2019年05月17日

ラーメン二郎 中山駅前店

現在「ブったまつけ麺」というのをやってるそうなので、中山二郎へ行ってみた。

ラーメン二郎 中山駅前店


到着時には店外に8人待ち。ここは店内にも並んでるので、合計で10数人待ちといったところだろうか。

列は進み店内へ。

券売機


今回は「小ラーメン ぶた2枚」と「ブったまつけ麺」、そして未食の「ゴマパンチ」の3枚の食券を購入。そういえば中山は今回で7回目の訪問だが、ここのところブったまつけ麺←つけ麺←ぎょったまつけ麺←つけ麺←ねぎ汁なし←つけ麺←小ラーメン豚入という順番で、ラーメンは初回に食べたきりなんだよな。

ホワイトボード食券


店内待ちの時に、店員から「食券を全部見せて下さい」という確認があったのちに着席。ここまで並んでから25分ほど。店主は不在で、麺あげは黒縁メガネで髭の男性。他に親父さんと短髪の若い男性の3名体制。BGMは中山美穂とか中森明菜とか山口百恵とか安全地帯とかの昭和な歌が流れていた。

卓上の調味料を見ると、いつの間にか酢と醤油ダレが新たに加わったもよう。

卓上1卓上2


まずは「ゴマパンチ」が別皿で登場。

ゴマパンチ


しばらくすると若い助手から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。

先につけダレが登場。

つけダレ


それから1分半ほどのタイムラグで麺の丼も登場。

麺


これで一揃い。

小ラーメンブタ2枚+ブったまつけ麺+ゴマパンチ

小ラーメン ぶた2枚(740円)+ブったまつけ麺(100円)+ゴマパンチ(50円) ニンニク


では、麺をつけダレへ。ブったまつけ麺は券売機に「マー油と玉ネギ」と書いてあったが、マー油は思ったほど主張は強くなく、ほのかにその苦味が感じられた。ちなみに二郎でマー油というと、先代荻窪の「塩つけ麺」が思い出される。また、玉ネギは初めは見当たらなかったが、終盤にようやく目視確認出来た。

つけダレと麺


中盤、ゴマパンチを半分ほど麺の上に投下。これはゴマに花椒、唐辛子を合わせたものだそうで、試しにそのまま食べたら咳込んでしまった。そこで残りはつけダレへ。

ゴマパンチ投入


ブタは2切れ入り。画像左のほうはやや歯ごたえがあったが、右のほうは程よい食感。

ブタ


終盤卓上の酢を投入して食べ終わる。先日の神保町では食べ切るのに少々苦戦したが、ここは今回も個人的にちょうどよい麺量であった。まぁ、つけ麺のほうが量を食べやすいというのもあるかもしれないが、

ツイッター等


Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)