2021年01月15日

ラーメン二郎 神田神保町店

今年の二郎初めは、一昨年4月以来の訪問となる神保町へ。

ラーメン二郎 神田神保町店


到着時には15人待ち。列が進み入口に近付いてきたところで、店員から麺量の確認が。前回ノーマル量でちょっと苦戦したので、ここは「麺少なめ」で申告する。

しばらくすると店内へ案内されたので券売機へ。今回は「ラーメン」とともに前回訪問時には無かった「うずら玉子(5コ)」の食券も合わせて購入。

券売機


結局並んでから50分ほどで着席。思ってたよりも時間が掛かった。カウンターを見ると、感染対策として隣の客との間にアクリルボードが設置。そして席数も12席から10席に減席されていた。時間が掛かったのはそのせいか。また、箸や調味料類はカウンターの一段高い場所に置かれるようになっていた。さらにはドアが開放されているため、店内がとても寒い。

カウンター


あと、毎回思うのだがここの椅子はかなり高くて足がブラブラして落ち着かない。これはひょっとして居心地をよくすると食べるスピードが遅くなるので、わざとこうしているのだろうか。

店員は店主と、シカゴ・ホワイトソックスに似たデザインの神保町二郎オリジナル野球型ユニフォームを羽織った助手の2名体制。BGMはラジオ。

まずはうずら玉子が別皿で登場。

うずら玉子(5コ)


ほどなく「麺少なめの方〜」という風に声が掛かったので、「ニンニクを入れて下さい」と応える。

ラーメン+うずら玉子(5コ)

ラーメン(750円)+うずら玉子(5コ)(100円) 麺少なめ ニンニク


横から


まずは麺から。二郎の中でも柔らかめな麺は、モッチリとした食感が心地よい。ブタは2切れ入り。やや薄切りで脂身は無いものの、ホロホロとした絶妙な味わい。スープは表面に液体油の浮かんだ非乳化傾向。

麺とブタ


トッピングのうずら玉子は味付けされたもの。1個はそのまま食べたが、残りはスープに沈めて温めてから食べる。

今回は麺少なめにしたので、苦戦することもなく食べ終わる。個人的にはこのくらいがやっぱ適量なんだろうな。

ところで近くに出来たキッチン南海を見ると、二郎ほどではないがこちらにも行列が。そういえば南海はもう10年以上行ってないな。

キッチン南海


ついでに旧店舗の跡を見に行ってみたら、そこは駐車場になっていた。

キッチン南海跡地旧キッチン南海


また、南海旧店舗の向かい側にあった「スヰートポーヅ」には、半年以上経った今でも閉店のお知らせが貼られたままであった。

スヰートポーヅ閉店のお知らせ



Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)