2015年10月02日

ラーメン二郎 目黒店

都心部へ出掛けたついでに、1年ぶりに目黒へ。

ラーメン二郎 目黒店


到着時には2名待ち。しかしその直後、あれよあれよという間に行列が伸びていく。15時過ぎの半端な時間帯でも、思ってた以上に客が来るんだな。

とりあえず店内に入り先に食券を。相変わらず二郎最安の価格設定だ。

券売機


今回も「小ラーメン」の食券を購入。

食券


到着から4分ほどで一塁側に着席。店員は近鉄バファローズの三色帽を被った店主と、NIKEの帽子を被った助手の2名体制。

卓上


しばらくすると店主からトッピングを促す視線が。そこで「ニンニクで」と応える。

小ラーメン

小ラーメン(500円) ニンニク


横から


まずは麺から。以前はスカスカした食感のストレート麺だと思ったが、今回はねじれが強めでわりと食べ応えのある食感。そしてなんとなく以前より太く、さらに長くもなったような印象。また、スープも以前よりも濃いめになったかも? 崩れた形状のブタは以前と変わらず。

麺とブタ


二郎の中ではおそらく現在最少量と思われるので、気が付いたらロット1番で食べ終わってしまった。そこで最後にスープを5〜6口ほど飲んでごちそうさま。

駅からはちょっと離れているものの都心部に近い場所で、未だワンコインで食べられる二郎は貴重な存在である。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/51998286