2017年12月14日

ラーメン二郎 神田神保町店

12月11日に移転した神保町二郎へ。

ラーメン二郎 神田神保町店


新店舗の場所は、駿河台下交差点の近くの新築2階建て。看板は無く、店舗名はドアに貼られたシートにのみの表記。ただでさえ大行列店だったので、なるべく目立たないようにという配慮だろうか?

ラーメン二郎 神田神保町店


そしてたまたまだろうがキッチンジローのすぐ向かいという立地。

二郎とジローキッチンジロー


また、神保町花月もすぐ隣に。

神保町花月


到着時には店舗の前に6名ほどと、その斜め向かい側に7名ほどの並びが。ここでちょうど出て来た店員に最後尾の場所を訊くと、斜め向かいの列とのこと。てっきり他にも行列があるのかと思ってたら、全部で13名程度の並びか。思ってたよりも全然少ないな。

ちなみに斜め向かい側の列は、店に近いほうが最後尾になっていて非常にわかりづらい。店頭に並び方の案内も書いてないので、並んでいる人に最後尾の場所を確認している客を何度も見かけた。

しばらく並んでいると店員が出て来て注文の確認を。「小」にするか「麺少なめ」にするか迷ったが、5年ぶりの神保町ということもあって無難に「麺少なめ」と申告する。

その後店員に誘導され店舗前の行列に移動。そして結局並んでから30分ちょっとで店内へ案内された。最低でも1時間、ヘタすりゃ2時間ぐらい待つのを覚悟していたので、ちょっと拍子抜けである。まだコアな二郎ファン以外には移転先が知られていないのだろうか?

券売機は入ってすぐ左に。メニューは旧店舗時代と同じだが、右上の100円と書かれたボタンが気になるところ。また、移転に伴い大が50円の値上げ。そしてメルマガによるとしばらくの間、豚入りと豚ダブルは販売しないそうである。

券売機


食券を購入後、券売機の隣に置かれた給水器で水を汲んでカウンターへ。壁に上着をかけるフックが有るのはこの時期にはありがたい。店員は店主と助手の2名体制。BGMはNHKラジオ第1。旧店舗時代と同様にロット入れ替え制で、1ロットは6杯で回しているようだ。

客席は厨房を囲む形の変形コの字型(あるいは逆J字型ともいえる)カウンターに左側から6+4+2=12席。カウンターは高めで、おまけに椅子も高くて足がブラブラしてしまってちょっと落ち着かない。卓上には、唐辛子、ホワイトペッパー、箸。レンゲが無いのは旧店舗時代と変わらず。

卓上


しばらくすると助手から声が掛かった。最初自分の番だと思わなかったので、一瞬間があいてから「ニンニクを入れて下さい」と応える。提供の順番は席の並び順でも着席順でも無いんだな。少なめを先に出すのだろうか?

ラーメン(麺少なめ)

ラーメン(700円) 麺少なめ ニンニク


神保町で初めて麺少なめを頼んだが、見た目はあんまり少なく見えないぞ。

横から


まずは麺から。個人的には二郎の王道ど真ん中という感じで、安心感のある味わい。スープは非乳化でややあっさりめ。ブタは3切れ入り。一番大きい1切れはやや歯ごたえがあったが、他の2切れはフワっとした絶妙の食感。

ブタと麺


麺量は体感的に300g弱ぐらいだっただろうか? このくらいの量だと身構えずに余裕を持ってに食べ切ることが出来た。そのためロットトップで食べ終わる。最後にスープを一口だけ飲んでごちそうさま。見た目は通常の「小」とほとんど変わらなかったけど、丼内の麺の密度は少し低かったかも。

これでとりあえず年内に二郎現行全店舗制覇が達成出来て、思い残すことなく年を越せそう。

このあと旧店舗跡地へ行ってみた。なんでもここには「立川マシマシ」が御茶ノ水から移転してくるとか。

旧店舗


Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)