2018年07月12日

中野大勝軒

用事で中野へ。当初は乗り換えの新宿で早めの夕食を摂ろうかと考えていたが、せっかく久しぶりに中野に来たので、ここで食べることにしよう。暑いのでつけ麺をやっている店に狙いを定める。

中野でつけ麺をやってる二郎風の店というと「らーめん大」や「Kaeru」があるが、「らーめん大」は駅から10分近く歩くのがちょっと面倒だ。一方「Kaeru」は調べてみると、この時間は中休みっぽい。

さて、どうしよう。あ、中野でつけ麺といえば大勝軒があるじゃないか! ということで中野大勝軒へ。おそらくこの店には20世紀の終わりころに来て以来20年ぶりくらいと思われる。なので一旦店の前を通り過ぎてしまった。

中野大勝軒店頭


店頭の幟に書いてあるとおり、ここは「つけめん発祥の店」といわれている。これはつけ麺を考案した東池袋大勝軒の故山岸一雄氏が、当時修行先のこの店で提供を始めたのが由来らしい。

店内に入ると左手に券売機が。たしか昔は無かったはず。今回はわりとがっつりと食べておきたかったので、「やさいつけそば」に「麺中盛」を買い足す。都合790円也。

券売機


夕方の半端な時間帯のためか先客後客ともに1人ずつ。店内BGMはJ-WAVE。店員は2人とも黒縁メガネを掛けた若い男性。店員同士の会話を聞くと、どうやらともにアジア系外国人ぽくて老舗感が薄い。やっぱこういう店には、おっちゃんやおばちゃんの店員のほうが似合う。

客席はカウンターのみで10席程度。卓上には、ブラックペッパー、醤油、酢、ラー油、唐辛子、豆板醤、揚げ玉、割り箸、爪楊枝、水の入ったポット。レンゲは無し。

卓上1卓上2


そして席の前にはポイントカードが置いてあった。使われている写真は創業当時のものだろうか?

ポイントカード(表)ポイントカード(裏)


しばらくすると出来上がった。先につけダレが。

つけダレ


続いて麺が登場。

麺


やさいつけそば+麺中盛

やさいつけそば(720円)+麺 中盛 +80g(70円)


つけダレに入った具材は、短冊状に切られたチャーシュー、海苔1枚、キャベツ、もやし、ニンジン、玉ねぎ、刻み長ネギなど。そこに唐辛子や酢などを入れてるようだが、東池袋みたいな甘味は無し。麺はストレートな太めのもの。中盛りで280gほどらしい。

麺


ラーメン屋としては珍しくテーブル上に揚げ玉があったので入れてみる。個人的にはやさいつけそばには、おろしニンニクが欲しかったな。

揚げ玉


割りスープは頼もうかどうか迷っていたが、食べてる途中で容器に入ったものが自動的に出て来た。

割りスープ


スープだけを少し味わってみたかったところだが、レンゲが無かったのでそのまま丼に全て投入。

スープ投入


結果的に思ってたよりも腹持ちが良かったので、ただの「つけそば」にするか「やさいつけそば」にするならば麺中盛はやめておいたほうがよかったかもな。

Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)