2024年06月14日

ラーメン二郎 荻窪店

そろそろラーメンを食べるには暑くなってきた。どっかでつけ麺でも食べたいところ。そこで荻窪店のXを見てみると、今日はつけ麺をやるようだ。ちなみに投稿のない日は通常メニューのみらしい。

X


ということで荻窪へ。到着時には待ち客は無し。でもこのあとすぐに並びが出来ていたので、今回はタイミングがよかった。

ラーメン二郎 荻窪店


店内に入り券売機へ。昨年つけ麺を食べた時は現金対応だったが、今年は食券が用意されていた。しかも昨年は100円だったのが50円に値下げ。まぁ、その代りラーメンは100円値上げされてるので、差し引き50円の値上げにはなるが。

券売機


「豚1枚ラーメン」と「つけ麺」の2枚の購入し着席。店員はいつもの2名。BGMはラジオ。

卓上


しばらくすると先に麺の丼が到着。麺の上にはほぐしたブタが。これは他の客の丼にも入っていた。そして今年のつけ麺も量が多そうだ。

麺の丼


ここで店主から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応えるとつけダレが登場。

つけダレ


豚1枚ラーメン+つけ麺

豚1枚ラーメン(900円)+つけ麺(50円) ニンニク


とりあえず麺が多そうなので、初めはひたすら麺を食べ続ける作戦で。そこでつけダレはしばらくは使わずに、麺にほぐし豚を絡めながら食べ進める。それだけだと味気ないので、卓上の唐辛子や醤油ダレを適宜投入。さらに給水器脇に置いてあるゆずポンも投入。

麺


1/3ほど麺を片付けたところで、ようやくつけダレに麺を投入。つけダレは昨年同様に酸味、辛味等は無くプレーンな味わい。ブタは1切れプラスカケラ入りで、ホロっとした食感。

ブタ


麺量はやはり多く、体感的には400gぐらいあるように思えた。とりあえず食べ切れる量ではあったが、夜になってもあまり腹が減らなかった。  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2024年05月17日

ラーメン二郎 環七新新代田店

出掛けたついでに新代田へ。ここに来たのは5ヶ月ぶりなので、今年初訪問だ。思ってたより遠ざかっていたんだな。行く前に店の公式Xを見ると、今日は「洋食汁なし」というのをやっているもよう。

店頭1


到着時には店頭に6人待ち。しばらくすると店員が出て来て、「麺の量どうしますか?」と訊かれた。そこで「小の洋食」と応える。コレクター気質の私は、どうしても限定メニューに走ってしまう。後で調べてみたら、ここでは今回で6回連続汁なし系を注文していた。

続いて「豚増やしますか?」とも訊かれたので首を振る。現在はこの時点で豚の量も訊かれるようになったんだ。

店頭2


列は進み券売機へ。今回も「小」(900円)の食券を購入。値段は5ヶ月前から据え置きであった。お釣りの100円玉は、そのまま洋食汁なし用に流用。

結局並んでから20分弱で着席。ここで食券とともに100円玉を置く。店員は店主と助手の2名体制。しばらくすると助手から「汁なしどうぞ」と声が掛かった。そこで「ニンニク」で。

小+洋食汁なし

小(900円)+洋食汁なし(100円) ニンニク


さっそく麺を引きずり出す。二郎の中では異色のゴワゴワ感のある麺。この食感はなんとなく蓮爾を連想した。その麺に絡むのは、ほんのりとトマトの風味。あいにく作ってるところが見えない席だったが、これは醤油ダレにトマトケチャップあたりを加えているのだろうか? このテイストだとトッピングにチーズが欲しいところ。ちなみに厨房内の壁に貼られたボードには「なまたまご かつおぶし ねぎ 各50円」のトッピングメニューが書かれていた。

麺


ブタはやや小ぶりながら、しっとりした食感のものが2切れ。

ブタ


今回も思ってた以上に、あっさりと食べ終わる。体感的には前よりもさらに量が減ったような? 夜には普通にハラ減ったし。

ラーメン二郎 環七新新代田店
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(2)ラーメン二郎

2024年04月25日

ラーメン二郎 横浜関内店

横浜へお出掛け。そこでついでに関内二郎へ。気がつけば、なんと10年ぶり。

ラーメン二郎 横浜関内店


そういえばここがオープンして今年でちょうど20年だ。私がオープン日に行った唯一の二郎でもある。今思えば、あの頃のオープン日はまだのんびりしてたなぁ。お祭り騒ぎになったのは、ここの1ヶ月後にオープンした神保町からじゃないかね?

