2017年10月19日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

今年5月以来の野猿へ。ということで7月4日の値上げ以降は初めての訪問。

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2


まずは食券を。

店頭


値上げによって「小ラーメン」は780円に。これは同時期に値上げした小金井と並んで、750円の小滝橋を抜いて二郎最高値に返り咲き。なお、当初は豚増しも50円値上げの200円だったみたいだが、現在は日によって150円か200円という相場変動制になっているようだ。

券売機


また、目新しいメニューとしてチーズの「kiri」が登場。二郎でkiriといえば旧新代田で食べたことがあるが(以下画像参照)、粉チーズやスライスチーズと違っていまいちラーメンには合わなかった記憶があるので今回はパス。以前だったら未食のものがあればほぼ無条件に注文してたものだけど、我ながらずいぶんとチャレンジ精神が薄れたものである…

kiri旧新代田


そして券売機の上を見ると、平日の昼を除いて「カリードクロ」の提供が始まったもよう。また、現金トッピングの「炙崩豚(IRUKA)」の案内も。

券売機上


今回は「プチ二郎」の食券を購入。空席があったのですぐにカウンターへ。ここで食券とともに100円玉を添えて「炙崩豚」も注文。

店員は店主と、「R26 4521」とプリントされたTシャツを着た助手。「R26」はラーメン二郎のことだとわかるけど、「4521」は何だろう? と思って後で調べてみたら「4(新)5(小)2(金)1(井)」という意味らしい。2がちょっと苦しいけど。

まずは「炙崩豚」が登場。これは名前の通り、崩した豚を白髪ネギとともに炙ったもの。ところで何で「イルカ」と読むんだろう?

炙崩豚


しばらくすると助手から声が掛かった。前回はこんな盛りでとても食べづらかったこともあって、今回は「野菜少なめニンニク」にすることに。

プチ二郎横から


プチ二郎+炙崩豚

プチ二郎(730円)+炙崩豚(IRUKA)(100円) 野菜少なめニンニク


ブタは2切れ入り。そのうちの1切れは端っこの分厚いもの。ヘタなラーメン屋だったらこの1切れ分でチャーシューメンを作ってしまうんじゃなかろうかというほどである。相変わらずここはブタのボリュームは二郎随一だ。

麺とブタ


サイドメニューの「炙崩豚」は炙られた豚がとても香ばしい。そして卓上の唐辛子がとてもよく合う。これは出来れば酒のつまみとして食べたいところ。ここはビールを売ってるから、やろうと思えば出来るけど。

炙崩豚


プチ二郎のため麺量は大したことないこともあって、今回は麺料理ではなくて豚料理を食べに来たみたいな感じであった。

Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)