2017年01月19日

ラーメン二郎 三田本店

1月も半ばを過ぎてようやく初二郎へ。ということで初詣先は三田にする。ちょうど2年ぶりの訪問。

ラーメン二郎 三田本店


到着時には10人ほどの行列。店の壁を見ると、何やらクリアファイルらしきものが貼られているぞ。どうやらこれはこのイベントで配られたもののようだ(動画)。

二郎お遍路マップ


そしてその隣には並び方に関する貼り紙も。

貼り紙


列が進み券売機へ。

券売機


今回も「ラーメン」の食券を購入。

食券


回転は良く、並んでから17分ほどで着席。店員はオヤジさん、黒いタオルを頭に巻いた助手、髪が短めの助手の3名体制。黒タオルの助手は藤沢にいた人かな?

ところで私のロットが調理される直前、作り手がオヤジさんから黒タオルの助手に突然交代! 私のすぐ前の客までが前ロットだったので、ギリギリオヤジさんの作ったラーメンにありつけなくなってしまった… そして後方に下がったオヤジさんはおにぎりを食べ始める。

しばらくすると短髪助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。

ラーメン

ラーメン(600円) ニンニク


オヤジさんと較べると丁寧な盛りつけでラーメンが登場。

横から


麺はオヤジさんよりも若干硬めな茹で具合か? ブタは適度な脂身が付いて程よい食感。スープは微乳化傾向。くったりに茹でられた野菜は、冷め気味の温度。作り手が違うといっても麺やブタやスープや野菜は一緒なので、その味わいはいつもの三田らしいものであった。

ブタと麺


ところで食べてる途中、店の黒電話がジリリンと鳴り出した。三田で電話が鳴るのを見たのはたぶん初めて。番号は非公開なので、電話を掛けてくるのは関係者か一部の超常連あたりかと思われる。

さりげなく聞いていると、どうやらチャーシューを2本貰いたいという用件のようであった。電話に出たのは助手だったが、それを聞いてオヤジさんは「やだよっ!」と言うと、店内に笑いが沸いた。

オヤジさんの作ったラーメンを食べられなかったのは少々残念だったが、久々に三田らしい光景を見ることが出来たのでまずまずな二郎始めとなった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/52037011