2018年08月21日

ラーメン二郎 川越店

5月に汁なしを始めたばかりの川越店が、先月からつけ麺も始めたという。ひょっとしたらつけ麺は夏季限定という可能性もあるので、これは早めに食べておきたいところ。

ということで2ヶ月ぶり3回目の訪問。今回も副都心線経由の東上線で川越へ。

東上線


到着時には店頭に並び無し。

ラーメン二郎 川越店


店内に入り食券を。今回は「小ラーメン」に「つけ麺」の食券を買い足す。この時点でカウンターは満席で、待ち椅子には6名ほど。店員は店主と男性助手の2名体制。BGMは無し。

待ち席にいる段階で助手より食券の確認が。前回は結構苦戦したので、今回は無難に「麺少なめ」でお願いする。

10分ほどでカウンターが空いたので着席。ここで食券に50円玉を添えて「生玉子」をお願いする。生玉子は特に店内に案内が有るわけではなくて、池袋関内みたいに裏メニュー的な扱いのようだ。

つけ麺はロット最後の提供となるようで、ラーメンの提供が一通り終わったあとで麺あげ、水締めという工程を経た後に助手から声が掛かった。そこで「ニンニク」でお願いする。

つけダレと麺の丼が同時に登場。

小ラーメン+つけ麺+生玉子

小ラーメン(750円)+つけ麺(100円)+生玉子(50円) 麺少なめ ニンニク


つけダレの中にはブタ、野菜、ニンニク、オプションの生玉子入り。

つけダレ


まずは麺をそのまま一口。

麺


水で締められた麺は、ラーメンの時よりもさらにパッツンとした硬めの食感。さらに卓上の醤油ダレを掛けてしばし麺のみを味わう。

ではそろそろつけダレへ。特につけ麺用に調味料類を追加してないようで、基本的にラーメンに準ずる味わい。ここにラー油をトッピングしたらどうなるか、次回以降試してみたい。

麺


ブタは2切れ入り。2切れとも関内に負けないほどのフワトロの絶品であった。

ブタ


生玉子は別椀ではないので、そのままつけダレの中で潰して麺に絡めて食べる。せめてレンゲがあれば、麺に載せて食べるとかいろいろバリエーションをつけられるのだけれど。あと、卓上の胡椒がホワイトではなくてブラックのほうがつけ麺には合うんじゃないかな。

麺量は少なめだと300gも無いくらいだろうか? 充分に余力を残して食べ終わったので、もう少し多くてもよかったな。でも他の客に出されたつけ麺を見たら、丼に麺が山盛りになっていた。あれってヘタすりゃ500g近くあるんじゃないか? 流石にあの量は私には厳しいな…

粕谷ビル


帰りは試しに本川越駅まで歩いてみたけど、思ってたよりも遠く感じた。寄り道をせずに最短ルートを通れば徒歩20分くらいだろうか。

本川越駅1本川越駅2


Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)