2021年01月25日

郎郎郎(仙川)

定例の用事で仙川へ。ということで、久しぶりに郎郎郎へ行ってみた。昨年2月以来、ほぼ1年ぶりの訪問。

郎郎郎(仙川)


1年前とは看板に変化が。「マシマシ」の文字が消え、ただの「さぶろう」になっていた(下の画像は1年前のもの)。

旧外観


そしてこのご時勢なので、テイクアウトも始めたもよう。「油そば弁当」はちょっと気になるな。

店頭


では店内へ。券売機を見ると、メニューにも若干変化が。らーめんが20円、油そばとつけ麺がそれぞれ10円の値上げ。そして味噌らーめん、有頂天らーめんなどが消滅。代わりにトッピングとして「魚タマ」、「海老タマ」、「味噌タマ」、「辛タマ」などが登場。また、ご飯ものにも変化があるようだ。

券売機


当初は「味噌らーめん」にしようと思っていたので、今回は「らーめん」に「味噌タマ」を追加しようか。と考えたが、ふと気が変わって「海老タマ」のほうをチョイス。

そして無料トッピングは、いつもの「揚げ」で。

無料トッピング


卓上を見ると、今までは置いてなかった唐辛子が。これは個人的にうれしいところ。

卓上唐辛子


さて、出来上がった。

らーめん 普通盛+海老タマ

らーめん 普通盛(740円)+海老タマ(100円) 揚げ


見た目はらーめんに桜海老と刻んだ玉ねぎを載せたっぽい感じ。

横から


まずは麺を。わりと二郎と似た雰囲気のあるモッチリとした食感。

麺


ブタは2切れ入りで、そのうち1切れは端っこの部分。こちらもホロリとした程よい食感。

ブタ


ところでスープは普通のらーめんと同じものかと思っていたが、どうやら海老油が加えられているようで、微妙にテイストの違いが。途中で卓上のニンニク、生姜、胡椒、そしてもちろん唐辛子も適宜投入。おまけにキュウリの漬物もちょこっとだけ投入。そういえば玉ねぎはいつの間にかスープの中で拡散してしまったらしく、全然その食感が感じられなかったな。

Posted by musashinonikki at 00:00│Comments(0)