2018年06月14日

ラーメン二郎 茨城守谷店

以前はスポット的に不定期で提供されていたつけ麺が、最近はどうやらほぼレギュラー化しているみたいなので守谷へ。昨年3月以来の訪問。

ラーメン二郎 茨城守谷店


いつも通り守谷駅から美園循環のバスに乗車。

美園循環


今年3月19日に時刻改正があったようだが、日中は守谷駅発毎時10分、40分発の時刻は変わらず。

時刻表


20分弱で美園に到着。

美園


手前の美園三丁目で降りたほうが若干早く着くかもしれないが、やっぱ店のすぐそばのバス停で降りるほうが楽である。

路線図美園時刻表


では店内へ。

店頭


まずは食券を。前回来た時から基本的に50円の値上がり。ただし「麺半分豚1枚」と「麺半分豚2枚」は据え置きであった。

券売機


そしてお目当てのつけ麺の表示も有って一安心。ここのつけ麺はずっと未食だったが、これでようやく食べることが出来る。ところでつけ麺は「ごま油あじ」と「ニンニクあじ」の2種類有り。ごま油のほうはなんとなく味の想像がつくので、今回はニンニクあじにしてみよう。ちなみにニンニク味はラーメンでも出来るようだ。

つけ麺


それでは「小ラーメン」の食券を購入。…と思ったら間違って左隣の「小ラーメン 麺少なめ」のボタンを押してしまった! そこで店員にお願いして「小ラーメン」の食券に変えてもらう。そしてお釣りの250円をそのまま「つけ麺(100円)」、「白ねぎ(100円)」、「ニンニクの芽(50円)」用として使うことに。

食券


ちなみに食券を変えてもらうことに意識がいっていたので、お釣りの取り忘れを店主に指摘されてしまった… そういえば店主は券売機前の客をよく見ているようで、初めて来たと思われる客には、頻繁にメニューの説明をしていたな。

到着時には待ち席に2名。ここで店員から食券を確認された。てっきりここでつけ麺についても申告するのと思っていたら、この時点では麺量の確認のみ。

そしてほどなくカウンターに案内された。ここでようやく「つけ麺の方はいますか〜?」みたいに声が掛かったので、手をあげて「ニンニクあじでお願いします」と応える。

店員は店主と男性助手2名。そして奥のほうでは女性助手が製麺をしていた。BGMはラジオが掛かっているもよう。

まずは白ねぎとニンニクの芽が同時に登場。白ねぎは「味ねぎ」と同様に黄色い丼に入っている。

白ねぎとニンニクの芽


しばらくすると店主から声が掛かった。そこで「ニンニクを入れてください」と応える。するとつけダレと麺の丼が当時に登場。具材は全てつけダレのほうに入るスタイルである。

小ラーメン+つけ麺 ニンニクあじ+白ねぎ+ニンニクの芽


小ラーメン(750円)+つけ麺 ニンニクあじ(100円)+白ねぎ(100円)+ニンニクの芽(50円) ニンニク


なんか「ニンニク祭り」みたいなオーダーになってしまったな。

さっそく麺をそのまま一口。水でキリっと冷やされたという感じではなくて、ややヌルめ。

麺


つけダレはおろしニンニクを溶かしこんでるようだが、思ってたほどニンニク風味は強くなくて、ほのかに香る程度。トッピングのニンニクがそれを補強するような感じ。

つけダレ


ニンニクの芽は特に味が付いてないようなので、つけダレに投入。そして白ねぎもつけダレへ。

ニンニクの芽白ねぎつけダレ


後で思いついたけど、ネギの器につけダレにつけた麺を入れて、ネギと絡めて食べてみてもよかったな。

券売機には「小」で麺約320gと書いてあったが、体感的にはそれよりも多く感じた。もしかしてつけ麺はラーメンよりも量を増やしてるとか?

次回はメニューから消えてなければ「ごま油あじ」のつけ麺か「ニンニク味のラーメン」も試してみたいところ。

営業時間等


Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)