ずいぶんと幅がある。

そんな中、ついにチャンス到来。この日、用事でたまたま新代田から程近い場所に居た時にメルマガを受信。そこで急遽行ってみることに。

ラーメン二郎 環七新代田店


店に着いて店頭を見ると、シャッターに「チャーシュー 1本 ¥1000」と書かれた貼り紙が。どうやら間に合ったようである。

貼り紙


店内に入ると、中には店主と他に2人の男性。1人は前回訪問時にいた助手だったが、もう1人は初めて見る人である。

さっそく豚を購入したい旨を伝えると、「何本ですか?」と訊かれた。そこで「1本」と応える。てっきり1人1本限定かと思ったら、別にそうではないようだ。だから売り切れまでの時間にバラつきがあるのだろうか? まぁ、その日によって残った量も違うだろうが。

ところで前回来た時には故障していた券売機は、新しいものと交換されていた。そしてそこに貼られたメニューを見ると、いつの間にか「韓国海苔 100円」とか「チューペット 20円」とかが増えている。

ほどなく坊主頭でメガネの助手の手により、ブタの入ったタッパーが目の前に。見るとその中には3本ほどのブタが入っている。この中から好きなものを選べるそうなので、適当に1本を選択。するとそのブタはビニール袋で包まれ、さらにコンビニの袋に入れて手渡された。

コンビニ袋中身


店を出てしばらくした所で、売り切れのメルマガを受信。今回は17:14の配信で売り切れは17:42であった。結構ギリギリだったな。

自宅に戻り試しに重量を量ってみたら、ビニール袋込みで369g。

チャーシュー 1本

チャーシュー 1本(1000円)


以下の画像は半分ほどの量をカットしたもの。食べてみると、結構醤油ダレの味が強めで酒が進む味わい。

カット


さらに炙ってみたりして。当然ニンニクを添える。

炙りブタ


これで二郎の持ち帰り豚を買ったのは、荻窪ブタのつまみ持ち帰りセットも有り)、上野毛(お持ち帰りつまみ豚)関内大宮栃木守谷(崩し豚)相模小野(ぶためしのテッペン)、に次いで8軒目となった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51995972
この記事へのコメント
メルマガ登録してますがここ最近

豚持ち帰りのメール奈土来た記憶がないのですが

いつの頃ですか?

日曜の閉店間際に行って豚持ち帰り可能ですか?って聞いたら怒られますかね?
Posted by はなまる at 2015年12月10日 23:12
メルマガを確認してみたところ、どうやら10月4日を最後に持ち帰り豚の販売は行われていないっぽいですね。
Posted by むさし at 2015年12月12日 19:16