さて、到着時には店頭に15名ほどの並び。ところでさすがに10年も経つと、いくつか変化が。隣にあった居酒屋の「北海屋」が閉店し、その場所を二郎が借り受けて製麺室として使っているらしい。

二郎と北海屋跡北海屋跡


しばらく店頭で並んでいると店員が出て来て、味玉を買う予定は有るかどうかの確認があった。そこで「有りません」と応える。これは何だったんだろう? もしかして券売機のボタンが故障していたとか? ちなみに味玉を所望する客には現金で対応していたもよう。

入口に近づいたところで一旦店内に入り食券を。券売機も10年前とは違う機種に。

券売機


この日は気温が高かったと、前回(といっても10年前だが)ラーメンを食べたので、今回は汁なしにすることに。そこで「小ラーメン」と「汁なし」の2枚を購入。これで990円也。もう千円の一歩手前だ。高くなったなぁ…

食券


外で並び中に食券の確認があったのちに店内へ。結局並んでから20分弱で着席。店員は3人体制で店主は不在。全員デザインの違う関内二郎Tシャツを着ていた。BGMはラジオ。卓上には以前は頼まなければ出してくれなかった酢が常備されていた。

卓上SNS


そして以前は製麺機が置かれてたスペースには、壁向きのカウンターが設置。席数は3〜4席ほどだろうか。見てたらここに座った客は、ラーメンが出来たら厨房側のカウンターまで丼を取りに行かなければならないんだな。

ほどなく「汁なし、ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れてください」と応える。

小ラーメン+汁なし

小ラーメン(890円)+汁なし(100円) ニンニク


一応逆サイドからも〜

逆サイドから


まずは麺から。変わらず硬めのパッツンとした食感で、二郎の中でも独特なもの。

麺


ブタは関内名物の巻チャーが2切れ入り。さすがに昔ほどの絶品感は無かったが安定の味わい。

ブタ


ボリュームも二郎としてはさほど多くないので、個人的にはちょうどいい塩梅。「元祖二郎汁なし」の味を、久しぶりに堪能した。

営業案内
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2024年04月19日

ラーメン二郎 立川店

ここのところ富士丸系に続けて行ってたから、久しぶりに二郎へ行こう。そこで今年1月の新装オープン1周年を機に、汁なしを始めたという立川へ。約1年ぶりの訪問。

到着時には待ち客は無し。

ラーメン二郎 立川店


券売機を見ると、このご時世にもかかわらず1年前から値上げ無し。小ラーメン750円は目黒、三田に次ぐ安さじゃないか?

券売機


今回は予定通り「汁なし」をチョイス。そして前回はメニューには無かった「味付煮玉子」と「しょうが」の食券も併せて購入。持ち帰りチャーシューも気になったが、このあと用事で行かなきゃならないところがあるので断念。真っ直ぐ自宅に帰るのならば買ってたところだが。

2〜3席ほど空席があったので、すぐに着席。店員は店主と年配男性の2名体制。BGMはラジオ。

卓上


まずは汁なしの付属品の生たまごが登場。

生たまご


しばらくすると店主から「汁なしの方、ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

汁なし


関内などの汁なしとは違って、フライドオニオンやブラックペッパーなどは加えられていないシンプルな構成である。

汁なし(生たまご付)+味付煮玉子+しょうが

汁なし(800円)+味付煮玉子(100円)+しょうが(50円) ニンニク


さっそく麺から。いつも言ってることだけど、汁なしだとモチモチとした麺をダイレクトに味わえるのがいいね。ブタは大判ながら二郎としては薄切りのものが2枚入りで、柔らかい食感のもの。

麺とブタ


有料トッピングの生姜はニンニクの隣に配置。これだと混ざってしまうので、出来れば離れた場所に置いてほしかったな。

中盤レンゲを使って卵黄のみを投入。このあと卵白は麺の下に入れて蒸らしておく。味玉は程よい茹で加減で味付けは薄めであった。

卵黄投入


卓上の唐辛子、ホワイトペッパー、醤油ダレを適宜使って食べ進む。個人的には汁なしにはブラックペッパーも有ればよかったけれど。麺量は適量だったので、余力をもっておいしく食べ終わった。

