2017年04月10日

ラーメン二郎 京都店

ラーメン二郎 京都店


所用で岡山へ。そこでついでに京都で途中下車して、4月2日にオープンした西日本初の二郎である京都店へ寄ることに。今まで首都圏以外の二郎はオープンから数ヶ月後の訪問だったが、今回はわずか8日後に行くことが出来た。そして図らずも3月19日オープンの川越店よりも早い訪問に。

京都駅


二郎は夜からの営業なので、日中は昨年オープンした京都鉄道博物館へ。

京都鉄道博物館1京都鉄道博物館2


15時20分頃に博物館を後にして京都駅に戻る。10年以上前に一乗寺に行った時は、京都→東福寺→出町柳→一乗寺という鉄道のみのルートだったが、今回はそれよりも運賃の安いバスを使ってみよう。

京都駅烏丸中央口のA2バスのりばから、4系統の上賀茂神社行に乗車。

A2案内板


バスの本数はだいたい1時間に4本という頻度。

時刻表


所要30分ほどで出町柳駅前に到着。

4系統出町柳駅


ここで叡電に乗り換え。タイミング良く展望列車の「きらら」に乗ることが出来た。

きらら車内


5分ほどの乗車で一乗寺に到着。ここまで京都駅から約50分かかった。運賃は440円。ちなみに鉄道のみのルートだと、所要時間は35〜40分ぐらいで620円。

一乗寺駅1一乗寺駅2


二郎は駅のすぐそば。ホームからの距離でいえば、千住大橋を抜いて駅から最も近い二郎であろう。

店頭


店頭には数人の客の姿が。しばらくすると整理券の配布が始まった。それによると開店10分前の到着で、17時20分からの回の17番目。1回の配布で18人分を配ってるらしいので、たぶん今日35番目の客ということか。

整理券


営業時間


しばらく周辺をブラブラしたりして時間を潰したあと、集合時刻の5分前に店頭へ。そうしたら「まだ早いので1分くらい前に来てください」とのこと。そこで一旦店から離れてから4分後に再集合。ここで整理券番号順に店舗左脇にある通路に案内された。店の入口は表側ではなくて、この通路の右奥という変わった構造。

通路1通路2


通路の壁には黒烏龍茶の広告が貼られていた。

黒烏龍茶


列が進み店内へ。券売機は入って右側に。メニューはラーメンの大小に、豚増し、豚W、控えめという構成。「少なめ」でも「ミニ」でもなくて「控えめ」という表記が珍しい。なお、券売機の向かい側には黒烏龍茶などの飲み物の自販機も。

券売機


今回は基本の「ラーメン」を購入。

食券


店員は厨房内に店主、北海道日本ハムのキャップを被った男性、そして女性の計3名。さらに店頭には整理券担当の男性2名。BGMはラジオ。客席は厨房を囲む形のL字型のカウンターに11+3=14席。

しばらく券売機の前で立ち待ちをしてると、店員から食券の確認が。ほどなく席が空いたので、給水器で水を汲んでレンゲも持ってカウンターへ。ここまで並び始めてから50分近く掛かった。店に着いてからだと1時間20分ほど。様子を見てるとこれは客が食べるのが遅いのではなくて、作るペースが遅いためだと思われる。

給水器


卓上には、醤油ダレ、唐辛子、ホワイトペッパー、箸。

卓上


ボックスティッシュは券売機上に。

券売機上


しばらくすると女性の店員から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで入れて下さい」と応える。

ラーメン

ラーメン(730円) ニンニク


横から


まずは麺から。これがかなり平べったい形状をした太麺。出身店である新・新代田に近いが、それよりも扁平で軟らかめの食感。量は二郎としては標準的か。

麺


スープは微乳化傾向。ブタはしっとりとした食感のものが3切れ入り。

ブタ


食べ終わり席を立つと店員から「おおきに〜」と声が掛かった。それが関西に二郎が出来たことを強く実感させて、なんだか感慨深くなった。

ラーメン二郎のお客様へ



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/musashinonikki/52042957
この記事へのコメント
おつかれさまでした。もう検索上位にきてますのでさすがです。
まだまだ近隣に配慮しての整理券制が続くのは待つ方も大変そうに思います。
川越にリーチがかかりましたね!(前祝い)
Posted by ぼの人 at 2017年04月17日 17:51
更新頻度が低いブログにもかかわらず、Googleで検索したらたしかに現時点で7番目に出てきますね。

整理券方式や京都駅からのアクセスは、遠征者にとっては少々ハードルが高いところです。
Posted by むさし at 2017年04月17日 21:39