2015年12月17日

ラーメン二郎 JR西口蒲田店

昨年の移転オープン直後に来て以来の、2度目の訪問となる蒲田二郎へ。

ラーメン二郎 JR西口蒲田店


待ち客は無く店内へ。券売機を見ると前回とは違って、「小」が期間限定ながら730円から700円に値下がりしていた。

券売機


今回も「小」の食券を購入。3席ほどの空席があったので、すぐにカウンターへ。店員は店主と金髪の助手という、前回と同じ顔ぶれ。

麺あげが終わったところで店主は後方に退き、代わって助手から「どうぞ」と声が。そこで「ニンニクアブラ唐辛子」と応える。トッピングの盛りつけは全て助手が担当。

ところでラーメンが出来上がる直前に入って来た客が麺硬めで頼んだところ、それまで座ってた客の誰よりも早く提供されていた。いわゆる「鶴見マジック」は蒲田移転後も健在のようだ。

小

小(700円) ニンニクアブラ唐辛子


横から


スープは、クリーミーな乳化傾向でダシ感やタレ感は控えめ。そして野菜はキャベツ比率が結構高め。ちなみにコールしたアブラは鶴見時代と同じく、目視確認は出来ないもの。

ブタは前回はかなり歯ごたえのあるものだったが、今回はほどよく柔らかいロールタイプ。

ブタ


23区内の二郎の中では比較的空いてなおかつ量のほうも程良いので、気軽に寄りやすい二郎という感じである。

高橋ビル営業時間


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/52004816