店頭
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)ラーメン二郎

2024年03月21日

Life is Better...from Yume Wo Katare

Life is Better...from Yume Wo Katare


とある用事で早稲田へお出掛け。

大隈講堂


そこでついでに「Life is Better...from Yume Wo Katare」という店へ行ってみた。その店名からも判るように「夢を語れ」の関連店である。ということで今回の記事も「富士丸の流れを汲む店シリーズ」となった。ところでオープンは2022年5月だったそうだが、実はつい最近まで私はこの店の存在を全然知らなかった。我ながら最近この手の情報に疎くなったな…

店の場所はグランド坂通りに。ちなみにグランド坂という名称は、かつてこの地に「早大安部球場(戸塚球場)」があった名残りである。日本で初めてナイターが行われた球場で、戦前にはプロ野球で使われたこともあったという。

グランド坂通り


さて、そのグランド坂通りを進むと、なんだか人が並んでいるところがあるよ? と思ったら、そこがこの店だった。ラーメン屋ぽくない外観だったので、一旦通り過ぎそうになってしまった。大学が春休みのこの時期だからてっきり空いてると思ってたのだが、並びがあるとは想定外だ。結構人気店だったのね。しかも帰りに店を出る時には、10人ほどの行列が出来ていた。あと、女性客が私がいた時間帯だけで4〜5人ほども見受けられた。

Life is Better...from Yume Wo Katare


到着時には店頭に3人待ち。しばらくすると注文を取りに店員が外へ。メニューは店頭に。

MENU


基本的に麺〜300g・豚2枚の「ザ・ラーメン」(1150円)と、麺〜200g・豚1枚の「ラーメン スモール」(1000円)の2種類からの選択。他に各種トッピングや、ホワイトボードにはサイドメニューも。

ホワイトボード


今回は「ラーメン スモール」を200gでオーダー。すると限定メニューのワッフルも勧められたが、デザート類は別に要らないので辞退する。

ワッフル


これは「ワセメシcarnival」という早大近くの飲食店の5店舗によるコラボ企画の一環で、「Whistle CAFE」とのコラボらしい。

ワセメシcarnival


現金で1000円を支払うと、キーホルダーみたいな食券を渡された。なお、電子マネーにも対応しているもよう。

食券


結局並んでから20分ほど経ったことろで店員に招かれ着席。卓上には箸や調味料類は無く、カラのタンブラーと夢を語る用紙のみ。割り箸、レンゲ、紙エプロン、ティッシュペーパーなどは壁に。水は卓上のポットからセルフで。

卓上


店員は店主と思われる男性と助手役の男性の2名体制。店主は当初「Yume Wo Katare Okinawa」を運営してたようだが、夢を語れの「3年ルール」により沖縄の店はスタッフに譲り、こちらの店を始めたそうだ。

客席は厨房を囲む形のカウンター7席のみと、かなり狭め。BGMはJ-ROCK(?)。厨房内にはエスプレッソマシンが置かれていた。

しばらくすると店員から「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。店内にトッピングの案内は特に見当たらなかったが、とりあえず「ニンニクアブラ」と言ってみる。するとやはり富士丸系らしく別皿でアブラが登場。

アブラ


続いてラーメンも出来上がった。白濁気味のスープが、あまり富士丸系っぽくないような。

ラーメン スモール


ラーメン スモール(ニンニクアブラ)

ラーメン スモール(1000円) 200g ニンニクアブラ


まずは麺から。こちらは富士丸譲りの不揃いな平打ち麺。食感はゴワゴワ感はそれほど無いかな。ブタは1切れ入りで、やや歯ごたえのあるもの。スープはこの系統としてはライトというか優しい味わいか。

麺とブタ


アブラの器はかなり小ぶり。いつものようにセルフミニあぶらそばに。調味料類で味変が出来ないのがちょっと残念。

セルフミニあぶらそば


麺量は200gなので、あっさりと食べ終わる。個人的には250〜300gくらい欲しかったが、それだと1150円になっちゃうからなぁ。

ところでこちらの店舗は建物の建て替えのために、台湾まぜそば専門の2号店の場所に近日中に移転するという。

2号店


その「Newtowne Noodles」は近所の大隅通り沿いに。こちらの店も目立たない外観だったので、一旦通り過ぎてしまった。

Newtowne Noodles


移転は当初3月中のを予定してたようだが、少なくとも5月以降になったらしい。

スケジュール
  
Posted by musashinonikki at 00:00Comments(0)二郎風(23区)