2018年06月16日

ラーメン二郎 川越店

先月の中頃に待望の「汁なし」が始まったようなので川越へ。やはり関内出身店には汁なしを期待してしまう。昨年4月以来、ようやく2回目の訪問。

ラーメン二郎 川越店


前回は新宿から池袋乗り換えの東上線というルートで川越に行ったが、今回は副都心線経由で行ってみる。新宿三丁目まで行かなければならないのがちょっと面倒だが、こちらのほうが運賃が72円安くなる。もっとも本川越から二郎まで歩くつもりなら、西武新宿線を使えばもっと安くなるけれど。

東上線川越駅にはいつの間にかホームドアが。これは今年3月17日に設置されたものらしい。

川越駅


それと列車には見慣れぬ「Fライナー」という愛称が。調べてみると、これって2年前から走ってるんだな。全然知らなかった…

Fライナー


二郎に到着時には店頭に並び無し。ということですぐに店内へ。

店頭


さっそく食券を。券売機を見ると「汁なし(80円)」のボタンが新設。そしてそれよりも少し前に提供を開始したらしい「ラー油(50円)」、「チーズ(100円)」のボタンも。なお、今年4月からラーメンの値段が一律50円値上げに

今回は「小ラーメン」、「汁なし」、「ラー油」、「チーズ」の4枚を購入。いつくかの空席があったのですぐに着席。食券提出時に連日の二郎ということもあって、無難に「麺少なめ」でお願いしておく。

店員は店主と男性助手の2名体制。BGMは無し。私が入店時には空席があったが、その後客が続々とやって来て店内待ちが発生していた。それでも店外待ちにはならず。

卓上には醤油ダレとホワイトペッパーの他に、前回は置いてなかった唐辛子のボトルが。

しばらくすると店員から声が掛かった。そこでニンニクで。フライドオニオンや卵黄が入ってるところは、出身店の関内の汁なしを踏襲している。

小ラーメン+汁なし+ラー油+チーズ

小ラーメン 麺少なめ(750円)+汁なし(80円)+ラー油(50円)+チーズ(100円) ニンニク


逆サイドからも撮影。盛り付けるところを見てたら、粉チーズはレンゲで2杯分投入。そしてラー油は瓶入りのものであった。これは市販品?

逆サイド


さっそく麺を引き上げる。ブラックペッパーを纏っているところも関内譲り。

麺


ブタはロールタイプが2切れ。前回はよりはやや歯ごたえを感じたが、今回は程よい食感。

ブタ


しかし連日の二郎のせいか、どうもあまり箸が進まない。しかも汁なしなので汁分が無いぶん喉の通りが悪いし。ということで今回、味についでの詳細な感想は割愛。

とりあえず食べ切ることはできたが、連日の二郎はやっぱキツイな。前夜は刺身と冷や奴という軽めの晩飯にしておいたのだが…

今回はあまり味わう余裕がなかったので、次回はもっとコンデションの良い状態で食べに来たいところである。

定休日と営業時間川口駅西口パーキング


Posted by musashinonikki at 20:36│Comments(2)
この記事へのコメント
川越常連はツイを見てると最近、野菜抜きがブームみたいですよ。
ネギ追加+野菜抜きでネギの風味を楽しむやり方は品川や桜台とかでも応用は効くと思いますし、昨今のデカ盛りyoutuberたちの真似への警鐘の意味でも野菜抜きは流行らさせていい感です。

相模大野やめじろ台もいい加減、野菜抜き解禁していただきたいですが
Posted by izumi。 at 2018年06月25日 23:27
二郎の野菜抜きは府中の旧店舗時代に1回やってみようかと考えたことがありますが、結局実行しませんでした。
機会があれば一生に1回くらいはやってみてもいいかもしれません。
Posted by むさし at 2018年06月25日 23:48