2016年12月19日

ラーメン二郎 小岩店

今日は用事で早朝からお出掛け。午前9時過ぎには用事が終わったので、開店時刻の早い小岩二郎へ行ってみることに。今年2月以来の訪問。

ラーメン二郎 小岩店


開店前の到着で、既に10数人の行列。そういえば開店前に二郎に並んだのは、ずいぶん久しぶりのような気がする。

並んでから20分ほどで店内へ。

券売機


今回は「小ラーメン」とともに、今年6月中旬に登場した「脂っKOIWA」と「煮玉子」の食券も合わせて購入。

食券


「脂っKOIWA」は毎日20食限定のため午前中で売り切れることが多いらしいので、今回みたいに早い時間帯に来ることが出来た時には頼んでおきたいところ。というか、これ目当てで今回早く来たわけだけど。ちなみに私のロットでは、6人中3人が頼んでいた。

ほどなく席が空いたのでカウンターへ。店員は店主とおばちゃんの2名体制。BGMはたぶんAMラジオ。卓上を見ると以前マルマガで告知のあった魚粉の他に、いつの間にかブラックペッパー(画像ではコップの陰に隠れてしまったが)も置かれるようになっていた。

卓上


また、カウンターにはメルモのメルガマ終了に伴い移行された新メルマガの案内も。

新メルマガのご案内


まずは「脂っKOIWA」が別椀で登場。メルマガによると「通常トッピングのアブラ(背脂)とは違い、チャーシュー用の豚に付いた脂を醤油ダレで味付けしており、肉の旨味も含んだ一品」だそうである。富士丸の別皿アブラみたいだけど、こっちは有料なだけあって量も多め。

脂っKOIWA


そしてしばらくすると店主から「ニンニクは?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

小ラーメン+煮玉子+脂っKOIWA


小ラーメン(700円)+煮玉子(100円)+脂っKOIWA(50円) ニンニク


ブタは崩れ気味のものが2切れ程度で、程よい食感と味わい。煮玉子は完熟手前の茹で加減で味付けは薄め。

煮玉子・ブタ・麺


ここで脂っKOIWAをとりあえずそのまま一口。思ってたよりもしょっぱくはないな。続いて麺を入れてセルフミニあぶらそばにしてみたり。これで以前はメニューに存在していた生玉子があれば、さらに食べ方のバリエーションが増えたのにな。

麺投入


この食べ方だけでは使い切れないので、最後は丼に投入。そして一緒に魚粉も投下。そういえば小岩で魚粉というと、7年前の夏に無料トッピングサービスをしたことがあったっけ。そのときはカレーか魚粉のサービスだったのでカレーを頼んだけど。

脂っKOIWAと魚粉投入


非乳化系スープと魚粉の相性はなかなか良かったので、さらにもう一振り追加して食べた。

貼り紙営業時間


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/52034911
この記事へのコメント
脂っkoiwaは20食限定なんですね。メルマガとってないもんで知りませんでした。

近くに引っ越してきたんで何回か行きましたが有るときと無いときとあって、どのくらいで品切れになるんだろうと思ってました。

良いこと聞きました。
Posted by 通りすがり at 2016年12月25日 08:45
20食限定というのは、提供初日のメルマガに書かれていました。
半年経って落ち着くかと思いましたが、今でも早めに売切れるみたいですね。
Posted by むさし at 2016年12月25日 17:37